響 HIBIKI

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
響 HIBIKI
36%
39%
16%
5%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

これが映画初出演となる「欅坂46」の平手友梨奈主演で、文芸の世界を舞台に15歳の天才女子高生小説家を主人公にした柳本光晴の人気漫画「響 小説家になる方法」を映画化。出版不況が叫ばれる文芸界。文芸雑誌「木蓮」編集部に一編の新人賞応募作が届く。応募要項を一切無視した作品のため、破棄されるはずだったその作品に編集者の花井ふみが目を留めたことから、状況は大きくは変わり始める。「お伽の庭」と題されたその小説は、15歳の女子高生・鮎喰響によって書かれたものだった。主人公の響役を平手、編集者の花井役を北川景子、響が所属する文芸部の部長で、響の圧倒的な才能との差に苦しむ女子高生・祖父江凛夏役を、8年ぶりの実写映画出演となる「パコと魔法の絵本」のアヤカ・ウィルソンがそれぞれ演じる。そのほかの共演に高嶋政伸、柳楽優弥ら。監督は「となりの怪物くん」「センセイ君主」の月川翔。

2018年製作/104分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
柳本光晴
脚本
西田征史
製作
市川南
竹中幸平
スーパーバイザー
秋元康
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
プロデュース
佐藤善宏
プロデューサー
神戸明
企画
小野田壮吉
プロダクション統括
佐藤毅
ラインプロデューサー
阿久根裕行
撮影
鍋島淳裕
照明
かげつよし
録音
柳屋文彦
美術
五辻圭
装飾
田中博
衣装
新崎みのり
ヘアメイク
百瀬広美
編集
穗垣順之助
音楽
伊藤ゴロー
主題歌
平手友梨奈
劇中曲
小島裕規
音楽プロデューサー
北原京子
VFXスーパーバイザー
山口聡
スクリプター
菅谷雪乃
キャスティング
杉野剛
アクションコーディネーター
吉田浩之
助監督
後藤孝太郎
製作担当
清水貴紀
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2018 映画「響 HIBIKI」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

映画レビュー

4.0上田慎一郎やジェームズ・ガンを想わずにいられなかった

ローチさん
2018年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

一見、全然関係ないんだけど『カメラを止めるな!』の大成功のことを考えずにいられなかった。カメ止めの上田慎一郎監督は昔はかなりヤンチャなことをしていた人だが、今ほどSNSが発達していなかった時代のことでもあり、ある意味武勇伝で済んでいる。もし過去の行為でいろいろ言われ、そういう人間を持ち上げるべきではないという空気が世の中にもっと蔓延していたら、あの映画の成功はなかったかもしれない。

あるいは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督を降板させられてジェームズ・ガン監督のことを思い浮かべる人もいるかもしれない。

才能を持つ人間はしばしばネジが飛んでいることがある。そういう人間を受け止める度量が社会にあるかどうかは、実は豊かで多様な文化を育むためには大事なことではないか。この映画はそういう問いを投げかけているように思う。響もまた、やっかいな性格をしている。しかし才能は本物である。現代社会は彼女ような人間を受け入れる余裕を持っているだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
ローチ

4.0とてもよかった

2019年11月8日
Androidアプリから投稿

主人公がアイドルとかよくわからずに見たが、天才というフィルターを通して、世間のというか「凡人ども」のみっともなさがあぶり出されており、それらを響の暴力によりスカッとさせられた。最近のくだらないポップな邦画とは違い脚本や演出もよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤い彗星

3.5漫画を実写化することには成功したが面白い映画ではない

2019年10月18日
PCから投稿

寝られる

萌える

スペリオールで最近連載が終了した。最初から面白くて最後まで読んでいた。
響はあんなにしもぶくれではない、逆に顎がシュッとした顔だちだ!とか
ふみの爆乳設定はどこいった!?とか
涼太郎はもっとクールだとかはあるけど、漫画を上手に実写化出来ている。
抑えた演技の小栗旬なんか山本春平そのものやった。
高校生映画にしないように文芸部のメンバーを絞り設定を変えたのは別にいい。
でもなんやろ、アレ?この漫画ってこんなにつまらんかったっけ?と思うぐらい平坦なお話でつまらん映画になってた。
ラストもあっさり。エンディング曲も普通。
1間から6巻ぐらいまでのお話。
マンガ読んでみたい!て思うかな、こんな映画で。
唯一最後までみようと思った要因は北川景子ではなく、大きくなったアヤカ・ウィルソンが可愛かったから。焼いた肌で登場したら最高やったのに。
ヒラヒラしたビキニ水着(上だけ)披露してた
アイドルの響は水着NGなのかな?
圧倒的な才能の光の前で自分の影の大きさを思い知らされる凡人を描く作品です、原作は。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.0天才文学少女が、大人の柵・世間体・建前をぶち壊す爽快さ

NOBUさん
2019年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

幸せ

 文学賞受賞記者会見で下衆な質問をする記者に、飛び蹴りを食らわせるシーンを筆頭にこの笑わない天才文學少女の手加減の無いアクションが実に爽快である。

 その少女を響を演じた平手友梨奈さん(ファンの方には殴られそうだが、この作品の告知があるまで存在すら知らず。又漫画が原作というのも知らず。)の白くふっくらとした顔と上目遣いに睨む際の目つきに、引き寄せられた。

 この映画を観る気になったのは、フライヤーの彼女のインパクト大の挑戦的な顔つきである。(と、月川翔監督 西田征史脚本だったから)

 作品内容自体も文學好きには惹かれるものがあったし、エンタメ作品として面白かった。

<2018年9月16日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全400件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る