台北暮色

劇場公開日

  • 予告編を見る
台北暮色
台北暮色
22%
51%
19%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ホウ・シャオシェンのアシスタントを務めた女性監督ホアン・シーのデビュー作で、台北の住宅地を舞台に都市で生活する人びとの孤独が描かれる。台北でひとり暮らす女性シューは、「ジョニーはそこにいますか?」という同じ男あての間違い電話を何度も受け、心当たりのないジョニーという男が次第に気になっていく。車で生活をする中年の男フォン、人と混じり合うことができない少年リー、そしてシュー。孤独に生きる3人がふとしたことから出会い、シューのインコがいなくなったことをきっかけに、彼女の思いがけない過去が明らかとなる。主人公のシューをモデルなどで活躍し、本作が長編映画初出演となるリマ・ジタン、フォン役をエドワード・ヤン監督作「カップルズ」のクー・ユールンがそれぞれ演じる。製作総指揮をホウ・シャオシェンが務めた。2017年・第18回東京フィルメックスのコンペティション部門に出品され、「ジョニーは行方不明」のタイトルで上映されている。

2017年製作/107分/台湾
原題:強尼・凱克 Missing Johnny
配給:A PEOPLE CINEMA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)3H Productions Ltd

映画レビュー

4.0よく覚えてない、が、覚えている必要なんてあるだろうか?

村山章さん
2018年12月31日
PCから投稿

笑える

悲しい

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

3.5タイトルなし

Shiroさん
2019年5月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ぼんやりめの雰囲気映画といってしまうと怒られるかもしれませんが、これといった盛り上がりなくラストを向かえます。
でも眠たくならない映画。
中国語をこれ以上劣らせないよう真剣に聞き入ってたからかな➰
彼らのアパートや、路地など下町的な所が以前住んでたところを彷彿とさせワクワクしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shiro

2.5YA・O・I

2019年4月7日
PCから投稿

悲しい

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いぱねま

4.0心に残る映像

2019年1月29日
PCから投稿

 「恋する惑星」のストーリーを思い出せなくても、エスカレーターのシーンを思い浮かべない人はいないだろう。素晴らしい映画にはそういう記憶に残る名シーンが必ずあるものだが、この映画では高速道路のトンネルのシーンと歩道橋を走る二人のシーンの疾走感が強く印象に残った。まるで王菲(フェイ・ウォン)の主題歌が聞こえてきそうな感じだった。
 侯孝賢(ホウシャオシェン)と楊徳昌(エドワード・ヤン)の遺伝子を引き継ぐ映画と紹介されているが、私は王家衛(ウォンカーワイ)の遺伝子もちょっと入っているような印象を受けた。
 複雑に入り組んだ高速道路。どう交わっているのかよく分からない高架鉄道。それらの映像と同じように複雑きわまりない台北の街に生きる人々。彼らの日常を映画は淡々と描く。
 複雑な街を生きる人たちの暮らしは複雑なピースでいっぱいだ。主人公の女性徐子淇(瑞瑪席丹リマ・ジタン)は小鳥たちと暮らしてている。1羽は逃げ、1羽は残った。そして彼女にはしょっちゅう間違い電話がかかってくる。「ジョニーはいますか?」(映画の原題にもなっている) もう一人の主人公張以風(柯宇綸クーユールン)の車は何度もエンストを起こす。コミュニケーションの苦手な少年(黃遠ホアンユエン)にはピースがいっぱいある。壁に貼られた多数のポストイット。新聞の切り抜き。水たまりと自転車。
 徐々に彼らの現在の家庭環境や背景が明らかになっていくのだが、共通しているのは「離婚」や「別居」ということ。家族だと思っていた登場人物が他人であったり、他人だと思っていた人が家族だったりする。この3人の人生はちょっとした偶然から交わり合っていく。「距離が近づくと愛し方が分からなくなる」とうような台詞が出てくるが、この映画を象徴している台詞だと感じた。台北という都会で暮らす人たちの家族との微妙な距離感。それを維持できないのがこの3人だ。
 切なく、もの悲しい孤独な魂の姿が、入り組んだ台北の街と雨音を背景に描かれる。ピースはたくさんあるけれども、私にはそれらのピースを組み立てることはできなかった。いや、作者はそれを望んでいないのかもしれない。そんなに簡単に組み立てられるほどこの映画に描かれている人生は単純ではない。深い哀しみと切なさの残る映画だ。

「台北暮色」(原題 「強尼·凱克」)
2017年 台湾映画 監督 黃熙(ホアンシー)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ごいんきょ
すべての映画レビューを見る(全11件)