恋とボルバキア

劇場公開日

  • 予告編を見る
恋とボルバキア
10%
20%
40%
20%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

セルフドキュメンタリー「アヒルの子」でデビューした小野さやか監督が、セクシャルマイノリティの人々をテーマに撮り上げたドキュメンタリー。トランスジェンダー、レズビアン、女装者など8人のセクシャルマイノリティたちの恋愛模様、日常を追い、彼らの姿を通して曖昧で混沌とした性や恋、人によってさまざまな夢、幸せのかたち、生きづらさなどを描き出していく。タイトルの「ボルバキア」は宿主を性転換させる共生バクテリアの一種。プロデュースは佐村河内守を追った森達也監督の「FAKE」、坂本龍一を追った「Ryuichi Sakamoto: CODA」などを手がけた橋本佳子。

2017年製作/94分/日本
配給:東風

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2017「恋とボルバキア」製作委員会

映画レビュー

5.0性自認の揺らぎを自然に捉えた見事さ

ローチさん
2018年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

LGBTという、性的マイノリティを指す用語が一般化し、生の多様な側面が社会にも浸透しつつあることは間違いない。

しかし、ゲイでもトランスジェンダーでもそうしたカテゴライズ自体に残酷な側面があることを忘れてはいけない。カテゴライズとは線を引くということに他ならない。線を引けば、かならずそこからあぶれる人々がいる。男/女の2つしかない時代にどちらにも入れない人々をLGBTというカテゴライズは吸収したろうが、今度はLGBTに入れる人は誰か、という話になる。

この映画はそうした線引きの誘惑を退けている。そもそも性自認はストレートであれ、少数志向なものであれ、固定的なものではなく曖昧で流動的なものだということを、この映画のカメラは実に自然に捉えている。

化粧男子の魅夜は店を畳んだ理由に、従業員たちの「トランスジェンダーはこうあるべきだ論」に疲れたからと吐露する。

男と女の2種類からLGBTが加わり6種類になったのではなく、一人ひとりが何にもカテゴライズされない「人間」であるべきだ。

この映画のカメラは静かに優しくそれを伝えてくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ローチ

3.0いろんな人がいる

2019年12月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

トランスジェンダー、レズビアン、女装愛好者など性的なマイノリティ8人を取材、こんがらかった恋愛事情を見せてくれる。
男女の関係とは異なり、闇鍋みたいな感じで、その大変さに同情してしまう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

1.5側面の側面

ススギさん
2018年1月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ススギ

2.0洞察力と社会性を欠いた凡作

ryomaさん
2018年1月24日
iPhoneアプリから投稿

申し訳ないがつまらない。一体監督の興味はどこに向かっていたのだろう?今この時代にあってなお、「オカマ」への下世話な好奇心だけでレンズを向け続けているように思えてしまった。まるで昭和の時代のような。
その理由の一端は、LGBTがこれだけ認知度を高め、当事者の発信力も強くなっている今の時代・社会性が描かれていないためのように思える。監督の個人的な好奇心だけで突き進んだ結果が、「同性愛者の恋愛話」という、言葉は悪いが狭く下世話で陳腐な内容に終始させてしまったのではないか。
前作でも感じたが、監督は社会と向き合う視野を持っと広めた方が良いのではないだろうか。あくまでもセルフドキュメンタリーという私的映画を探求するならば、これ以上意見は言うまい。
星二つは、自分の興味を最も大切にして創作する、監督の行動力への賛辞である。同じ映像制作者として、その点には最大限の敬意を表する。尊敬に値する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ryoma
すべての映画レビューを見る(全5件)