劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズのレビュー・感想・評価

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ

劇場公開日 2019年2月8日
221件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

モッコリ最高☆

きたぁぁぁぁぁ、あのシティハンターですよ!
クリアな画質は初め違和感だけど、そんなの気にならなくなります。
声優のみなさんも当時のままで感激。さらにはキャッツアイまで!泪姉さんはね…。さらにさらに、飯豊まりえさんの声優っぷりがすごく自然で良かったです。
名曲だらけの曲も随所に出てきます!愛を感じます。

アニメをみていいた私としては、エンドロールがたまらん!泣けちゃいました(T^T)

もう一回みにいきます。

ラムレーズン
ラムレーズンさん / 2019年3月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

世代ではないけれど楽しめる作品

懐かしい♪と感じるほど、慣れ親しんだ漫画/アニメではないのですが、
これがいわゆる "シティーハンター" か!
という、お決まりの作品に仕上がっているのは間違いなさそう。
まるで『シティーハンター世代ほいほい』笑

漫画雑誌に連載が開始されたのは、私が生まれる前のこと。
(ちなみに、
同時代の漫画としては『ドラゴンボール』の連載開始が1984年で、
こちらも先日、最新作の映画が公開されたところ)
それでも、あの有名な「もっこり」やハンマーは私も知るところです。

冒頭からの市街地でのドンパチ騒ぎや、
絶対絶命!四方八方からの銃撃の嵐でも走って避けるという、
まるでギャグ漫画か!?と思わせるところも定番なのかな?

特にシティーハンター新規の人からすると、
これを面白いとととるか、そうでないととるか...

私は「面白い!」ととったほうで、
冴羽リョウのだらしなさとクールさ、
槇村香はじめ、女性達のセクシーさ、
海坊主の可愛らしさ、等々...
登場人物の個性を存分に楽しむことができました☆

ウマノホネ
ウマノホネさん / 2019年3月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

キャストと音楽良し

シティーハンターが映画でやると知ってからずーーっと行きたくて漸く行ってきました。
良かった点:キャストは殆ど変わらない。音楽も懐かしいのが多かった。
微妙な点:時代のせいかメカとの戦いだった。人間が操っててもやっぱりメカとの戦いだな。と感じさせられた。
海坊主のキャラが崩壊していた。
駅前の掲示板があり得ない状態で復活。
キャッツアイの3人娘の扱いが酷い。もうちょっと出しても良かったんじゃない?出番が短すぎた。

もうTVでやってた時代から何年も経ってしまったので声が落ち着いてしまうのはしょうがないけど、神谷さんの声が随分落ち着いてしまったな。

郁
さん / 2019年3月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い意味での"普通"。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

昔、原作の漫画とTVアニメを十二分に満喫してた世代から見れば、あの頃のテーストそのまんまだった内容に心踊らされていた。
声優陣もオリジナルのままで安心して見られたし、敵役の山寺宏一氏も大塚芳忠氏も安定の魅力。新参者の飯豊まりえ君もなかなか頑張っていた。やはり徳井義実君は若干浮いてたかな。唯一キャッツアイ三姉妹泪役が瞳役の戸田恵子女史とのダブルキャストである事は致し方無いか。(in memory of 藤田淑子)
馴染みの店で何時もの定食を久々に食した感じ。ただ、「ボヘミアン・ラプソディー」みたいに、この作品を切っ掛けに、オリジナルの「CITY HUNTER」に興味を持ってくれれば嬉しい。
特筆すべきはやはり音楽部分か。個人的には同郷のコヒー(小比類巻かおる)のナンバーを久々に聴けたのが嬉しかった。

No-Body
No-Bodyさん / 2019年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シティハンターは大好きだけど

死ぬほどつまらなかったどうした?

Mr.P
Mr.Pさん / 2019年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

安心・定番のシティハンター展開

重大なネタバレをしてしまうと
・美女がXYZと書き込む
・冴羽獠が現れモッコリ
・暗殺者や傭兵に獠が狙われる
・親玉含め全滅させる
・GetWild アスファルト タイヤ切りつける

声優さん達が楽しそうだし、製作陣も楽しそうというのが伝わる。みんなシティハンター好きなんだろうなぁ。
ただね、ボカァ、どんぱちするシティハンターも好きだけど、やっぱりとんでもなく救いようのないレベルの悪党を獠が最後に無表情で撃ち抜くシナリオが好きだなぁ。
是非、シティハンターのリメイク・映画をお願いします!

necoak
necoakさん / 2019年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファンサービス満載でした!

