ディヴァイン・ディーバ
ホーム > 作品情報 > 映画「ディヴァイン・ディーバ」
メニュー

ディヴァイン・ディーバ

劇場公開日

解説

ブラジルのドラァグクイーンカルチャー黎明期を支えた人々を描いたドキュメンタリー。60年代、軍事独裁政権下のブラジルで、性的マイノリティとして、女性装をして芸能の才を披露することで自分らしく生きる道を選んだドラァグクイーンたち。当時リオ・デ・ジャネイロのヒバル・シアターで活躍した8人が、デビュー50周年を記念して再結集しライブを敢行することに。舞台の仕事から遠ざかっていたため、久々のパフォーマンスに悪戦苦闘しながらも、ライブに挑む姿を捉えた。同時に、60年代のシーンを当時の貴重な映像や写真を交えながら振り返る。監督はブラジルの人気女優レアンドラ・レアル。ナイトクラブのオーナーの孫娘として往年のドラァグクイーンたちを舞台袖から見ていたというレアル監督が、リスペクトを持って描き出す。

作品データ

原題 Divinas Divas
製作年 2016年
製作国 ブラジル
配給 ミモザフィルムズ
上映時間 110分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全5件)
  • 「マイ・ウェイ」自分の道を生きることの尊さ 素晴らしい視点を持った作品だと思う。軍事独裁政権下のブラジルの社会を生きたドラァグクイーンのドキュメンタリーだが、彼女/彼たちの人生を通して、当時の自由のない社会に人がいかに立ち向かったのかを蘇... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年9月24日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 軍政のブラジルに生きたディーバたち それぞれのディーバたちの、男の写真から目と口がメイクに置き換わり女性になってしまうという導入の作りがとても面白かった。 男と女は話し方や振る舞い方、考え方が違うとされているが、それは社会の多数派... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2018年11月18日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 人生が舞台な人たち ドラアグクイーンとして生きるって、人生全部が舞台みたいなことなのかな。人生を通じて極められた芸で清々しさを感じた。 ...続きを読む

    Zita Zitaさん  2018年9月9日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ディヴァイン・ディーバ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi