プラウド・メアリー

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
20%
20%
40%
20%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「エンド・オブ・キングダム」のババク・ナジャフィ監督が、「ドリーム」のタラジ・P・ヘンソン主演で描くクライムアクション。マフィアに雇われている凄腕の殺し屋メアリーは、標的の男の自宅に潜入し暗殺を決行するが、息子の存在を知り罪悪感を抱く。1年後、メアリーはファミリーの麻薬密売組織に雇われているその少年を解放しようと仲間を説得するが、口論の末に撃ち殺してしまう。組織から命を狙われる身となったメアリーは、少年を守るため決死の戦いに身を投じる。共演に「リーサル・ウェポン」シリーズのダニー・グローバー。

2018年製作/89分/アメリカ
原題:Proud Mary

スタッフ・キャスト

監督
製作
ポール・シフ
タイ・ダンガン
製作総指揮
グレン・S・ゲイナー
タラジ・P・ヘンソン
原案
ジョン・スチュアート・ニューマン
クリスチャン・スウェガル
脚本
ジョン・スチュアート・ニューマン
クリスチャン・スウェガル
スティーブ・アンティン
撮影
ダン・ローストセン
美術
カール・スプレイグ
衣装
デボラ・ニューホール
編集
エバン・シフ
音楽
フィル・アイズラー
音楽監修
ピラー・マッカリー
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

2.0母性愛…凄いな!

2020年2月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
m@yu-chan-nel

4.0壁に耳あり、プラウド・メアリ

kossyさん
2020年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 言うまでもなく「Proud Mary」とはCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)が残した名曲であり、1969年全米チャート2位を記録して以降、様々な大物アーティストによってカバーされている。日本だって尾崎紀世彦やキャンディーズなどもカバーしているほど有名な曲。どちらかといえばロックよりフォークソングといったイメージだったのだが、終盤にはノリのいいロック調のカバー曲が聴けるので、派手なアクションとともに心拍数が急上昇してしまうのだ!

 主人公メアリーはベニー一家の構成員で黒人女性のヒットマン。1年前、ある組織の元締めを暗殺したのだが、子供を殺す主義ではないので彼の息子ダニーは殺さなかった。ある時、麻薬取引のパシリをやらされていたダニーを見つけ、元締めのアンクルという白人に虐待されていることを知り、ついアンクルの一味を皆殺しにしてしまった。しかし、そのアンクルはベニー一家と敵対するロシアンマフィアコゾロフ組の関係者だったので思わぬ事態に陥ってしまう。メアリーは自分が殺したことを隠し続けていたが、変態男ウォルターを差し出して和解に持ち込もうと提案する。が、その間にベニー一家の構成員5人が何者かに襲撃されてしまう。こうなったら、皆殺しだ!と、メアリーと元恋人であるベニーの息子トムがコゾロフ組を襲撃する・・・といったおおまかな展開。

 ダニー・ボーイを拾って匿っていた動機は、最初は罪悪感から。やがて自分の息子であるように母性愛が育まれていくメアリー。組を抜けたがっていたこともあり、ダニーと一緒に抜けようと懇願もするが受け入れられない。少年ダニーは単独でベニーを殺そうとするも、「彼の父親を殺したのはメアリーなんだぞ」と秘密を明かされ当惑する。しかし、あっさりメアリーが忍び寄って育ての親でもあるベニーを殺してしまうのだった。

 よくあるマフィアもののシチュエーションではあるが、黒人女性のヒットマンという珍しさや、舞台がボストン。舞台がマサチューセッツやシカゴであったりと、どことなくブルース・ブラザースも感じさせる黒人文化と音楽を堪能できる。序盤では「悲しき願い」のジャズバージョンも聴けるのですが、ベニー役のダニー・グローバーも“don't let me be misunderstood”と言ってたような気がする。この曲もアニマルズのオリジナルやサンタ・エスメラルダのカバー、珍しいところで尾藤イサオのカバーもあり、馴染みが深い。

 主人公メアリー役のタラジ・P・ヘンソンは『ベンジャミン・バトン』(2009)や『ドリーム』(2016)で有名になったが、垢抜けなくて庶民的なおばちゃんといったイメージを残していることが愛着湧くのです。どことなく雰囲気が『ジャッキー・ブラウン』(1998)のパム・グリアも彷彿させたりするけど、終盤のアクションシーンはかなり驚かされる。ネタ的には使い古されているし、ストーリーもそれほどじゃないけど、彼女と音楽に酔いしれろ!てな感じでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る