初見の方もファンの方も楽しめると思いますが、出来れば過去作も見た方が楽しめると思います!

特に挿入歌や獠ちゃんの立ち居振舞いについては、胸躍る展開でした!

倫理委員会がうるさいので、18禁に引っ掛かるような激しい描写はできないんだろうな、とは思ってましたし、テレビ版よりあれ、獠ちゃん大人しいな?とかはありましたが、見終わったあとも、またいきたいな!とじわじわ来る作品でした。

クロ助
クロ助さん / 2019年3月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なぜかドライブしたくなる

シティーハンター世代ではなく、家に父のコミックがあって好きだったので観に行ってきた!
シティーハンターを観るとなぜかドライブしたくなる。
ラストの冴羽獠のセリフはグッときた!
香のこと愛しすぎやでーと胸キュンですわ。
あのセリフからのget wildは完璧な流れでドライブしたくなった!免許ないけど。
キャッツアイが出てくるなら何か盗んで欲しかったなあ。
しかし、私の時代は大人の美しい女性がでるアニメって正直そんなにないから、冴子や香やミキを映画で観られて大満足!キャッツアイもね!
やっぱり服ちゃんと着ててもセクシーってすごい。
キャッツアイの喫茶店ついに防弾窓ガラスを採用w
でも敵がちょっと冴羽獠に固執しすぎじゃなかろうかと。
面白かったけどね!敵がなんで新宿恨んでるかも謎だったし…生まれた故郷好きじゃないのはわかったけど。
でも冴羽獠の狙撃がみられただけでも満足。特殊能力じゃなくて銃って言うのが渋い!

mu
muさん / 2019年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

確かに、内容は面白いが………

冴羽 獠の声担当の神谷明を、含めて
全体的に声の若々しい昔の質感が
落ち過ぎてる、だから観る価値的に微妙な感じです

犬夜叉
犬夜叉さん / 2019年3月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

懐かしいし、昔のまま

昔のテレビ放送されていたままで何も変わらない原作に嬉しさを覚えました。
劇場版だからといって新しさを期待しなくても、昔のままのキャラクターで良かったです。
劇中歌も昔から聞いていたので、思わず口ずさんでしまいました。この歳で観るシティーハンターも若い頃観たシティーハンターもどちらも好きです。やっぱり冴羽獠は私の理想のタイプです❣️

umezoo
umezooさん / 2019年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

撃ちまくりで気持ちいい映画

舞台設定が残念すぎる。
原作の時代ままにこの作画や選曲の良さを突き詰めたら、ちゃんとこの映画はオンリーワンだったのにと感じてしまいます。

スマホやドローンといった最新機器が出ちゃったせいでコナンでもルパンでもしんちゃんでも成り立っちゃう、汎用性の高いストーリーなので『これぞシティーハンター!』っていう感じにはなりません。

大好きな伊倉一恵さんが久しぶりにアニメ出演されるという事に大喜びして彼女目当ての鑑賞でしたがラストに行くにつれ爽快&キャーキャーして観れました。

AVMN
AVMNさん / 2019年3月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オリジナル最後の機会となるかもしれない製作に感謝

仕事の合間の時間を見つけて平日14時頃の回に足を運んだけど、客席がいっぱいで驚いた!みんな仕事してんのかよw しかしその顔ぶれは自分を含めミドル層が多く「みんなオリジナルキャストでの新作シティーハンターを楽しみにしていたんだなろうなあ」と思いました。

もう一曲目にAngel Night〜天使のいる場所〜ってズルいだろっての(笑)。他にも夕方の再放送時にTVから聞こえていた曲がテンコ盛!シーズンの花粉症の影響かもと思ったけど、何度も目頭が熱くなりグスっとした。周囲の席からもグスグス音が聞こえて来ていたので、演出のツボにまんまと嵌ってしまっていたミドルエイジが多数いたのだろう。※小比類巻の~愛よ消えないで~はちょっとあそこではないだろうと思ってしまったけど。

構成上疑問に思う事も正直ありました。こちらのレビューを一通り読ませていただくとやはり賛否意見出ており、ストーリーの荒さやキャッツアイの扱いなど「どうなのよ?」と思うところはほぼ同意見で、レビューされている方々と同じ感覚でした。「映画ってなっているけど、話は凡庸だしTVスペシャルな内容だよなあ」って思ってシネコンを後にしました。

