響 HIBIKI

劇場公開日

響 HIBIKI
33%
41%
17%
5%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

これが映画初出演となる「欅坂46」の平手友梨奈主演で、文芸の世界を舞台に15歳の天才女子高生小説家を主人公にした柳本光晴の人気漫画「響 小説家になる方法」を映画化。出版不況が叫ばれる文芸界。文芸雑誌「木蓮」編集部に一編の新人賞応募作が届く。応募要項を一切無視した作品のため、破棄されるはずだったその作品に編集者の花井ふみが目を留めたことから、状況は大きくは変わり始める。「お伽の庭」と題されたその小説は、15歳の女子高生・鮎喰響によって書かれたものだった。主人公の響役を平手、編集者の花井役を北川景子、響が所属する文芸部の部長で、響の圧倒的な才能との差に苦しむ女子高生・祖父江凛夏役を、8年ぶりの実写映画出演となる「パコと魔法の絵本」のアヤカ・ウィルソンがそれぞれ演じる。そのほかの共演に高嶋政伸、柳楽優弥ら。監督は「となりの怪物くん」「センセイ君主」の月川翔。

2018年製作/104分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2018 映画「響 HIBIKI」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

映画レビュー

4.0上田慎一郎やジェームズ・ガンを想わずにいられなかった

2018年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

一見、全然関係ないんだけど『カメラを止めるな!』の大成功のことを考えずにいられなかった。カメ止めの上田慎一郎監督は昔はかなりヤンチャなことをしていた人だが、今ほどSNSが発達していなかった時代のことでもあり、ある意味武勇伝で済んでいる。もし過去の行為でいろいろ言われ、そういう人間を持ち上げるべきではないという空気が世の中にもっと蔓延していたら、あの映画の成功はなかったかもしれない。

あるいは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督を降板させられてジェームズ・ガン監督のことを思い浮かべる人もいるかもしれない。

才能を持つ人間はしばしばネジが飛んでいることがある。そういう人間を受け止める度量が社会にあるかどうかは、実は豊かで多様な文化を育むためには大事なことではないか。この映画はそういう問いを投げかけているように思う。響もまた、やっかいな性格をしている。しかし才能は本物である。現代社会は彼女ような人間を受け入れる余裕を持っているだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
杉本穂高

3.0この映画は左側の棚に置くかな。焦点がブレブレ。

2021年9月12日
iPhoneアプリから投稿

普段、映画を見ない人が見る分には面白い作品。
表面的なエピソードは面白いけど、全体に取ってつけたような展開で、深掘りが足りないので浅ーい印象になってしまう。
小栗旬の話も、最後のオチのみに使われていて、小栗旬の役柄のオチは全くなし。新人賞の柳楽優弥もなんかモブレベルのオチ。勿体ない。
映画全体として、何が言いたいのか、何がしたいのか、焦点がぶれすぎて映画としてものまとまりを欠く。
主人公の行動原理にも一貫性がなく、喧嘩を売られたから買うだけと思いきや、自分から喧嘩を売りに行ったり、すぐに死のうとしてみたり、でも暴力沙汰の記事は出してほしくなかったり、お前の言葉で語れと言いつつ
自分は暴力を使ったり、脅しを使ったり。支離滅裂。
天才は理解し難い、ってことを描こうとしてるんだろうけど、ただただ凡人の描く天才像という感じでした。
理解し難い人物を凡人が描いたらこうなる、って感じですかね。
どんな変な人でもその人なりの理屈はあるわけだが、この作品ではエピソードのインパクトをつけるためだけに主人公が行動しているに過ぎない。
くだらないことでも、なぜ死に向かう行動をするのか、映画では描かれないし、描く気もない。なぜなら、エピソードが盛り上がればそれでいいから。それ以上でもそれ以下でもない。
そして過剰な正論を吐いて、明らかにデフォルメされた悪人を懲らしめる、勧善懲悪者にすぎない。なんかみていて、現実感はなかった。これを面白がれるのは…
まあ、わかりやすい面白さだけを求めるならこれ。
心を揺さぶるような作品を見たいなら別。
映画としては完成度が高いけど、漫画という媒体を無理やり二時間にまとめてる感じの作品。凡作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
夢見る電気羊

2.0うーん

みみみさん
2021年9月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なんというか、見終わってもなにも感じられるところがなかった、、。

響は天才ですごい偉業を達成したのかもしれないけど、殴ったり、人のものを壊したり、会見をぶち壊したり。
理由があってのものだけど、それによって失うものの大きさとか、編集者や親のように味方になってくれる人を裏切るような行為を軽々しく重ねていいのかと疑問になる。
言葉にするのが苦手だから、すぐに手が出る?でもその反面物語を書くのが得意?な側面ももしかしたらあるのかもしれないけど、何をしても許されるの?

あと、最初から出ていた幼馴染み?の男の子や、小栗旬の話はもっと掘り下げないのか気になった。

要素を出すだけだしてさらっと終わってしまった印象だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みみみ

3.5話はそこそこ面白いんだけど、共感型の自分としてはどうしても主人公が...

👘さん
2021年9月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

話はそこそこ面白いんだけど、共感型の自分としてはどうしても主人公が好きになれなくて…。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
👘
すべての映画レビューを見る(全450件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「響 HIBIKI」以外にこんな作品をCheck-inしています。