劇場公開日 2018年7月20日

  • 予告編を見る

未来のミライのレビュー・感想・評価

2.6786
8%
24%
30%
19%
19%
採点

全786件中、1~20件目を表示

4.0小さな男の子の小さな成長

2018年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

宣伝から受けるイメージはダイナミックなアニメ映画だが、実際には非常にミニマムな世界を描いた作品だ。そのせいで肩透かしを食らう人もいるのかもしれない。4歳の男の子が初めて覚える嫉妬を乗り越え、お兄ちゃんの自覚を持つ。この映画はそれだけのことを描いている。

大人からみれば、たんにワガママが収まっただけなのだが、4歳の男の子にとっては親の愛が全て新しく来た新参者(赤ちゃん)に奪われるというのは、大事件だ。描かれるのは4歳の子どもの空想世界の大冒険だ。

それにしても細田監督は血縁のつながりに強いこだわりを持っているように思える。主人公のくんちゃんが知らないはずの、お父さんやお母さんの過去に行けるのはなぜなのか。空想の産物ならくんちゃんの好きなものとかが普通だろうと思うが、時空を超えた血縁の不思議な力を細田監督は感じているのだろうか。
このあたりの家族に対する考え方は、万引き家族の是枝監督とは対照的だ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 46 件)
杉本穂高

1.0違和感あり

fumiさん
2022年9月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

見てる間中、ずっと違和感を感じ続けた作品でした。
色々と原因はありますが、一番の原因は主人公くんちゃんの4歳という年齢設定だと思います。
両親に駄々を捏ねる場面でのくんちゃんは、赤ちゃん帰りしてしまった設定なので問題ないのですが、それ以外の場面でのくんちゃんの知的レベルと行動は4歳児のものではありません。お子さんがいる人なら分かると思いますが、小学3年生以上下手したら高学年の思考レベルにしか見えず、どう見ても幼稚園の年中児には見えないのです。
この点がどうしようもなく気になってしまい、話に入り込めませんでした。多くの方が声優さんの違和感としてレビューされてますが、キャラクターの年齢的な違和感が声の違和感となって感じられている方もいるのではと感じます。

竜とそばかすの姫を見た時も思ったのですが、キャラクターの発言や行動に蓋然性を感じない場面が多すぎるのです。「こういう人物だ」と設定した登場人物が果たしてこの場面でこう発言するだろうか?みたいな推敲が全く足りてないように感じます。そういう推敲があれば4歳児くんちゃんの発言や行動がもっとリアリティを持って描けたのではないかと思うのです。或いは、そういう推敲をすれば、このストーリーで主人公が4歳児という設定そのものにムリがあるという結論になったかも知れません。

監督ご自身が子育ての経験があるのに何故こんな描き方になったのか…もしかしたら、ご自身が子育てに向き合って来なかったのかな??なんて邪推してしまいました。

あと、両親・祖父母がみんな揃ってくんちゃんをないがしろにしすぎに感じます。母親の態度はイヤイヤをワザと起こさせてんのかい!とも思え、全く気分がいいものではありませんでした。家族の繋がりを描く作品で、くんちゃんが酷くないがしろにされるシーンをあそこまでしつこく見せる必要があったのかと疑問です。現実の多くの親や特に祖父母は上の子にもっと優しいのだから、そう描かないと大多数の共感は得られないと思います。

全体を通してモヤモヤを感じる作品でした。話の着想自体は面白くなり得るものだと感じるだけに残念に思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fumi

1.0細田守監督だからって理由で映画館行くのをやめた作品

さん
2022年8月15日
PCから投稿

ただアニメーションと背景、素材がすごいだけ
赤ちゃんかわいいよ。子供ってこうだよねっていうホームビデオですか?
なんのメッセージ性もない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
肉

4.0くんちゃんの大冒険

tunaさん
2022年8月6日
iPhoneアプリから投稿

チョットづつ大人になる様が…とても良い感じでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

3.0ただの家族の形だけではなくて、それぞれの家族にひとりひとりに人生が...

