劇場版ポケットモンスター みんなの物語のレビュー・感想・評価

劇場版ポケットモンスター みんなの物語

劇場公開日 2018年7月13日
66件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

みんなの物語だった

ポケモンはサトシやピカチュウが主人公の作品であるけれども、今作は、タイトルの通り、一人一人が主人公の映画になっていました。
サトシ・ピカチュウ以外も活躍するし、登場人物それぞれ抱えている思いに焦点を当てているところが良いと思いました。また、伝説のポケモンのバトルが繰り広げられることは残念ながらありませんでした。しかし、それらが今までとは違うストーリー展開であり、ポケモン映画といっても今までとはスパイスを変えてきたように見えました。

出てくるポケモンは、初期のポケモンたちで、30代の大人の方でも、知っているポケモンたちなので、昔を懐かしんで見ることのできる映画だと思います。幅広い年齢層から支持を受ける作品であることは間違いないです。

まさT
まさTさん / 2018年9月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キミに決めたはすごいよかったのに。。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正直映画館であくびが出てしまいました。。

ポケモンがおまけみたいになっていて、ほとんど新キャラの話。
あまり知りもしない魅力薄なキャラでいきなりそんな身の上話されても、、
嘘つきなおじさんとかほんとどうでもいいのに、めちゃクローズアップされてて謎すぎでした。
また、皆さん言ってますが、複数の新キャラの話をやったため、話が浅くなっていて全く入りこめない!もっとキャラ絞って話を磨いてほしかったです。もしくはリーリエとか人気のキャラにすればよかったものの、、
次回は映画館に見にいくことはないです。

しろねえ
しろねえさん / 2018年8月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今作はまあまあ良かったと思う

今作はまあまあ良かったと思う

Saki
Sakiさん / 2018年8月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポケモン 良かったね〜

久しぶりにポケモン🎞映画を見ました
ポケモン世界観がよく出ている作品でした。

長い間に色々なポケモンが増えましたね 最近では息子とポケモンの話しを良くする事が多くなり 楽しく映画を一見る事ができました。

内容も私が好きなストーリーで所々 涙が溢れる場面もありました。
色々と考えさせられる映画です。

次回のポケモンも是非 鑑賞したいですね❣️

ナナミさん
ナナミさんさん / 2018年8月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い。けど

主要人物は一人、ないしは二人少なくても良かったかも

毛玉ハク※生きる意味を自問する。激レア声劇演者
毛玉ハク※生きる意味を自問する。激レア声劇演者さん / 2018年8月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いや面白いっすわこれ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まず今回の映画、攻めたなあと思うところは
はっきりとした悪役が出ないところ。
いままでのポケモン映画は何かしらの野望を抱いたわかりやすい敵がいたと思う。けど今回はそれがいないわけですよ、強いて言うなら敵は科学の力が招いたアクシデントだったり、みんなの物語ってタイトルの通り、キャラクターが自分自身と向き合ったり。
あれだけ何人もキャラクターがいたわりには全員に感情移入しやすい流れだったところに感心しましたほんと。
どちらかと言うと子供向けのアニメだけれど、しっかり楽しめました21歳。何度も言いますが子供向けのアニメで明確な敵を作らなかったのは攻めてると思いますしそれでも面白かったのでそこは最高でしたね!!

マイナス点は二つ三つほど、、
まずルギアが薄い!!存在感ほぼなし笑 初めて好きになったポケモンがルギアだっただけに、少し残念でした笑
あとリサ?が山を下るシーン、演出なのはわかります、分かりますが靴ぬいで山道走るのはアホとしか思えない笑
最後に主題歌、、ポルノグラフィティは好きですよ、好きなんです、が、印象に残りませんでしたなぜか、、、ポケモンの主題歌はいつも耳に残るのでなんでかなーって感じです

まあなんにせよ結論とてもたのしめました!来年は彼が帰ってくるとのこと。たのしみにしておきます!

ha〆
ha〆さん / 2018年8月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさか24歳にもなってポケモンで泣くとは思わなかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ぼくがこの映画を見て思ったことは以下の3点。

・登場人物の過去のストーリーとそれを乗り越えようとしているときにぐっと感情移入して、泣いてしまった
・ゼラオラの人間らしいところが好き。
・人それぞれにストーリーがあるというメッセージ性がいい

ポケモン映画といえば、伝説のポケモンが悪い奴につかまって利用されて、それと戦って助けるイメージが強いですが、今回は少し毛色が違いました。ぼくはストーリーに深みがある今回の作品の方が好きです。

