荒野にて

ALLTIME BEST

劇場公開日

荒野にて
18%
55%
18%
4%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「さざなみ」のアンドリュー・ヘイ監督が、孤独な少年と一頭の馬の歩む旅路を描いた人間ドラマ。「ゲティ家の身代金」にも出演した新星チャーリー・プラマーが主人公チャーリーを演じ、第74回ベネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した。幼いころに母親が家出し、愛情深いがその日暮らしの父親と2人で生活する少年チャーリーは、家計を助けるため厩舎で競走馬リーン・オン・ピートの世話をする仕事をしていた。しかし、そんなある日、父親が愛人の夫に殺されてしまう。さらに、試合に勝てなくなったピートの殺処分が決定したという知らせを受けたチャーリーは、ひとりピートを連れ、唯一の親戚である叔母を探すため荒野へと一歩を踏み出す。

2017年製作/122分/G/イギリス
原題:Lean on Pete
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第74回 ベネチア国際映画祭(2017年)

受賞

マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞) チャーリー・プラマー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2017

映画レビュー

4.0Tearjerker of a Wild Western

2021年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

Lean on Pete turns out to not necessarily be the horse-human bonding feature you might expect. Actually it's quite modern in the sense that the horse takes on a much more personified role--it's not downgraded to a cute creature in need of superior human care. Like Always Sometimes Rarely Never, it's the tale of the wandering kid you pass by on the street. Buscemi's presence is more than welcome.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Dan Knighton

4.5心がリフレッシュされる新・ロードムービー

2019年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

家族をなくした寄る辺ない少年の彷徨に付き合う、用済みの競走馬。この構図がまずいい。唯一の身寄りを探して荒野を流離う少年と、走れなくても生きる権利はある馬のささやかな希望が、アメリカの寒々しい大地に小さな放物線を描いていく。ただのドロップアウトではなく、ただの冒険ドラマでも勿論ない、行き先不明の不安感が物語に独特の切なさをもたらしている。注目すべきは、少年の顔に不安はあっても、決して希望は捨てない無邪気さが終始宿っている点。彼の頭上にはいつも神様がいる。そんな気がするのだ。見終わった後、何やら心がリフレッシュされる不思議な新・ロードムービーである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
清藤秀人

4.0自分の居場所=あるべき姿を探し求め旅する少年を描くロードムービー

zueiさん
2022年4月3日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
zuei

4.0日本の社会では想像もできない少年の絶望は救われることはあるのか?

Haruさん
2021年12月25日
PCから投稿

この映画を観ながら幾度となく目を閉じた。涙など滲ませる隙さえ与えてはくれない。心に突き刺さる言葉や映像に瞼を固く閉ざしたりした。
正直な話、次のシーンで爽やかな風が吹き抜けるだろうと期待に胸を膨らませても裏切られてばかり・・・・。いったいこの映画はいつどんな形でエンドマーク描き出すんだ!と叫びたくなった。しかし、観るに堪えられない。そんな流暢な状態ではない。人の不幸は蜜の味なんて言葉を投げかける奴など何処を探してもいない。
それほどなんだ。生きるということは厳しいのだ。思いやりや同情や憐れみ、そして暴力も必要なのだ。
「ふたつよいことさてないものよ」なのだ。悪いことばかりは続きはしないのだから・・・。
だからこそ日々の暮らしが良いこと、楽しいことで埋め尽くされていて、それが普通の日常などと間違っても思い込んではいけない。16歳の少年ですら希望さえ捨てきって目の前に広がる荒野を前へと歩いたのだ。これまでに体感した反吐が出るほどの出来事にどんな風に対処したかをその小さな胸に痛みを抱えながら歩き続けたのだ。
自分の不幸を嘆いてばかりで、誰かに頼ることのみを考えてばかりいては、豊かな人生は歩けないのだ。この少年の歩き続けた荒野は私の荒野でもあるのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Haru
すべての映画レビューを見る(全56件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「荒野にて」以外にこんな作品をCheck-inしています。