2022年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ただの家族の形だけではなくて、それぞれの家族にひとりひとりに人生があって、その家族がつながって今の自分や家族のカタチがある。描かれていることはけっこう深い。
くんちゃんの声、もっと子供らしかったら感情移入できたのになぁ。
ひいじいじの若い頃、カッコよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

1.0こんなにイライラするとは、、、

2022年6月18日
iPhoneアプリから投稿

くんちゃんの成長物語なのか、家族の系譜の大切さを思う話なのか、何を見せられてるのかわからない。内容が薄すぎる。

くんちゃんの成長物語とは言ったけど、成長した感が殆どしないし、ストーリーの展開が微妙すぎてイライラするし、、、。

評価の高いオオカミこどもの方もさして面白いと思わなかったし、スタジオ地図の作品自体が私に合わないのかもしれない。
声優も有名人ばかり使ってるけど、パッとめをひく人はいなかった。
山下達郎の曲は良かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
かっちゃん

4.0インディビジュアリズムに対する警鐘

2022年6月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨシミン

0.5声優がホント酷い…全く馴染んでない。

tecさん
2022年5月21日
スマートフォンから投稿

上白石萌歌がもう最悪。姉が良かっただけに、余計、センスの無さが目立つ。
やっぱ餅は餅屋。ちゃんと声優を使えば、もっといい作品になったはず。

何回トライしても、最初の30分で、見る気無くして、やっぱり見るんじゃ無かった…ってガッカリさせられる作品。
最後まで見たことない。

今後も見ることない…駄作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tec

2.5内容が入ってこない声

凡人Aさん
2022年3月31日
スマートフォンから投稿

声が内容の邪魔をしている。勿体ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
凡人A

1.5くんちゃんの成長日記

Fujiさん
2022年3月10日
スマートフォンから投稿

単純

寝られる

未来のミライはそこまで重要人物でもないし、手のあざの伏線回収も一切なかった。てかあれ何を思って入れ込んだ設定なんや?

この映画を要約するとくんちゃんが妄想、回想を繰り返し、兄として成長していく話。特に盛り上がるシーンもなく、ぬるっと終わっていく。

どんどん右肩下がりの細田守を見たい方はぜひ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Fuji

0.5あら

えぬさん
2022年2月28日
スマートフォンから投稿

単純

どしたどしたってくらいつまんなかった
虚しくなった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えぬ

4.0良かったですよ。(成人してる息子がいるオッサンの感想)

玩具堂さん
2022年1月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

これの前に観た「おおかみこどもの雨と雪」が最悪で、期待値が最低だったのが良かったのかもですが、他の方のレビュー見ても「細田守さんの作品は観る人選ぶんだなぁ~」と痛感します。

要は「みんな色々大変だけど、肩の力を抜いて受け入れて少しずつ進めれば「まあまあ幸せ」それで良いじゃん」ってお話。

作品の世界観に浸ろうとしちゃうと矛盾だらけで嫌になっちゃいますので、片手間にぼーっと観流す位が丁度いい気がします。

いきなりお兄ちゃんにさせられたのを受け入れられない駄々っ子くんちゃん(4歳♂)の妄想なので淡水の熱帯魚と海水魚がなんで一緒に泳いでるんだ⁉とか思っちゃ駄目です。

あくまで暇つぶし程度で…。
そう考えるとやっぱり声優さんも含め、細田作品に関わることになった人達ってなんか可哀そう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
玩具堂

3.0なるほどね〜👏

2022年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

予告で強調されていた「未来から来た妹との遭遇」
の話は、実際のところ劇中ではさほどメインではなかった。
他のレビューでも多く指摘されていたが、やはり登場人物とストーリー展開が散漫な印象を受けた。
そして、主人公のくんちゃん🙌
確かに幼児なのである程度の粗暴さは仕方ないとは思うが、だったらなぜ声優でもない成人女優を起用したのかかなり疑問。
可愛くセリフを言っているんだろうけど、少なくとも子供の声ではない。
なので、ただでさえ傍若無人な幼児の駄々が声のせいで可愛らしさはかけらも感じられず、むしろ不快だと思う。
最初から最後まで、主人公の声は違和感しかなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヒックス伍長

