台北暮色
ホーム > 作品情報 > 映画「台北暮色」
メニュー

台北暮色

劇場公開日

解説

ホウ・シャオシェンのアシスタントを務めた女性監督ホアン・シーのデビュー作で、台北の住宅地を舞台に都市で生活する人びとの孤独が描かれる。台北でひとり暮らす女性シューは、「ジョニーはそこにいますか?」という同じ男あての間違い電話を何度も受け、心当たりのないジョニーという男が次第に気になっていく。車で生活をする中年の男フォン、人と混じり合うことができない少年リー、そしてシュー。孤独に生きる3人がふとしたことから出会い、シューのインコがいなくなったことをきっかけに、彼女の思いがけない過去が明らかとなる。主人公のシューをモデルなどで活躍し、本作が長編映画初出演となるリマ・ジタン、フォン役をエドワード・ヤン監督作「カップルズ」のクー・ユールンがそれぞれ演じる。製作総指揮をホウ・シャオシェンが務めた。2017年・第18回東京フィルメックスのコンペティション部門に出品され、「ジョニーは行方不明」のタイトルで上映されている。

スタッフ

監督
製作総指揮
ホウ・シャオシェン

キャスト

作品データ

原題 強尼・凱克 Missing Johnny
製作年 2017年
製作国 台湾
配給 A PEOPLE CINEMA
上映時間 107分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

都市に暮らす人々の孤独。新鋭監督が「台湾映画」を現代的にアップデート
台北暮色の映画評論・批評

東京というなかなかにハードな環境で、よそ者の自分が、30年近く一人で、なんとか生きながらえている。それは、ウォン・カーウァイの「恋する惑星」やエドワード・ヤンの「カップルズ」といった、アジアの都市に漂う人々を描いた映画の記憶に支えられ...台北暮色の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全8件)
  • よく覚えてない、が、覚えている必要なんてあるだろうか? ネタバレ! 観た。すごくよかった。しかし時間が経ってみると、本当に断片しか思い出せない。街を歩くシーンにストーカーのような怖さがあったこと、ハシゴを持ってくるシーンが妙に微笑ましかったこと、ヒロインに動物的... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2018年12月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人は近すぎると、愛し方を忘れるものだよ 世間を見渡せば、何気ない日常を過ごしているように見える人たちであふれているが、それでいて誰しも、他人には知り得ない過去を抱えて生きているものだ。 ある家族のいさかいを目にした男は、女に、人は近す... ...続きを読む

    栗太郎 栗太郎さん  2019年1月15日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 台北という街に抱かれる人々。 台北の夕暮れはほんとに美しい。 無機質な都会ではない。 どこかあたたかい空気が流れている。 去年、台北の街に着いて10分で感じたこと。 心地よかった街のかすかなぬくもりが、この作品にもしっかり映... ...続きを読む

    エク エクさん  2019年1月14日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「台北暮色」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi