君の名前で僕を呼んでのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで

劇場公開日 2018年4月27日
224件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

透き通るような感情とピアノ音に満ちた追想の響き

アカデミー賞で話題を呼んだ本作は、一人の少年の一夏の気づきと、その気持ちと素直に向き合うまでを描いた、透き通るようなラブストーリーだった。主演俳優の恐れを知らぬ演技、それをまた相手への興味、関心、愛情、嫉妬など全ての感情を混ぜ合わせたかのような表情と仕草とで具現化していく演出。何よりも冒頭、途端に春風のようなピアノが鳴り響き、鮮烈なギリシア彫刻が映し出されていく様に魅了されない人がいるだろうか。本作のサウンドトラックに坂本龍一の楽曲が使用されていたのも嬉しい驚きだったが、少年の思いがいつしか歌となって響き始める下りはあまりの美しさに涙してしまうほど感動した。もしかするとこれらの楽曲は大人になった少年から過去の自分への追想曲だったのではないか。そしていつしか、父親が息子へと言葉を伝える場面も胸に沁みた。本作はかくも宝石のような瞬間の連続で出来ている。世界で多くの観客を釘付けにしたのも納得だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 13 件)

画面を占拠する風景と音に身を委ねて欲しい!

17歳の少年、エリオと年上の青年、オリバーのプラトニックではない肉体関係も含めた狂おしい恋を描きながら、それが、なぜだか少しも衝撃的というか、スキャンダラスな感じがしないところに、この映画の良さがあると思う。それは恐らく、ところどころコミカルに映る男たちの行為が、2人の奔放なバカンスが、北イタリアの気温と湿度をまるこど取り込んだようなロケーションと、風の音や水のせせらぎ、そして、町の静寂すらも効果音として生かした録音によって、すべてを風景の1つとしてとらえた監督、ルカ・グァダニーノの手腕だろう。「ミラノ、愛に生きる」の山荘での燃えるようなセックス、「胸騒ぎのシチリア」でのごつごつした岩場の散策、等々、思えばグァダニーノ作品では常に風景が物語そのものを先導して来たのだった。なので、是非この映画に関するあらゆる先入観を一旦ディレートして、画面全体を占拠する風景と音に身を委ねて欲しい。結果としての感動は、必ずその後にやって来るはずだから。

MP
MPさん / 2018年4月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

Call me by your nameではないんだよ、Call ...

Call me by your nameではないんだよ、Call you by your nameなんだね。
だから、僕がいなくても大丈夫。君は君だ。ほら、大切な誰かが君の名前を呼んでいる。

riric
riricさん / 2019年4月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観たいと思いながら、見逃していた作品。原作とは違う脚本だと知り、ま...

観たいと思いながら、見逃していた作品。原作とは違う脚本だと知り、まずは原作を読んでDVDで鑑賞した。監督の言う北イタリアで出会った2人のドキュメンタリーという作風そのままで あの2人が其処に居るかのように感じた。
何処を切り取っても、美しい。バックに流れる音楽も美しい。演者達も皆美しい。原作(英語版)も読んで良かったと思える作品だった。

伊都子
伊都子さん / 2019年4月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

切ないけど眩しくて綺麗 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

17歳男子と24歳男子がひと夏の恋をする話。

自分が男ということもあって
抵抗感もありながら観ました。

が、感情をぶんぶん揺さぶられる、
素敵なラブストーリーに出会えた!

イタリアの避暑地を舞台とした
のほほんとした日常、
劇中奏でられるピアノの音色、
ティモシーくんの無邪気なしぐさ、
映像全てが眩しくて綺麗だった。

劇中のティモシーくんに感情移入して
なんでアーミーそんなことするの!!からの
あーーーーアーミー大好き!!!!のコンボ。
ラブストーリーとして最高の展開。

タイトルのとおり2人はお互いのことを
自分の名前で呼びます。
おかしい、だから何?って最初思ってました。
相手の名前を愛情を持って伝えるのって
少し恥ずかしい気がするんですけど(日本人)、
自分の名前なら何の恥もなく相手に愛をたくさん
伝えられるし他人との差別化を図れるところが
とてもいいなと思いました。