特に元陸上部で走るのが怖くなったリサの気持ちに自分の過去がリンクして超感情移入してしまい、泣いてしまいました。自分でもこんなことになるとはびっくりです。

昔ポケモンにはまっていたときのことを思い出してみたりして、楽しく見れた映画でした。やはり僕の青春です。

リュックサッカーけい
リュックサッカーけいさん / 2018年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポケモンがかわいい、に尽きる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

イーブイがかわいすぎる。

山火事とかロケット団への対応とか
相変わらずサトシの体を張ったバトルとか
恥ずかしいセリフとか
いろいろ不思議なところはあるけど

バンギラスさえも愛しく思える。

ウソッキーが名脇役。
トゲピーもカスミを思わせるし
昔からのファンにはたまらない。

声優もみんなぴったりでした☆

おおお
おおおさん / 2018年8月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゼラオラじゃなくても良くないか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

かなり微妙でした。前半は割と良かったけど、後半の話の持って行き方が少し強引。

評価点
作画はよかった。ケルディオと違ってきちんと映画として成立していたし、話の辻褄はあっていた。イーブイがかわいい。登場人物のキャラがしっかりと立っており、話の中で見せている。

不満点
ゼラオラを出す必要性が全くない。ゼラオラを別のポケモンに置き換えてもストーリーが成立してしまう。ポケモンの個性がストーリーにほとんど生かされておらず、出しただけという感じになっておりポケモンの世界を楽しむことを期待していたので残念だった。先述したキャラに張られた伏線も放置され気味。これポケモンでやる必要あるの……?

映画本編よりも一番最後の次回予告の方がワクワクしました。

響音カゲ
響音カゲさん / 2018年8月10日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子供たちと観賞

昨年から続くTVアニメとは異なるオリジナルストーリーですが、中々楽しめました。
7才、10才の子供と観賞しましたが、大人とは違った感想が聞け、それも面白かったです。10才の娘の方は、前作よりも感情移入出来たようです。
登場したキャラクター達も作画も子供たちに好評でした。人物だけではなく、ポケモンも中々良い役割を果たしていました。終幕直後の「まさかこんなにウソッキーが好きになるとは...」との子供たちの感想が印象的でした。

20年を越えてから路線を変更してくると、どの世代からも好評を得るのは難しいと思いますが、子供たちの様子を見ると今の路線で間違っていないと思います。

raipon
raiponさん / 2018年8月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

伝えたいこと、やりたいことは明確で良いが表現不足 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

湯山さんから監督が交代したが、昨年と同じくTV版の流れを汲まない物語。

サブタイトルにもある通り、まさにみんなの物語。

老若男女いろんな人とのポケモンの関わりや思いを描き、今度発売されるゲーム版やポケモン GOとも通ずるものがあるように思う。

どうしても最新作の伝説ポケモンを描がなければいけない過去作品と違い、あくまでポケモンを含んだヒューマンストーリー。
目が潤んだ瞬間はいくつもあった。

しかし、あくまで表現として稚拙な部分が多い。

出てくるキャラクター全ての描写が甘く、少ない。

まるで感動させる為に取ってつけたような過去や設定。

繋がりは薄く、淡々と起こるイベントに急かされる。

リサが走れないシーンがあと1つあれば、カガチの嘘への嘆きもあと1つ、ヒスイの過去への布石は山火事のシーンやゼラオラのシーンで幾らでもみせられるはずなのに、、

リサが陸上に復帰したとか、カガチが姪に本音で話したとか、ヒスイがポケモンと関わるようになったとか、あったかどうかは別として、事件の後がむしろ大切に感じたが、特に描写無し。

単純に時間が足りなかったのだろう、引き算が足りずごちゃごちゃした映画だった。

これからの映画シリーズはTV版とはかけ離し、このスタイルを貫くのだろうか。
個人的にはそれも良いと思うが、それだとピカチュウ一匹しか使えないのが物悲しい。

まんじゅう屋
まんじゅう屋さん / 2018年8月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

懐古である人ほど合わないかも

新しいポケモン映画の始まりだと感じた。
伝説ポケモン出しときゃいいだろ映画じゃなくなって良かった。

とあるレビューで見かけた
>若手の監督に一言言いたいけど、ポケモンのアニメ又は映画観た事有るの?
→アニポケXYシリーズの監督をやっておりましたし、映画はココ最近、副監督をやられていました。その位は調べましょう。

