悪女 AKUJO

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
悪女 AKUJO
16%
55%
23%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「渇き」のキム・オクビンが女暗殺者を熱演したスタイリッシュアクション。日本で「22年目の告白 私が殺人犯です」としてリメイクされた映画「殺人の告白」で知られるチョン・ビョンギル監督が手がけた。犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒは、いつしか育ての親ジュンサンに恋心を抱き、やがて2人は結婚するが、ジュンサンが敵対組織に殺害される。怒りにかられたスクヒは復讐を果たすが、国家組織に拘束されてしまい、国家の下すミッションを10年間こなせば自由の身になるという条件をのみ、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて、新たな運命の男性と出会い、幸せを誓ったスクヒだったが、結婚式当日に新たなミッションが下され……。

2017年製作/124分/R15+/韓国
原題:The Villainess
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5バカげたことに賭ける執念の熱量!

2018年2月28日
PCから投稿

笑える

楽しい

興奮

正直目新しい話ではないし、アクションパートと韓流っぽいメロドラマパート上手く融合しているかというと、多少ギクシャクしてるのではないか。とはいえそんなことは本作においては些事に過ぎない。アクション畑の監督が、貯め込んでいたアイデアをここぞとばかり解放して、他では見られないアクション/スタントに情熱を注ぎこんだ。その本気とやり過ぎ感に本作の真価があると思うから。

ムチャだなあと思うことばかりだが、それが楽しいのであって、謎の施設から逃走しようとするシークエンスのアイデアの豊富さなんて、こちらにも作り手が楽しんでいることが伝わってワクワクする。

あと、あれな。さすが韓国、日本刀もよかったけど、やっぱり斧ですよ、斧。あの斧+カーチェイスの前代未聞の弾けっぷりだけでもご飯三杯はいけそうな快作だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バッハ。

2.5悪女になるなら、月夜はおよしよ、素直になり過ぎ〜る〜♫

2020年4月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

犯罪組織で殺し屋として生きてきたスクヒだが、復讐中に国家組織に捕まる。
お腹には赤ん坊もいて、国家は組織の仕事を10年間する替わりに身元自由を保証するが、、、。

女諜報員およびアサシンなので「ニキータ」を思い出す。
序盤の一人称アクション映像はゲームぽくて嫌い。
総合的にアクション映像が安臭くて好きでは無い。
少しはカメラワーク落ち着け。

犯罪組織で育てられた少女→ある事で復讐→国家に捕まり組織のメンバーとして育成→組織の仕事をする、恋もする。→過去も偽装も明らかに→ちょっとした彼女の疑念で国家裏切り、逆に自分の首を絞め切羽詰まる展開に。

主人公彼女の映画展開はこの様な感じだが、過去映像がちょくちょく現在映像に入ってくるのは困りもの。
これも落ち着きが無い。分かりづらい。

スクヒが第二の人生を送ろうとしている描写ももう少し良く作って欲しかった。ヒョンスとの恋の進展が浅い。ツンデレ感満載な所に行きなり普通な女性感情をスクヒに出されてもねえ😞

後半もやりたい事は分かるが、いきなり劇場やったり、ジュサン自らスクヒ助けに入ったりで話の都合良すぎ感あったり💦。どちらも瀕死でウネばかりじゃなくて助けようとしたヒョンスもスクヒ心配してやれ場面も。

設定詰め込みすぎ及び展開捻りすぎ感。
それに伴う尺の為、都合良すぎ感と映像伝達不足感。
私には粗が目立ってしょうがなかった💧

これより良い韓国映画を沢山観過ぎた感もあります。
絶賛とは行きませんでした。もう少し上手く作れたはず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
巫女雷男

4.0画面の揺れには注意

kenshuchuさん
2020年4月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

韓国のアクション映画は平均点が高い。アクションに迫力があったり、人が死んでいく(もしくは死んだ後)様子が凄惨だったりすることもあるが、脚本がちゃんとしていることが大きい気がする。
本作も隠された事実が徐々に明らかになっていくことで全体の構図が見えてくるという内容。これがとてもよい。
そしてアクションだが、こちらは逆にやや不満が残る。主人公目線でアクションを撮影したシーンが多い(特に序盤)が、これが非常に見づらかった。とにかく画面が揺れる。そして非常にご都合主義な流れなのだ。銃を落とした後、入った部屋にいたのは銃を持たずにナイフで襲ってくるやつや武術で戦おうとするやつだったり。アクションゲームをしているような気分になった。
まぁ、それでもなかなかの緊張感だったし、最後まで退屈せず楽しむことができた。やはり韓国のアクション映画は平均点が高い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kenshuchu

4.0やだなにこれしゅごい

なおさん
2020年3月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

予告編だけ観ていて劇場では見逃していたのでやっと観られた。そうか全編一人称視点ではないのか。そもそもめざしているものが違ってた。
冒頭から説明抜きでエンジン全開の凄まじいアクションシーンには開いた口が塞がらない。わざわざこんな撮り方する必要ないだろうに馬鹿なことして…尊敬します!
恋愛要素はもう少し減らすかシンプルな方が良かったと思うが、無駄に複雑な構成も好きだ。

ところでタイトルの『悪女』と日本語の“悪女”とは意味が違うのではないだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお
すべての映画レビューを見る(全98件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る