そしてラストの切なさ。
切ないけど、
電話越しのアーミーが発した
「オリヴァァァ、、、」の破壊力。
2人の愛は確かにあったんだと号泣。

とてもいい映画でしたが見終わった後は
桃の見え方が変わるので
桃が大好きな方は要注意です。笑

マスノブ
マスノブさん / 2019年3月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

同性愛の普遍性と特殊性、古代ギリシャの風習に基づく限りある恋(個人的な解釈) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何一つ、忘れない。
いや何一つ、忘れられない。

普遍的なラブストーリーとしての見解。
二人の関係に着目してみる。最初は自分と正反対のオリバーに反感を持っていたエリオだったが次第に惹かれ合っていく。人間は自分と違う物に魅力を感じることが多々ある。よってこのパターンはラブストーリーの典型になっている。同性愛である事はこの点において特に意味をなさない。
次に作品の重要なテーマにもなっている古代ギリシャの思想を交えて考察する。
古代ギリシャにおいては少年と成人男性のカップルは珍しいものではなかった。むしろ少年にとっては元服のようなものだったとも聞く。同性カップルが行ったのはスポーツ、水浴、マッサージ。まさにエリオとオリバーがしていたことである。ここからは同性愛でなくては語れない話が出てくる。
エリオは容姿も性格も繊細な少年である。彼の存在に違和感を感じた人もいるかもしれないが、それは仕方ない。エリオは少年という肩書のまま男性性を否定しているキャラクターなのだ。これは前述の古代ギリシャの恋愛で説明できる。エリオは成人になるための通過儀礼を行っている。その期間は成人男性(オリバー)に対する女性性を纏わなければならない。つまり一時的に女形?になるのである。作中では髭を剃ったり体毛を気にするエリオの姿が見られるのはそういう訳である。
同性愛という儀式によって少年が大人になるのだとすれば、逆に少年が成熟すると儀式は終わるのである。
オリバーのことを愛してしまったエリオはその関係が終わること、つまり大人になることを拒否しているようにも見える。先ほど挙げた毛の話にも言えるし、桃のシーンを思い出して欲しい。穴を空けられるほど柔らかく熟れた桃はあたかもエリオの成熟を象徴しているようにも見える。それをオリバーが食べることはエリオの成人を認めることになるのではないだろうか?だからこそあの時エリオは必死だったのではないだろうか?
最後にタイトルについての推測。
プラトンはこう考えた。
かつて男女両性を有する一人の存在がいて、神がそれらを切断して二人にしてしまったのだと。
だから男は女に、女は男に惹かれるのだと。
しかし同性同士で一つの存在になっていた場合もあるそうだ。それで同性愛者がいるのである、と。
情熱的に愛し合うエリオとオリバーは確かにかつて1つの魂を共有していたかのようでもある。

もともとは一緒だった。
神の気まぐれで離れ離れになっただけ。
君は僕であり、僕は君である。
だから君の名前で僕を呼んで…

*あとがき*
昨年の今頃、飛行機で初めて観た作品です。機内パンフレットが間違っていて「オリバー君がエリオちゃんと出会います」みたいなあらすじになっていました。しかも英語・日本語字幕がなく「艾力奥…奥利弗!」と中国語字幕で観るしかなく焦りました。しかしそれも良い思い出です。
LGBT映画は好きですが、『君の名前で僕を呼んで』をただのゲイ映画だとは紹介したくありません。
原作は同性愛者差別が問題になった80年代後半であるのに監督はわざと時期をそらしました。それに何の意図があるのか?社会問題から離れた1つの芸術にしたかったのではないかと思います。それがこの映画と他のゲイロマンスとの決定的な違いなのでは?と。つまり冒頭の「普遍性」がカギですね^^
いやあ、元・文学青年ですので書いていて楽しかったです。『ボヘミアン・ラプソディ』以来の長文レビューとなりました。
追記:古代ギリシアの文化に対をなすような形で登場するのがユダヤ教の考えである。ユダヤ教では男性の同性愛は罪だとされる。蝿(聖書において背徳の象徴)がたくさん登場するのもそれを揶揄しているように取れる。
たとえ両親がよき理解者であってもエリオは罪の意識を持っていたのかも知れない。
自身の信仰を破り身を任せた恋。やはり何一つ忘れられないだろう。

bassman(もうすぐ活動休止)
bassman(もうすぐ活動休止)さん / 2019年3月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

