マイナス21℃

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
マイナス21℃
6%
23%
48%
23%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジョシュ・ハートネットが主演を務め、極寒の雪山で8日間にわたる壮絶なサバイバルを繰り広げた、元アイスホッケー選手でスノーボーダーのエリック・ルマルクの実話を映画化。監督は「ネイビーシールズ」「ニード・フォー・スピード」のスコット・ウォー。元アイスホッケー選手のエリック・ルマルクは、米カリフォルニア州のシエラネバダ山脈でスノーボードをしていた最中に道に迷い、遭難してしまう。水も食糧もなく、山岳装備も持ち合わせていないエリックは、夜には氷点下となる山の中、低体温症や空腹、野生のオオカミ、凍傷、脱水症状など次々と困難に襲われ、絶望的な状況に追い込まれていく。一方、息子と連絡が取れないことに異変を感じた母スーザンが、救助隊に捜索を依頼するのだが……。

2017年製作/98分/G/アメリカ
原題:6 Below: Miracle on the Mountain
配給:松竹メディア事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2016 Six Below LLC.All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0ジョシュの気迫だけは伝わってくる雪山サバイバル

2018年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ここのところ、身体を張る演技からはすっかり遠ざかっていたジョシュ・ハートネットだが、この実話ベースの雪山サバイバルでは久々に俳優としての覚悟がじわりと浮かび上がった。決して作り手(監督、脚本)の巧さが光る作品とは言えないところが気の毒ではあるが、自らの衣をひと肌もふた肌も脱ぎ捨てたようなジョシュの演技はホンモノ。特に雪山で全裸になるという意味不明のシーンでは、寒さで思考回路がほぼ停止しているとはいえ、鬼気迫る迫力を感じた。

映画を見慣れた人が観ると、B級、いやC級に思えるかもしれない。予算もそれほど高額ではないだろうし、できるものならジョシュ以外の俳優でいきたかったはず。しかしそん地団駄踏むような製作状況からは想像もつかないほど、なぜか雪山の映像だけはリアルで、CGもほぼ使っていないリアル志向が貫かれている。このたった一本だけ筋を通して見せたところに本作のなんとも言えぬ捨てがたさがある。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

3.5少し単調ですが、自然の厳しさを感じさせます。

よしさん
2020年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

雪山で遭難したスノーボーダーのサバイバルの物語。

実話を基にしたストーリーです。
雪山での遭難譚ですから、壮絶。でも、実話を基にしていますから、映画としては凄く単調になりかねないストーリー。
それを親との葛藤、アイスホッケーでの挫折と後悔などを上手に織り交ぜながら、クライマックスへと導いています。
また、BGMの使い方も秀逸でした。
ただ、やはり映画の題材としては少し厳しい、と感じられて評点は少し厳しめです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

4.0 だから、冬山のバックヤードに入ってはいけないのだよ、ハートネット君に代表される、深雪好きの山スキー愛好者の方々。

NOBUさん
2019年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

幸せ

 ジョシュ・ハートネット演じるエリックの気持ちは良く分かる。誰もいない冬山で、目の前に広がる手つかずのパウダースノーの斜面の魅力と言ったら・・。で、クスリの力も後押して地獄へ向かう斜面を一直線・・・。

 が、そこに足を踏み入れるならば、きちんとした装備(非常食は必携)と滑降スキルとサバイバル技術が必要なのは愛好家なら誰もが知っている事。

 エリックにあったのは、スキルのみ(しかもスノボ)であったがために、この映画で描かれている災難(というか、自ら招いた災い)に見舞われるのである。

 が、そんなお説教は置いておいて、サバイバルモノとしては大変面白く観れた。あの状況で良くぞ生き残ったものだと感心する。(勿論、救助隊の頑張りや母、スーザンの第六感あってのことなのだが)

<それにしても、ジョシュハートネットは何があって大作から、マイナー映画へシフトチェンジをしたのかな? 「オー・ルーシー!」の爽やかだが、怪しげな英語教師役がハートネットと気付いた時の驚きは忘れ難い、いやこの路線も支持するけどね>

<2018年11月1日 劇場にて鑑賞 セカンド上映>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.0自業自得雪山遭難実話ネタ

2019年8月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

元アイスホッケー選手エリック・ルマルク
短気は損気
独善的
辞めた後はドラッグ
親父の血を受け継いだ
ジョシュハートネットじゃなくてもいい。
危機管理官が美人
8日間遭難
前半にしかイベント起こらず退屈
スノーボード🏂
立入禁止区域に入らない
雪は食べちゃだめ
降りない、登る
電波を出すもの持っていく
ズボンはゆるんだが顔は痩せてない
助かっても感動出来ない。
両足義足の本人出てきても。
義足でボード滑っても。
でも南カリフォルニアで実業家として妻と2人の子供もいて俺より成功してる。
なんか悔しい、薬物乱用者じゃないし禁止区域にも立ち入らないのに

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る