懐古である人ほど、受け付けないかも。
ポケモンはこうでなくちゃダメという固定概念がある限り、今後の映画は受け付けられないだろう。だが、今の路線で良い。

はなくそ
はなくそさん / 2018年8月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポケモン映画は世代も幅広い視点で描かれた

湯山監督作品は、「ポケモンが主役」路線だった(伝説ポケモンがよく喋ってしまうところが象徴している)
子供のみをターゲットにしていれば、問題ないのだろう。伝説ポケモンが配布されれば子供は万々歳。
一方であまりにざるな脚本、メッセッジ性もない作品にポケモン世代の大人は辟易としていた。ミュウツーの逆襲やセレビィなどはそれでも個人的には名作といっても良い。最初の頃は良かった。(世代感もあるだろうが)

今回の作品はそれを挽回してきた。ポケモンユーザーは幅広い世代になってきたという視点で、世代も幅広い登場人物が活躍する。「人とポケモンが主役」の見事な路線転換をみせてくれた。

しかしながら、若干消化不良にも陥った。登場人物が多すぎて、物語の運びに無理矢理な部分もまだまだ多い。

簡単な解決方法は、単純に尺を伸ばせば良い。時間だけはこれまでの路線を保ったのがもったいなかった。
ジブリなどにもっと習って、中身にこだわった長編ポケモン映画をこれからもっと作っていって欲しい。

しゆ
しゆさん / 2018年8月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今年の邦画アニメは、ダメ作連発

これほど、つまらない映画はあったのか。

去年から、個人的につまらなくなって来たポケモンだけど、これほど、つまらなかったポケモン映画は、観た事無いわ。

サトシの作画、あれ何?
そんで、ゲストキャラの多さ。
人間関係の内容だったら、そもそもポケモンでやる必要有るか。
マンネリ化していた、伝説ポケモンやバトル中心だった、ポケモンが、それを短縮して急に人間関係の内容に変更って・・・・・・・

そーゆう内容だったら、つまらなく退屈するわ。
ホンマ、退屈の2時間だったわ。

主題歌のポルノグラフィティの主題歌も、
ポケモンと合ってないし。
ポケモンと噛み合って無いし。

伝説ポケモンの、ルギアの対応もゴミ対応だし。

今回の監督って、湯山氏じゃないよね。

若手の監督だよね。
若手の監督に一言言いたいけど、ポケモンのアニメ又は映画観た事有るの?
こんな、つまらない作品つくるな。

個人的に意見だけど、
毎年制作しているせいか、作り方もマンネリ化しているわ。
1年~2年ぐらい制作休止したら?

来年は、1作目のリメイク見たいだけど、
今年観たいに、サトシの作画やら人間関係の内容だったら、観ないわ。

こんな、つまらない作品制作するな。

great
greatさん / 2018年8月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポケモン映画ではなく映画として

前作で一区切りとなったポケモン映画。
今作においてこれまでは「ポケモン映画」から脱却し「映画」としてリスタートを切ったと言っていいだろう。
まずはこの勇気ある決断をとった監督をはじめとする制作スタッフ、スポンサーの方々に敬意を表したい。

幕が開き物語が進むにつれて、一体何が起こっているのか理解することができなかった。
なぜならポケモンという強力なキャラクターに頼り、独りよがりともいえる観念的な映画ばかりだったこのシリーズが、あまりに映画的な脚本のうえで進行していったからだ。
私は鑑賞中にロバート・アルトマンの名を思い起こしたことを否定しない。
スクリーンではよくできたオーソドックスな群像劇が奇妙なキャラクターをパートナーとして展開されていた。
そして物語終盤、私は理解する。
前作までは「ポケモンを産みの親たち」の作品であり、今作は「ポケモンに育てられた子どもたち」の作品であることを。
彼らはポケモンを商業的な映画のなかで消費することはなく、ひとつの文化、いやパートナーとして映画のなかで表現したのだ。
私は映画の内容はもとより、その姿勢に感動し涙を止めることをができなかった。

想像するに非常に厳しい環境のなかでの制作だったのではないだろうか。
そのプレッシャーのなかでこのような映画を作り上げたことを誇って欲しい。
そしてこの気概が三年、五年と続いていったとき、世界はもう一度ポケモンを映画のなかで発見することになるだろう。