父親の言葉

青年になろうとしている17歳の少年のひと夏の恋の物語
その相手は、大学教授の父が招いた大学院生である24歳の青年

同性への想いを描いているけれど、そこを強く押し出してはこない
そこには避暑地のイタリアののどかな夏の風景と、主人公の弾くピアノの音色が優しく添えられていて、相手が同性なだけ
そんな風に思える描き方が、好ましかった

まだ恋にならない想いのかけらのような予感から、恋の始まり、そして終わりまで
凝縮された時間がそこにある

何より心に残ったのは、主人公の父親の言葉
大切な言葉が、そこにはある
同性に想いを抱く我が子を前に、そして、大人になろうとしている我が子を前に、心のこもった、愛情に満ちた、かけがえのない言葉たちが、息子に伝えられていく
その雰囲気と内容に、感受性が揺さぶられて、思わず涙がこぼれた

この作品の素晴らしさは、この父と、母、両親の存在もあると思う

心に優しい映画を観たな、としみじみ思う余韻が残った

yukarin
yukarinさん / 2019年3月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

思わずため息をつく綺麗な作品

この作品は起承転結があまり激しくはありませんが、幼い頃誰もが経験したことのあるような、大人への初恋、そして失恋が日記のように映し出されており見終わったら満足感でいっぱいになります。、、ただ最初に言ったようにずっとテンポが同じで時間も長いため家で見たら止めてしまうかもしれないです、、

たな
たなさん / 2019年3月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ゆったりとした作品

北イタリアの夏、少年から青年へと成長していくエリオの淡い恋心を描いた作品。

ゆったりとした時間が流れていてよかったです。

エリオの家族の温かいまなざしも素敵だった。

こもえ
こもえさん / 2019年3月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

まー期待どおりキレイ。 エリオのほうは息子のようでエロい目で見られ...

まー期待どおりキレイ。

エリオのほうは息子のようでエロい目で見られないけど、オリヴァーには惚れ惚れ。
いろいろキレイすぎて動揺せずに済んでしまった。
これがもっと生臭い俳優でやられたらしんどかったな。

エリオ父のラストの語りが、素晴らしいけどちょっとやり過ぎじゃないかい?
キレイを堪能する作品だから良いんだけどさ。

まるぼに
まるぼにさん / 2019年3月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

美しい…

美しい映画でした。
イタリアの田舎町でのひと夏の恋を描いた映画ですが、全体に漂う耽美な雰囲気と風景のすばらしさ、搭乗するキャラクターの魅力が相まって、充実した穏やかな気分になれます。

日本で生まれ育って、海外旅行も1回しかしたことのない自分にとって、この映画が映し出す情景や空気感は、もはや絵画の世界といっても過言でないくらい。
官能的だなぁ…、地中海沿い国々ってなんか快楽主義的というか、欲望に忠実というか、そんなイメージがありますが、そのイメージにピッタリの映画でした。

冬に情景が移り変わった時のBGMはラヴェルの「マ・メール・ロワ」の妖精の国の音楽でしたね。
本当に美しい、息をのむような情景でした。最高。

続編があるとのことで、楽しみです。
エリオ、オリヴァーが大変セクシーでした。

ジュン
ジュンさん / 2019年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

後光が差す美しさ

1980年代のイタリアを舞台に17歳の少年エリオと24歳の青年オリヴァー2人の激しくも切ない一夏の恋を描いた作品。

今作に関してはもう一度見返して詳しく語りたいが、とにかく何もかもが光り輝いていて美しかった。
主演の2人はもちろん風景や水の反射や街並み、暗闇の中でシルエットでさえも素晴らしく感じた。
また132分という長尺の中で少しずつ少しずつ自分の気持ちを抑え切れなくなっていくエリオとオリヴァーをじっくり時間をかけて描く贅沢な演出が尚更の美しさを出していたと思う。

内容的にもそうだが結構ストレートな映像描写もあって、ある意味過激な内容だが、全くの苦手要素ではなく意外なほど自分の中で秀作として刻まれたと思う。
特にラストシーンの焚き火を眺めながら涙するエリオをバックに流れ出すエンドロールが素晴らしかった。BGMが焚き火の音のみというのもまた良い演出。
噂されている続編のタイミングでゆっくりじっくりもう一度見返したい。

