幻を見るひと
ホーム > 作品情報 > 映画「幻を見るひと」
メニュー

幻を見るひと

劇場公開日

解説

現代日本を代表する詩人の吉増剛造が豊かな地下水をたたえる京都を訪れ、「水」との対話や移ろう四季を通して生命の意味を問いただし、やがて一編の詩を生み出していく姿を描いたドキュメンタリー。2011年の東日本大震災による津波の被害を目にした吉増は、全てを剥ぎ取っていく水の衝撃に言葉を失い、水の持つ新たな意味を求めて豊富な地下水のある京都を訪れる。深い山に囲まれた盆地の京都は豊かな地下水で知られ、そんな京都で吉増は、川端康成が「古都」を執筆した流響院をはじめ、醍醐寺、妙心寺、大徳寺、貴船神社など京都の「水」をたどりながら旅をする。映画は、吉増の80歳を目前にしても処女性を失わない感性や、貴重な創作風景を映し出していく。

スタッフ

監督
プロデューサー
井上春生
エグゼクティブプロデューサー
城戸朱理
撮影
安田浩一
情景撮影
大木スミオ
照明
渡辺大介
デジタルイメージングテクニシャン
岩崎伸哉
森田順
録音
中村太郎
奈良田信一
整音
白井康之
石黒裕二
編集
井上春生
朗読
大鷹明良
小林あや
スチル
小野田桂子
タイトルデザイン
井原靖章
アシスタントプロデューサー
小野田桂子
制作
山本礼二
保中良介
赤塚敏史

キャスト

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 HUGMACHINE
上映時間 107分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「幻を見るひと」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi