ラーメン食いてぇ!

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラーメン食いてぇ!
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

WEB漫画として発表され、評判を呼んだ林明輝の同名コミックをNHK連続テレビ小説「まれ」などに出演した中村ゆりか主演で実写映画化。新疆ウイグル自治区でのテレビ取材中に事故に遭い、遭難した料理評論家・赤星。キルギスの高原で倒れ伏した赤星が死を覚悟した瞬間に思わず絶叫したのが「清蘭のラーメン食いてえ!!」のひと言だった。その頃、ベストパートナーだった妻を亡くした清蘭店主の紅はラーメン屋をたたむ決意をしていた。紅の孫で女子高生の茉莉絵は心ない同級生の噂がもとで自殺を考えていた。一杯のラーメンの不思議な縁によって、結びつけられた3人が生きる力を取り戻していく。茉莉絵役を中村が演じるほか、祖父のラーメン店店主役を石橋蓮司、遭難した料理評論家を片桐仁、茉莉絵の親友コジマ役を葵わかながそれぞれ演じる。監督はドラマ「ケータイ刑事」シリーズなどを手がけた熊谷祐紀。

2018年製作/102分/G/日本
配給:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
林明輝
脚本
熊谷祐紀
製作
木村靖英
間宮登良松
企画
鈴木仁行
エグゼクティブプロデューサー
加藤和夫
プロデューサー
鈴木仁行
小林智浩
林あゆみ
共同プロデューサー
川崎岳
原田耕治
撮影
高木風太
照明
秋山恵二郎
美術プロデューサー
津留啓亮
装飾
ASA
録音
山田幸治
スタイリスト
神波憲人
ヘアメイク
望月志穂美
高松れい
持ち道具
奥村愛里
VFXスーパーバイザー
須賀努
カラリスト
高山春彦
メイキング
宮本杜朗
スチル写真
中武宏太
キャスティング
増田悟司
音楽
オ・ジュンソン
主題歌
7 O'Clock
助監督
湯元信一
ラインプロデューサー
森満康巳
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)林明輝/講談社・2018「ラーメン食いてぇ!」製作委員会

映画レビュー

3.0まあまあの映画

stoneageさん
2018年5月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

「能書き垂れてるうちに、食べごろ逃してるよ!」…映画は、ここからが面白かった!(笑)
ラーメンも、ここからやっと美味しそうに見えて来た…もうほとんど映画終わりかけでしたが(笑)
*映画として良い素材なのに、作り手が活かしきれていない…監督の才能やセンスが今ひとつ…それとも、アイドル女優を使いたかっただけ?(笑)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

3.5シンプルなポジティブ感情が気持ちよく沸き起こる映画でした

kizkizさん
2018年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

原作は未読。
ラーメン屋の娘と親友が店を跡継ぎをする話。

開始10分で結末までの道筋、そして結末自体もだいたい読めてしまうベタ展開。
でも面白かったです。ベタだからこそ響く言葉/行動がある。

極めるってツラいけど楽しい。食事が美味しいって素敵。奇跡が起こるって素晴らしい。
そんなシンプルな感情が気持ちよく沸き起こる映画でした。

見てるあいだは”ラーメンが食べたい”って気持ちより、”山に登りたい”、”遊牧民の料理食べたい”って感情が湧いてました。
でもラストのシーンで”塩ラーメン食いてぇ!”ってなった。終盤の食事シーンは生き生きとしてるなぁ。

おばあちゃん役のふくまつみの演技が素晴らしい。最初から最後まで人が良さそう度100%の笑顔を見せている。

恋愛要素などは排除して”ラーメン屋の跡を継ぐ!”の1点に集中してるのも良いなと思った部分。
なのにED曲がラブソングなのは……。ストーリーともリンクしてないのになんでアノ曲を選んだんだろう?すごくもったいないことをしてる気がする。

あと登場人物が美味しいってなってるシーンで”あ、服は脱げないんだ。ならそこまで美味でもない?”となってしまってた自分は完全に食戟のソーマに毒されている

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kizkiz

3.5美味いメシは元気の源

2018年4月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

わりと原作に忠実な映画化。ただ、実写で観る大自然や料理の数々は映画ならでは。

コテコテにベタで都合の良い展開なのだけどそれも心地よい。っていうかこの話に驚きのクセ展開は似合わない。

「うんうん!美味しいものを食べると心身共に元気が湧いてくるよね!」と思ったし、鑑賞後はお腹が減ってラーメン食べたくなったんだから、この映画をしっかり堪能したってことやね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
美味しくって体に良いハンドソープ

5.0想いの強さが届いてくる

Scottさん
2018年3月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「ラーメンのことを描くんだ」っていう想いが真っ直ぐ伝わってくんの。

冷静になってもう一度観たら「あれ?そんないい映画じゃないな」って思うと思うんだけど、映画館で観てたら、その想いの強さに好感が持てんの。

シナリオはちょっと拙かったり、書き過ぎだったりするところもあんのね。「ラーメン漫画パクって遊んでんだあ」ってところも若干は鼻につくし。

主演女優さんの二人もうまいとは言えなくて「え?」って演技も正直ある。

でも観ちゃうね。それで面白い。「こんな可愛い娘が二人でラーメン屋やったらそっちで人気がでるよ」と思ったけど、味の良さで売れてくといいね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Scott
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る