ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
11%
70%
17%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2019年1月1日に生誕100周年を迎える小説家J・D・サリンジャーの半生を描いたドラマ。1939年、作家を志しコロンビア大学の創作学科に編入した20歳のサリンジャーは、大学教授ウィット・バーネットのアドバイスで短編小説を書き始める。出版社への売り込みを断られ続ける中、ようやく掲載が決定するが、太平洋戦争のぼっ発によって、その掲載は見送られてしまう。召集により戦地に赴いたサリンジャーは戦争の最前線で地獄を経験し、終戦後もそのトラウマに悩まされながら、初長編「ライ麦畑でつかまえて」を完成させる。この作品の成功により、突如として名声を手に入れたサリンジャーだったが……。サリンジャー役を「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルト、バーネット役をケビン・スペイシーがそれぞれ演じる。監督は「大統領の執事の涙」の脚本を手がけ、本作が長編監督デビュー作となったダニー・ストロング。

2017年製作/109分/G/アメリカ
原題:Rebel in the Rye
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0「ライ麦畑」映画化を夢に見て

AuVisさん
2019年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

サリンジャーは短編小説の映画化を許可したものの出来に納得がいかず、以降は「ライ麦畑でつかまえて」を含め自作の映像化を断固拒否したとか。没後も、著作権を管理する代理人がその方針を変えないと表明したので、コールフィールド少年をスクリーンで見るのは著作権が消滅した後だろうか。

さて、そんなサリンジャーの伝記映画が、生誕100周年のタイミングで公開される。後半生は世間と接触を断ち隠遁生活を送ったことが知られるが、そこに至る経緯も含め、作家を志すようになった頃から、第二次大戦の従軍経験で心に深い傷を負ったことなどが明かされていく。主演ニコラス・ホルトは売れっ子だが、良い意味でスター然としていない、普通の佇まいが役に合っている。クレア役は、「シング・ストリート」で主人公が恋する年上の女性を演じていたルーシー・ボイントン。「ボヘミアン・ラプソディ」にも出ていたし、活躍の場を広げているようで嬉しい。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
AuVis

4.0over-explain と bananafish

kossyさん
2020年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 このオーバーエクスプレインという助言が決定的となった気がする。「ブルジョア的富裕層を批判してるね?」の質問に「読者次第だ」と答えるサリンジャー。戦友が次々と死んでいき、死屍累々とした凄惨な現場を経験したため幾度となくフラッシュバックに悩まされる日々。仏教にも教えられ、『ライ麦畑でつかまえて』の下地を作っていく様子がリアルだった。

 しかし、あくまでもフィクション作家を目指すジェローム・デビッド・サリンジャー。赤い帽子を被った熱烈なるファンが「なぜボクのことをしってるんだ?」とまで言わしめるほどリアルなフィクションでもあったのだ。

 ケビン・スペイシー演ずるウィット・バーネット教授との関係も描き方が上手い。処女短編となる『若者たち The Young Folks』にも因縁があり、掲載拒否を続けるも「作家に向いてるか確かめるため」とようやく認められたことを知るエピソードも美しい師弟愛だと感じた。

 恋人ウーナをチャールズ・チャップリンに取られ、戦争のトラウマとも闘いつつ、ドイツ人医師シルヴィアといつの間にか結婚、そして離婚。しかし、最終的にはクレアと結婚。『ボヘミアン・ラプソディ』とは違った魅力を見せるルーシー・ボーイントンにも注目だ。

 隠遁生活が彼の人生でもっとも長かったのだろうけど、この秘密めいた生活があってこそ、世界中で愛される要因なのだろう。未だに小説は読んでないけど、そろそろ読みたくなってきた。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

4.0小説を読みたくなった‼️

チワワさん
2020年4月5日
スマートフォンから投稿

興奮

知的

幸せ

小説家J.D.サリンジャーの半生をみて、純粋な青年が戦争を経験して傷心したことや名声をえることで失った見返りを求めずに小説を書くこと!
ビジネスにより失われた心を取り戻すために人がいない自然に囲まれた生活を選ぶところに人間力をみた。
ライ麦をつかまえてがサリンジャー自身のことを書いたのがわかり是非、読みたくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チワワ

4.0ライ麦畑を再読したくなった

るうくさん
2020年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

学生時代に一通り読んだときに、なんとなくサリンジャーを読むとカッコいい、という青い感覚があったけど、どこまで理解できていたのか我ながら怪しい。
再読したくなった。

彼の作品が出来る背景や、人嫌いになっていく過程を、少し早足かなと思いつつ追うことが出来て、とても惹き込まれた。
筆を折ったとか私生活に謎が多いとか、途中から歴史上の人みたいな扱いだったけど、亡くなったのは最近の2010年だったんだなぁ。

駆け足すぎて淡々と進んでいく気がしたので、それが少し残念だったけど、きちんと深く描こうとすると映画の時間じゃ足りないんだろうな。
落ち着いた色合いの映像に、役者さんたちがさらっと、でもじっくりと演じてるのもよかった。

当時の作家はカポーティしかり、現実と妄想の世界の入り混じり方がなかなか凡人にはわかりづらいんだけど、出版されないままの作品がまだまだたくさんあるらしいので、いつか遺稿として出版されることを楽しみにしたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
るうく
すべての映画レビューを見る(全39件)

他のユーザーは「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」以外にこんな作品をCheck-inしています。