ファーザー・フィギュア

  • AmazonVideoで今すぐ見る
8%
31%
61%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ナイト ミュージアム」シリーズのオーウェン・ウィルソンと「ハングオーバー!」シリーズのエド・ヘルムズが双子の兄弟役を演じたコメディドラマ。仲の良い双子の兄弟カイルとピーターは、エキセントリックな性格の母親ヘレンから、父親は死んだと聞かされていた。ところが、ふとしたことからそれが嘘だったと判明。性に奔放だったヘレンは複数の男性と関係を持っており、双子の父親が誰なのかわからないのだという。そこで2人は、本当の父親を捜し出すべく旅に出るが……。共演に「天才作家の妻 40年目の真実」のグレン・クローズ、「セッション」のJ・K・シモンズ、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。「ハングオーバー!」シリーズの撮影を手がけたローレンス・シャーの初監督作。

2017年製作/113分/アメリカ
原題:Father Figures

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5バッタバタ

R♪さん
2020年10月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ファンキーなママに巻き込まれパパ探し。

ラストは、え!

なんだけど兄弟けんかはちょっと面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
R♪

3.0マイアミで運転したくなる

2020年5月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

WOWOWにて、前情報なく視聴。
知らずに観たものの意外にも豪華な出演者だし、コメディもおもしろく、思いの外楽しめた。
テーマは「環境が人を形成する」かなぁ。

本物の父親探しの過程は、予想の範疇ながらも笑いが随所にあり飽きずに観ていられる。普段あまりないが、鑑賞しながら何回か声を出して笑ってしまった。ラストの展開はちょっと意外で、ハートウォーミングな締めに。

「間」とセリフの取り回しのセンスが良いのかな。
車や列車の事故など、ちょっとシャレにならない部分もあったが、コメディと思えばそれもあり。

以下印象的なセリフ。
「メロンの皮には大腸菌が混じっている」
「大切なものに使う金は無駄じゃない」
「自分の人生に責任を持て。人生を無駄にしやがって」
「こうあるべきだと思った姿にメガネがハマっただけ」
「母さんがいるから苦難と戦える」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うむぼんず

3.0ここぞというときの「サラ・スマイル」♪そしてShe's Gone

kossyさん
2020年5月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 母親の結婚式をきっかけに、双子の兄弟ピーターとカイルが再会。肛門外科のピーター(エド・ヘルムズ)は息子はいるが離婚してから恋人もできない医者。チャラ男のカイル(オーウェン・ウィルソン)はBBQのイメージキャラとなり裕福な生活を送るのだが、顔も性格も全く違う双子の兄弟だったが、血の繋がった父親探しで意見がまとまり、ロードムービーがスタートする。冗談だろうけど、ディスコブームの時代に毎晩違う相手と寝たという母親ヘレンのために。もちろんfigureの意味は“人形”ではなく、“figure out”の方の意味。

 最初に聞かされたのはフットボールのスター選手だった男。マイアミで自動車会社を経営する有名人テリーだったが、歓迎されるも父親ではないと判明。次は嫌われ者だったローランド(シモンズ)に可能性があったのだが、訪ねてみると詐欺師で強盗。入院するハメとなるが、輸血しようとするも血液型から可能性がなくなってしまう。そして次は元カリスマ的麻薬捜査官だった男を訪ねるが、パーティかと思っていたら・・・といった展開。

 尻軽だった母親の血を受け継いでいたカイルに対して一穴主義を貫いたピーター。最初はそうしたセックス依存症みたいな下ネタ話ばかりだったため、うんざりもしたのですが、肛門科の医師ということでやたらと“アス”“明日ホール”の話題だらけとなることが笑えました。事故のシーンも大がかりで、ドキッとさせられるし、意外と金がかかってる作品です。親子の絆よりは兄弟の和解みたいなところもあって、終盤にくるとグッと締まってくるコメディでした。

 70年代から80年代の音楽が好きな人ならば絶対に感動するホール&オーツの「サラ・スマイル」。サラにそこから「シーズ・ゴーン」を連発するのだが、こちらの曲はかかりません。でも絶対にシーズ・ゴーンは狙ったネタですね。そして、大物俳優のトリを務めるのがクリストファー・ウォーケン。よたよた走る姿が渋くてかっこいいのであります。観終わってからYouTubeで聴きなおしたことは言うまでもないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5父親を探して

2019年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

双子のおっさんが、母親の結婚式で実の父親の情報をもらい、会いに行くことに。
若い頃はお盛んだったようで、自分でも不確かなようだ。
元アメフット選手などを訪ねるが、案の定みんなハズレで・・・。
血のつながりって何だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る