シークレット・ルーム

解説

テレビドラマ「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストンが主演を務め、E・L・ドクトロウの短編小説を実写映画化した人間ドラマ。ニューヨーク郊外で暮らす弁護士ハワードは、電車が停電で止まったために帰宅が遅れ、自宅ガレージの屋根裏部屋で眠り込んでしまう。翌朝目を覚ました彼は、妻ダイアナが慌てている様子を屋根裏部屋の窓から目撃し、帰るに帰れなくなる。屋根裏部屋から家族を観察することに快感を見出したハワードは、そのままずっと屋根裏部屋に隠れて暮らすようになり……。監督は「ジェイン・オースティンの読書会」のロビン・スウィコード。WOWOW放送時のタイトルは「アイ'ム ホーム 覗く男」。

2016年製作/109分/アメリカ
原題:Wakefield

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
ジュリー・リン
ボニー・カーティス
エリオット・ウェブ
ウェンディ・フェダーマン
カール・ムレンベルク
原作
E・L・ドクトロウ
脚本
ロビン・スウィコード
撮影
アンドレイ・ボウデン・シュワルツ
美術
ジェニーン・オッペウォール
衣装
キム・ンゴー
編集
マット・マドックス
音楽
アーロン・ジグマン
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

映画レビュー

3.0倦怠期

2021年1月16日
PCから投稿

中年男のわがままを地で行くおっさんにまんまと付き合わされた感。
自分の家族を覗く発想にはやられた。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
miharyi

4.0ジェニファー・ガーナー(^-^)

2020年8月10日
スマートフォンから投稿

悲しい

興奮

自分がいなくなった後の家族を覗くというのは興味深いというか怖いもの見たさというか、あまりにも悲しんでると「無事だよ!」って言いたくなっちゃうし、以外と平気そうだったらショックなんでしょうね~(笑) 「覗き」だから変な映画かと思いきや覗いてるのはご主人で変質者ではないんですね、観る人によっては「変質者なご主人」か(笑) 僕自身は最初から変質者な気分で観てました(笑)! ジェニファー・ガーナーのナイトガウン姿が素敵でした(^-^)

コメントする (0件)
共感した! 2件)
映画は生き甲斐

3.5変人が似合うブライアンさん

2020年2月23日
iPhoneアプリから投稿

ブレイキングバッドのブライアンクランストンさん、またやってくれましたわ、私は結構引き込まれましたよ、面白かったです。ブレイキングバッドに比べたら、犯罪ではないので全く大丈夫。だけど家族がこの一連の行動を受け入れてくれるかどうかは?

コメントする (0件)
共感した! 1件)
サラ

4.0意外と繊細でした

2020年2月19日
iPhoneアプリから投稿

シークレットルームってくらいだから、イヤラシイ感じなのかと思いましたがその逆でした。

妻や娘達の考えを勘繰るほど
全ての自分から逃げたくなる。
何の気なしの行動がいつしか帰れなくなり
自分を見つめ直す期間になってしまった。

自分が一体何なのか、、、
必要とされているのか、、、
存在が無いものとされているのでは、、、

最初はただの変態、変人、堅物だと思ってましたが、
気持ちわかるわ〜
という、モヤモヤしながらラストは、、、

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Riri
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シークレット・ルーム」以外にこんな作品をCheck-inしています。