しかしながらやはりレビューに書かれていましたが「この作品は20年ぶりにオリジナルの声優さん達が集結して作られる作品であり、当時の雰囲気をそのままに映像化したのではないだろうか」という意見を見てなるほど腑に落ちた気がしました。
確かにエヴァやビバップ、攻殻、まどか、と経験してきたシティーハンターを知らない舌の肥えた世代にとっては「こんなのが面白いの?」と言われるかも知れませんが、当然製作陣はそうした誹りが起こる事は予見した上で「偉大なるマンネリ」を選択したように思えるのです。だからこそスクリーンにはいつものシティーハンターが、夕方に再放送していたあの感覚がそのままに甦ったのではないかと思うのです。

・物語はかなり大味ライク。だが、それもいい!
・海坊主はあんなにコミカルなキャラクターだったっけ?
・楽曲が結界師っぽい所が時々あった感じがしたけど音楽は岩崎琢でしたか。劇中楽曲は昔の懐かしいものはそれはそれで、現代のシティーハンターとしてはカッコ良くなかなか合っていたと思う。
・キャッツの顔見せサービスは、ライダーや戦隊の映画で次期シリーズのヒーローがちょろっと顔を出す程度のアレと同じ。ファンとしてはもう少し見せ場があっても良かったと思う。
・しかしながら原作で「海坊主の喫茶店の大家さんはキャッツ?」と誰もが思いながら公式では語られなかった設定が実現したのは良かった。
・返す返すも泪姉さん、藤田淑子さんが鬼籍に入られてしまった事が残念。代役で戸田恵子さんが二役という事だったが、やはり雰囲気は醸し出すには至れなかったと思う。過去作ライブラリでも良いから藤田淑子さんの声で三姉妹が見たかったです。エンドロールには藤田さんのお名前がありましたね。
・女性声優陣も今やレジェンド級の方ばかりでしたが、いかんせん以前のように声に艶がなくなってしまっているのが残念。そりゃ20年という時間が経過しているから仕方ないと言えばその通りなんだけど。時間は残酷か。
・そんな中70歳オーバーであっても主役をきっちり務めた神谷明さんは立派。まだまだご活躍いただきたい。

息の長い作品になればなるほど演者さん方の高齢化問題は付いてまわり、20年前のオリジナルキャストでの新作は、もしかしたらこれから先作るとすれば困難になるかもしれません。今これが演者さんたちの、ベストコンディションで集結できる最後の機会だったのかもしれないし。そう考えると単発の企画であったとしても、シティーハンターに再会させてくれた製作陣には感謝しかありません。

ああ、シティーハンターの昔のCD「CITY HUNTER dramatic master」探し出して聞こうっと!

ゴトー
ゴトーさん / 2019年3月5日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

ブレない王道がいい!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

シティハンター世代としては、やはり外せない作品。

オープニングから「この曲は!!」となるほど
いろいろな場面でTV版を彩ってきたOPEDが流れてきます。
やはり現代に進化しているものがあるけど
ストーリーはブレない王道パターンなのが、また良かったです。

ただわかってはいるけど、昔からのオリジナル声優は嬉しいけど、声優陣の劣化…特に香の声が「こんなにおばさんだっけ…」とガッカリしました。
神谷さん&大塚さんは流石!!でしたが。

「Get Wild」と「Still Love Her」のWエンディングは反則です。
特に「Get Wild」の時にTV版のエピソード5の絵が流れますが、あれは本当に反則すぎ。
そこでまさか涙腺崩壊すると思いませんでした。

マグダヴィッシュ
マグダヴィッシュさん / 2019年3月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

新作だけど懐かしい同窓会作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

新しく作られた最新作のはずなんですが、全く新しさを感じさせる事なく作り上げるってのもある意味職人芸なのではないでしょうか?面白かったかと言われれば正直微妙ですが、これはこれで需要はあるのかなっと。

例えば全くジャンルは違いますが同時期公開の「スパイダー・バース」のような最新の映像で観てて「スゲー!」ってなるような作品を、きっとここの客層は求めていないはず。でも「スゲー!」ってなんなくてもこの作品が狙った層のお客さんはそれなりに満足したのではないでしょうか?きっと歳を取ると新しい物は受け入れるのがしんどくって、小難しいテクノロジーの話も着いていけないので、本作ぐらいのレトロ感はある意味「求めている客層に求められてる物を提供した商業的に正しい作品」だったと思います。だって公開4週目で観に行ったのに映画館の客席ほぼ埋まってましたしね。シティハンターって人気なんですね。