最後にその他レビューを
・作画が貧弱でアニメーションの醍醐味が気迫。
そのためか演出が弱く感じた。
制作費の問題かもしれないが、この点は過去の作品のよい部分を取り込んで欲しいと思う。
・声優陣はどなたも素晴らしかった。
ゲスト声優もなくリズムが崩れることもなかった。
これからも映画である以上、この体制で望んでほしい。
・エンディング曲もタイアップの取ってつけたような楽曲ではなく実力のあるバンドが映画を理解して作り出したもので好感がもてた。

以上です。
素晴らしい時間をありがとう。

クロクヌレ
クロクヌレさん / 2018年8月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一風変わったポケモン映画

ポケモン映画と言えば、悪役・伝説のポケモン・よくわからないハイテクメカがそろい、終盤に入ろうかというところでサトシがピカチュウか伝説のポケモンの名前を叫ぶ印象がある。多分、間違っていないし、同じイメージを抱いているひとはおおいのではないだろうか。
この映画はそんな「今までのポケモン映画」から脱却し、ドラマ…人間ドラマならぬポケモンドラマを描いている。この映画では今まで以上にポケモンの存在が人間の文明にしっかりと根を張り、人間とポケモンの関係、絆が強く前面に出されている。人間はポケモンに助けてもらう。そしてポケモンも人間の助けを借りる。
ポケモンはバトルするための道具ではなく、一緒に暮らす仲間である。そんなメッセージを受け取ったような気がする。ずっとこんな映画を観たかったのかもしれない。

ただ、これといった悪役がいないので、迫力あるアクションやポケモンバトルはほぼない。もちろんよくわからないメカもない。まあ、伝説のポケモンはルギアとゼラオラが出てくる。ルギアは申し訳程度だけれど。
ところで、ルギアと言えば映画第二作「ルギア爆誕」。この映画のアクションは結構好きで、ロケット団がそりを操り大爆走するシーンは特に好きだ。躍動感もあり、ロケット団の「ラブリーチャーミーな敵役」としても最高の見せ場でもある。そして最後に「いい感じー!」で終わる。
こういうのは、ない。この映画は子供が観て「面白かった!」というよりも、ポケモンと一緒に育ってきた大人が観て「俺もポケモンが欲しくなった」という映画なのではないだろうか。少なくともルギア爆誕で心躍らせていた幼いころの俺が観たらつまらないといっただろうと思う。

誰かが頑張って、それが報われて、最後にみんなで喜び合えるなので、子供にも楽しんでほしいけれどね。

サブレ
サブレさん / 2018年8月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポケモン進化したな、お決まりパターン脱却

公開されて数週間で数回見てきた。

今までのポケモン映画にはない
・サトシ以外のキャラが活躍
・ポケモン目線だけでなく、トレーナー目線でも描かれる
・伝えたいことが単純明快
などと、ポケモン映画が進化しているように思える。

特に近年は、
「行ってみなきゃ分からない」「やってみなきゃ始まらない」というメッセージ性あるサトシの言葉があるのも良い。

げんきタイプ
げんきタイプさん / 2018年8月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ポケモン退化だぞ

前半の夏映画をあらかた見つくしたので、10数年ぶりにポケモン映画を見て見た。きっとかなり進化しているんだろう期待していたが、全く昔のままかえってストーリーなんかは退化しているんじゃないだろうか。もう今なら3Dアニメになっていてもおかしくないのに今だにほぼ手書きアニメ、そんなに金をかけたくないのだろうけれど、それでは衰退するばかりだ、後はハリウッドに任せたということか、それではあまりにも情けないしハリウッド映画も最近はそれほど期待できないぞ。

kouhei1813
kouhei1813さん / 2018年8月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かったよ

子供に連れられてきました。
でもとてもいい映画でした。子供に向けたメッセージもよくわかり、よかった。
ポケモンgo の馴染みのキャラがたくさんもよかった。

とね
とねさん / 2018年8月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キミにきめたを踏まえて

前作があまりに素晴らしく、挑戦的な作品だったからこそ、よくここまで頑張ったなと。これまでのポケモン…首藤さんの作り上げたポケモンと決別し、新たな作品としての一歩がこの作品なら、ここまでのポケモンにあった良さと向かっていきたい方向性がよく示されていたと思います。

ストーリーは、ちょっと笑ってしまうほどみんなが前向きでポジティブだったけれど、これからのポケモンはこうなのかなと。
サトシの向こう見ずさはいつも通りで、ピカチュウがいつも以上にかっこよかったな。

桜井杏奈
桜井杏奈さん / 2018年7月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

66件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi