ディヴァイン・ディーバ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ディヴァイン・ディーバ
12%
47%
29%
12%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブラジルのドラァグクイーンカルチャー黎明期を支えた人々を描いたドキュメンタリー。60年代、軍事独裁政権下のブラジルで、性的マイノリティとして、女性装をして芸能の才を披露することで自分らしく生きる道を選んだドラァグクイーンたち。当時リオ・デ・ジャネイロのヒバル・シアターで活躍した8人が、デビュー50周年を記念して再結集しライブを敢行することに。舞台の仕事から遠ざかっていたため、久々のパフォーマンスに悪戦苦闘しながらも、ライブに挑む姿を捉えた。同時に、60年代のシーンを当時の貴重な映像や写真を交えながら振り返る。監督はブラジルの人気女優レアンドラ・レアル。ナイトクラブのオーナーの孫娘として往年のドラァグクイーンたちを舞台袖から見ていたというレアル監督が、リスペクトを持って描き出す。

2016年製作/110分/PG12/ブラジル
原題:Divinas Divas
配給:ミモザフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)UPSIDE DISTRIBUTION, IMP. BLUEMIND, 2017

映画レビュー

3.5「マイ・ウェイ」自分の道を生きることの尊さ

ローチさん
2018年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

素晴らしい視点を持った作品だと思う。軍事独裁政権下のブラジルの社会を生きたドラァグクイーンのドキュメンタリーだが、彼女/彼たちの人生を通して、当時の自由のない社会に人がいかに立ち向かったのかを蘇らせ、ブラジル社会がいかに自由を勝ち取っていったのかが見えてくる。

性の多様性への理解の促進は現代社会で重要視されるようになったが、激しい抑圧のあった時代に彼女/彼たちのように熱く生きた人がいたのだ。それを知るだけでも貴重であるが、いかに権力が規範を用いて人の自由を統制したがるのか、この映画を観るとよくわかる。

この映画のもう一つのポイントは、昨今はLGBTという新たな言葉が浸透しつつあるが、性とは簡単にカテゴライズできるものではないということだ。映画に登場するディーバたちの性のあり方も一様ではない。彼女/彼らを一つの性でくくることはできない。

「マイウェイ」を歌うシーンが印象的だ。自分の道を行くということが大事なのだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ローチ

3.0My Way

H1DE!さん
2019年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

「生きてきた、思い通りに」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
H1DE!

4.5軍政のブラジルに生きたディーバたち

Momokoさん
2018年11月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

それぞれのディーバたちの、男の写真から目と口がメイクに置き換わり女性になってしまうという導入の作りがとても面白かった。

男と女は話し方や振る舞い方、考え方が違うとされているが、それは社会の多数派が決めつけていることで個人的には人間はもっと多様な性を生きている事わかる。

見た目の男か、女かも大切なことなのだけれど、その奥にあるその人らしさや人間味は、ある意味男女を超えたところにある。

監督の個人的なエピソードが語られているところも、親しみが持てた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

3.0人生が舞台な人たち

Zitaさん
2018年9月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ドラアグクイーンとして生きるって、人生全部が舞台みたいなことなのかな。人生を通じて極められた芸で清々しさを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Zita
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る