ま、「これやったらテレビでええやん」っとも思えましたが、それぐらいテレビアニメの枠組みから1mmも外に出ていない作品でした。いい意味でも悪い意味でも。でも中にはテレビだったら観ないかなっという私のような客もいるはずですし、懐かしい同窓会として楽しんで頂く為の作品も世の中には必要なのではなかろうか?と思いました。

そういえば主人公の冴羽りょう役の神谷明さんって御歳72歳なんですね。そんなおじいちゃんが「もっこりちゃ~ん」なんて叫んでる現場を想像するとシュールだなぁっと思います。仕事とはいえ。

アキ爺
アキ爺さん / 2019年3月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昔と今の絶妙な融合。一世風靡のアクション再び!!

【賛否両論チェック】
賛:一昔前の雰囲気と現代の社会情勢が見事にマッチして、世代を超えて楽しめる作品になっている。最新兵器を前に主人公達がどう立ち向かっていくかにも注目。
否:今回はメカとの戦いが多いので、やや緊迫感が伝わりにくい。予備知識も少しあった方がイイか。

 まさに古き良き世界観と、近代技術の絶妙な融合といったところでしょうか。お色気に走るリョウに対し、いつものように天誅を下す香が、
「時代の空気、読まんかい!!」
と言っているのには、思わず笑ってしまいます(笑)。
 今回は香の過去をも巻き込み、最新兵器を駆使して新宿に「戦場」を作り出そうとする武器商人達に対し、火力では劣る冴羽リョウや海坊主達がどう立ち向かっていくのか、伝説的スイーパーの腕がキラリと光ります。一方で、今回はメカを相手にした戦闘シーンが非常に多いので、どうしても緊迫感や迫力が伝わってきづらい感じがあるのもまた事実。ただそうは言っても、そこはあのシティーハンター。リョウの破天荒な戦いぶりには、ツッコみながらも目を見張ってしまうこと請け合いです。
 かつてのファンは勿論のこと、今までシティーハンターを観たことがない方々にも、是非オススメです。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2019年3月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

とりあえず神映画です‼️
シティーハンターのアニメを知らない人は理解できないかもしれませんけど‥
敢えて見捨ててるからこその我々ドンピシャ世代には最高のシーンが連続です😃
特にエンディングはストーリー全部忘れるくらい感動です‼️
スタッフさんと声優さんにはマジ感謝です❗
早くも今年1とかよく使われてるけど多分今年1ですから😃✌️

はむ
はむさん / 2019年3月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

この手の作品は観ないのだが

評価は高く作品名は知名度があるので興味本意で鑑賞 これって松田優作や高倉健のゴルゴ13的な話だと思ったら初期のルパンや永井豪の様な世界感だったのですね!実写ならR指定?キャツアイを出すのならもっと物語に組み入れて欲しかったが!!!

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2019年3月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高!

センスが神がかっていました。
選曲と流すタイミング、笑える程度のセクハラと下品さ!!
絵も綺麗で、ストーリーはご都合主義的なとこほもありましたが、許容範囲内でした。
とにかくシティーハンターファンの夢がいっぱい詰まってます!
素晴らしい作品でした!!

ルノ
ルノさん / 2019年3月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつもモッコリしていたバブル時代

 そのバブル時代を、今で言うブラック企業で働いていたためTVアニメなんて見る暇がなかったあの頃。しかし、自宅にはなぜだかシティーハンターの単行本が5冊残っていた。多分、『北斗の拳』がつまらなくなってきて、新たなヒーローを模索していた自分がいたのだ。

 そんな中途半端にシティハンターを、冴羽リョウを知ってるだけなのに、なぜだか涙がこみ上げてきた。館内の女性客は皆さん泣いていたようだし、やっぱり懐かしさでいっぱいになるんでしょうね。TVアニメもほとんど見たことなかったけど、新しい何かを発見しようとスクリーンを凝視していたら、車が全て新宿ナンバーだったとか、エローンとドローンの精度の落差が激しかった等々のつまらないことしか発見できなかった。

 やっかいなことに神谷明の顔を思い出してしまい、ずっと神谷リョウを追いかけてしまった。単行本をチラッと読み直してみると、ようやく冴羽りょうの顔が馴染んできた。それにしてもコミックのほうはもっこりがデカすぎ!

kossykossy
kossykossyさん / 2019年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

新宿で観よう

観るのなら、夜のTOHOシネマズ新宿で観るのが1番おすすめです。

めまい
めまいさん / 2019年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

221件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報