オレ
オレさん / 2019年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すっかりハマってしまった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

綺麗な音楽と景色や夏にイケメン2人。
素晴らしい雰囲気の作品に浸ってしまった。
そして、様々な愛にも。
愛、夏、青春、思春期、音楽が素晴らしいです。
綺麗に描かれてるので、先入観を持って観ると
ある種の期待は裏切られるかもしれないけれど
原作が気になって作者を調べて他の彼の作品も
映像化はされてないみたいなので読んでみたい。
あぁ夏の青春って素晴らしい…

みきねこ
みきねこさん / 2019年3月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ひと夏の恋

コタイタリアの避暑地にやってきた高校生の主人公は、父が招いたアメリカの大学院生の青年と出会う。
二人は恋におちるが、どうしようもなく別れがやってくる。
切ない話だ。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2019年2月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

美しい風景に2人の恋愛感情が見事に完全に溶け込んでいる純粋なラブス...

美しい風景に2人の恋愛感情が見事に完全に溶け込んでいる純粋なラブストーリー。最後の父親の言葉も温かい。ハマーの低音の声が心地よく魅力的だった。

tsumu miki
tsumu mikiさん / 2019年2月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

美しい

景色も美しい、俳優も美しい、音楽も美しい。
最後の父親の言葉や、話題のラストショットは確かに見応えあった。
でも、だからどうした、が拭えなかった。
たぶん見たかったのは、この先の話やった気がする。

あずき
あずきさん / 2019年2月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2人のやり取りが面白い

君の名前で僕を呼ぶ事は
その呼んでいた相手を記憶する

アピールするが「自分」には興味ないのかと判断し大人な対応をするオリバー。

素直になれず接し方がわからなくて逆に嫌な態度を取ってしまう若いエリオ。

2人のやり取りが面白かった。

ピアノやギターの挿入曲がまた最高に合ってて良かった!

H1DE!
H1DE!さん / 2019年2月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最高でした

最高です。17歳の少年エリオと24歳の青年オリヴァー。二人が織りなす繊細な恋がとても愛おしかったです。ピアノの音色や美しい風景、それらにつられ二人の登場人物もこれまた繊細でみているだけで心動かされました。
同性愛の作品ではあるものの、この映画は誰でもみて欲しい作品です。この二人はゲイではありませんし、もう細胞レベルで愛し合った二人なんだな…と思うと胸が痛いです泣
いろいろな方の考察だったり、劇中に出てくる曲の歌詞を見たりするとこの映画がより一層と濃くなり、二人がより愛おしく見えてきます。
ボーイズラブが好きな方は特にお勧めします

おちゃ
おちゃさん / 2019年2月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分に抵抗がないからか、ところどころ好みじゃないAVを見せつけられ...

自分に抵抗がないからか、ところどころ好みじゃないAVを見せつけられてる感じだった。(好きなシーンもいくつかあった)

好きなところ
・ピアノの音楽

あまり好きじゃないところ
・やたら彩度の高い画面
・同性愛の描写が結構キツかった

コーヒー
コーヒーさん / 2019年1月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「じゃあ、後で・・(later)」と「知って欲しいから・・」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「君の名前で僕を呼んで」(ルカ・グァダニーノ監督)から。
同性愛の映画という枠にはめず、作品を鑑賞すると、
ラブストーリーとしては、物足りなさを感じてしまう展開だった。
やはり「17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方」
そんな男性同士の恋愛が、話題を呼んだのかもしれない。
ゲイ、レズビアンを始めとする「LGBT」とはちょっと違う感覚が、
作品全体を包み込んでいる気さえした。
どちらが「男役?」「女役?」という視点で鑑賞してしまった私にも、
問題があるのかも知れない。
作品中のメモでは「じゃあ、後で・・(later)」というフレーズと
「知って欲しいから・・」というフレーズが何度も登場したので、
この辺りが、作品のキーワードなのかも知れないが、
最後の最後まで、男性同士の恋愛を描くことで、
監督は、なにを私たちに伝えたかったのか、わからなかった。
それよりも私が気になったのは「製作国」の組み合わせ、
「イタリア・フランス・ブラジル・アメリカ合作」
4国合作で、何を訴えたかったのだろうか。う~ん、わからない。

shimo
shimoさん / 2019年1月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

224件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報