触手
ホーム > 作品情報 > 映画「触手」
メニュー

触手

劇場公開日

解説

「エリ」でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したメキシコのアマト・エスカランテ監督が、 「究極の快楽」をもたらす怪物の恐怖を描いたSFエロティックスリラー。美しい映像や独特の世界観などが各国の映画祭で話題を集め、2016年・第73回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した。アレハンドラは夫アンヘルのDVに悩まされながら、精神的に不安定な2人の幼子を必死に育てていた。しかもアンヘルは、アレハンドラの弟ファビアンと密かに肉体関係を結んでいる。そんなある日、アレハンドラはファビアンの友人である不思議な少女ベロニカと知り合い、森の奥の薄暗い屋敷に案内される。そこにいたのは、軟体動物のような触手を持つ巨大なクリーチャーだった……。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品。

作品データ

原題 La region salvaje
製作年 2016年
製作国 メキシコ・デンマーク・フランス・ドイツ・ノルウェー・スイス合作
配給 ウォーターメロン・カンパニー
上映時間 98分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第73回 ベネチア国際映画祭(2016年)

受賞
銀獅子賞(最優秀監督賞) アマト・エスカランテ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全3件)
  • なかなか 面白い。エロさはそうでもないです。 性欲に翻弄される人間を「触手」に象徴させて描く。 ...続きを読む

    SUZUKI TOMONORI SUZUKI TOMONORIさん  2018年4月17日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 日本のエロ漫画重要ジャンル ネタバレ! いわゆる『触手モノ』と呼ばれるジャンルであるが、古くは葛飾北斎の作品でもあるように蛸の足が女体をまさぐるという性戯は、古今東西、どの国にもあるようで、今作品はメキシコ映画である。内容は、宇宙から... ...続きを読む

    いぱねま いぱねまさん  2018年3月16日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 紙一重の抱擁 人々を快楽の虜にするが油断すると死をもたらす「それ」にハマった女達の話。 冒頭で触手の先っぽが快楽と大怪我をもたらす様子をみせられて、全体像を映すシーンはあるものの、それ以上謎めいた正体に迫る描... ...続きを読む

    Bacchus Bacchusさん  2018年3月12日  評価:1.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi