ヴィクトリア女王 最期の秘密

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ヴィクトリア女王 最期の秘密
12%
61%
20%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「あなたを抱きしめる日まで」のジュディ・デンチとスティーブン・フリアーズ監督が再びタッグを組み、英国女王とインド人使者の交流を描いたドラマ。1887年、ビクトリア女王の在位50周年記念式典。記念硬貨の贈呈役に選ばれたアブドゥルは、英領インドからイギリスへとやってくる。最愛の夫と従僕を亡くした孤独から心を閉ざした女王ビクトリアは、王室のしきたりなどにも臆することなく、まっすぐな笑顔を向けるアブドゥルに心を開き、2人の間には身分や年齢なども超越した深い絆が芽生えていく。そんな女王とアブドゥルをこころよく思わない周囲の人びとが2人を引き離そうと動き出し、やがて英国王室を揺るがす大騒動へと発展してしまう。デンチが1997年の「Queen Victoria 至上の恋」に続き、2度目のビクトリア女王役を演じ、ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネート。「きっと、うまくいく」のアリ・ファザルがアブドゥル役を演じる。

2017年製作/112分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:Victoria and Abdul
配給:ビターズ・エンド、パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート

衣装デザイン賞 コンソラータ・ボイル
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ジュディ・デンチ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2018 Focus Features. A Comcast Company.

映画レビュー

4.0二人の経緯に満ちた異文化交流を卓越したタッチで描く

2019年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

楽しい

『リトル・ダンサー』のリー・ホールが脚本を手がけ、『クイーン』のフリアーズが監督を務めただけあり、本作は職人芸ともいうべき物語と映像の滑らかな連続が観る者を惹きつける。特に冒頭、主人公がインドから英国へと渡り、さらに女王との出会いを果たす経緯など、描かねばならない場面は盛りだくさん。それでも作り手は驚くほどの手際の良さで、観客を物語の内部へすーっといざなっていく。この筆致には本当に驚かされた。

インド統治下のヴィクトリア時代、誰もが階級下の者、ましてや統治される側のインド人を見下してかかる中、よりによって女王自身が率先して相手に敬意を捧げ、文化の扉を解き放とうとする姿は美しい。また、やりとりに終始振り回される(古い考え方の)側近達の姿を皮肉や笑いをまぶしながら痛快に描く様は最高だ。

それはどこか、人と人の間に巨大な溝が生まれつつある現代へ向けたメッセージであるかのように思えてならない。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
ぐうたら

4.0身分も人種も越えた二人の信頼関係

AuVisさん
2019年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

幸せ

「女王陛下のお気に入り」「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」と、英国女王(とその周辺の人物)を題材にした映画の日本公開が相次ぐが、その先陣を切る本作は比べると若干の小粒感は否めないものの、ジュディ・デンチと従僕アブドゥル役アリ・ファザルによる入魂の演技とスティーブン・フリアーズ監督の的確な演出が味わい深い好作だ。

アブドゥルの視点で女王の表情、そして目を直視するカメラは、デンチの顔の皺を容赦なくとらえるが、少女のように無垢な眼差しの効用だろうか、無数の皺さえも時を刻んだ年輪のように美しく見える。

諦念と自暴自棄の序盤から、アブドゥルと出会い好奇心を刺激され、ヴィクトリアが生きる喜びを取り戻していく過程が共感を誘う。王族や周辺の人々のどろどろした権力争いを描く映画も面白いが、本作は女王の人間性に迫った愛すべき一本だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
AuVis

3.5二本立て一本目。ほぼ実話らしい。 これは身分と年齢を超えた愛ではな...

2019年10月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

二本立て一本目。ほぼ実話らしい。

これは身分と年齢を超えた愛ではないか、と思った。
が、待てよ…女王、寂しかった?惚けてた?インド人の方もどこか胡散臭くもあり。で、純粋なものが感じられなかった。ってか、老女の恋愛見せられても…ね(笑)
注目はもう一人のインド人です。◯◯◯過ぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.0こういう話が観たかった!

2019年10月16日
Androidアプリから投稿

泣ける

楽しい

幸せ

この評価が映画として正しいかどうかよくわからないけど、私はこういう話が大好きだ
こういう話が好きでこういう話が観たくて
間違って「女王陛下のお気に入り」を借りてしまった後での感動は想像以上だった。(こういう話は最も嫌い

ヴィクトリア女王役の女優さんが超キュート!
まるで少女のような純心さが、息子や周りの貴族達の嫉妬にまみれた醜さと対比して際立っていた

アブゥドゥルが女王の靴にキスするシーンがとても好きだ
昔は、靴を舐めるとか足元に口づけるとか聞くのもおぞましいくらい嫌で、卑屈で侮蔑的だと思っていたのに
あんなに愛おしむキスをされたら女はみんな舞い上がるよね

私の大好きな小説家の永井路子さんが、女王の時代にイギリスは必ず繁栄したが、その中でヴィクトリア女王の時代の繁栄は他と異なると言った
ヴィクトリア女王だけは、女王である前によき妻であった。
補佐である夫の意見をよく聞いたという。
ヴィクトリア女王時代の繁栄は女王の器量というより当時のイギリスの国力が最大であったからだと。(産業革命期?)
その話を読んで私はヴィクトリア女王のファンになった(「歴史をさわがせた女たち外国編」

永井路子さんのこの話はアブゥドゥルの日記が発見される前に書かれている。
この映画の冒頭に書かれた「この映画はほぼ事実である」というのは信じて良いと思われる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アクアMARINE
すべての映画レビューを見る(全48件)

他のユーザーは「ヴィクトリア女王 最期の秘密」以外にこんな作品をCheck-inしています。