3.5源殿の声と麻生御前の声からの萌歌姫

2022年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

スターライトパレードを頭の中で
流しながら、文字を打つ。

昼寝しながら、ぼんやり眺めてみた。
「未來のミライ」
細田守監督の作品は映画館に
足を運ぶようにしているのだが、
この作品は観てない、見てないと思いつつ。
今日見ることが出来た2018年公開作品。
1970年生まれの、2018年は私48歳。
この年を振り返り思い出してみる。

わたしは2022年
今年52歳になる。

わたしは、勿論
役所広司さんも黒木瞳さんも
大好き。
廻る、メグルを振り返り
今に直結ドリーマームービーに
一人お仕事を満喫させてくれました。
ありがとうございます。
大好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
与儀 博文

5.0本当に美しかった

2021年12月22日
スマートフォンから投稿

大好きだった〜〜〜〜〜!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Hipstachio

2.5細田サイケ

2021年10月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
DJ souchou

3.5結構好きなんだけどなぁ

2021年10月30日
iPhoneアプリから投稿

この世界観やっぱりすごいのよね。だからこそ勿体ない。

こんな短いスパンで完成形の作品ができるわけもなく、クオリティもそりゃ下がるよね。

このアイデアを理解してくれる脚本家に任せてたら、とてもいい作品になったのになぁー残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
大粒 まろん

1.5脈絡がなさ過ぎて後半割と苦痛

T€T$Uさん
2021年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

寝られる

文句なく良かった「時かけ」「サマーウォーズ」から「おおかみこども」「バケモノの子」と順調に右肩下がり(個人の感想です)を続ける細田守監督の2018年作品。

ストーリーがなんだろう、脈絡がなさ過ぎて後半割と苦痛だった。
犬が人間になる意味は?まして主人公がその尻尾を自分に付けてケモノ化するのは謎が過ぎて感情が行方不明よ……。
ひな人形の件(くだり)も必要だったかアレ。

それよりもJK未来の魅力を描くことに尺を割くべきだったのでは。
曾祖父のシーンも事前の掘り下げがないのでいまいち入り込めず。

映像は綺麗。ネオ東京駅(適当)にはワクワクした。
とは言え今どきの劇場アニメってみんな綺麗だから群を抜いてと言う程じゃない。
そしてあのホラー要素は子供にはトラウマもんで見せづらい思う。

あとね主人公の声が絶望的に幼児らしくなくて向いてない。
上白石萌歌が悪い訳じゃないんだ。これはキャスティングした奴がクソ。反省してどうぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
T€T$U

3.5子供が小さい頃を思い出して、ほっこりする

たくやさん
2021年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくや

2.035点

2021年9月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

映画評価:35点

なんだか想像と違いました(苦笑)

どうやらテーマは
『家族』
だったみたいでして、

4歳児の目線から見た
様々な世界線旅行の話しです。

確かにって感じる所もありますが、
概ねこの家族に限っての事も多かったと思います。

何でわざわざ時間を作って
この家族の成長や経緯を見させられているのだろうと思ってしまいました。

というのも、
この家族に感情移入が出来ず、
好きになれていなかったのが要因かなと。

そりゃあ、どうみたって
この4歳児が可哀想です。
親の立場からすれば新しくて小さい子は物珍しいし、既存のワガママになりだした4歳児よりも可愛いのかもしれませんが。

いくらなんでも
放っておきすぎだと感じました。
父親は妻が怖くて家事しているって感じで
家族の事を見えていないし、

母親はザ・自己中
私の一番嫌いなタイプです。

おじいちゃん&おばあちゃんはモブキャラだし、

私は好きになれませんでした。

最後にタイトル詐欺とは言いませんが、
未来のミライちゃんは今作に必要なかったです。
ほとんどいなくても良いシーンでしか登場していませんので、そこが一番ガッカリでした。

過去改変物語系と予想していただけに
本当に残念でした。

次回作を期待しております。

【2021.9.18観賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まぁと@名作探検家
「未来のミライ」の作品トップへ