シューマンズ バー ブック

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
シューマンズ バー ブック
0%
39%
38%
23%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界中のバーでバイブルとなったレシピ本「シューマンズ バー ブック」の著者である伝説的バーマン、チャールズ・シューマンの旅を追ったドキュメンタリー。ミュンヘンで35年以上にわたり不動の人気を誇るトップバーのオーナーで、76歳を超えた現在もカウンターに立ち続けているシューマン。成功も名声も手にした彼が、バーの原点を求めてニューヨーク、パリ、ハバナ、東京、ウィーンの「バーベスト10」に入る名店を訪問。新たな感性で作るカクテルが人気のバーから伝統的なホテルのバーまで、美しいカクテルが作られていく過程を通し、1杯のカクテルに込められた職人魂を浮かび上がらせていく。

2017年製作/98分/ドイツ
原題:Schumanns Bargesprache
配給:クレストインターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2017 Thali Media

映画レビュー

3.0バーマンに愛される客になりたくなるカクテル・ドキュメント

MPさん
2018年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

酒飲み、カウンターバー好き、そして、世界中のバーテンダー(バーマン)たちを驚かせたカクテル・レシピ本"シューマンズ バー ブック"の著者であり、自らもミュンヘンで超人気のバーを数軒経営し、おまけにファッションモデルでもあるチャールズ・シューマン。そんな彼が美味しいカクテルとバーとバーマンを探して世界中を行脚するドキュメンタリーは、必然的に、嫌味なくらいかっこいい。そんな人生になら誰だって憧れる。しかし、ファンシーな映像の隙間から垣間見えてくるのは、酒を振る舞うことの覚悟と、技術、話術、人間性等々、すべてが高いレベルで求められるバーマンという職業の過酷さ。なので、これを観るとカクテルを飲みにホテルのバーに足を運んでみたくなるはず。勿論、その際はこちらも会話の内容を吟味することが必須だ。バーマンに愛される客になるために。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
MP

4.0予想外の面白さ

osanさん
2018年5月3日
Androidアプリから投稿

はんば義務感でいったけど予想外の面白さ。
東京のバーがかなり出てきて共感できた。
シューマンの東京のバーに対する先入観には若干の違和感はあったけど。

結論:東京のバーってやっぱ素晴らしいな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osan

2.5『レモンハート』を思い出した。

2018年5月1日
iPhoneアプリから投稿

今からもう20年近く前、社会人になりたての頃、少しでも早く大人の仲間入りがしたくて全巻読んだ漫画『レモンハート』を懐かしく思い出しました。
また、ドライブをしながらよく聴いていたラジオ『サントリー・サタデー・ウェイティング・バー』も思い出して、あぁまた復活してほしい!って、この映画から思い出すことがたくさんありました。
あの頃思い描いた、格好いい大人には なれているだろうか。
熱くなりました。

この映画を見て、再び 学生時代にアルバイトするなら、やっぱりバーだな なんて思ったりしました。
いくら歳をとったとしても、皆さん格好いいです。
憧れます。
東京も出てきて、誇らしく思いました。

バーテンダーに限らず、バリスタやウェイター等々、日本では「バイト」って軽く思われているポジションでも、海外では一目置かれている一流の仕事なんですものね。
見直しました。

映画じゃなくて、30分番組で2回に分けて放送するってくらいの感じでいいかな。
特に起承転結がある訳ではないし。
面白い映画だから、週末にお家のソファでゴロンと横になりながら、お酒飲んで改めて見たいと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ハクタカ
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る