「笑えないコメディー、感動しない人情話」のみとり侍 アサシンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「のみとり侍」 > レビュー > アサシンさんのレビュー
メニュー

のみとり侍

劇場公開日 2018年5月18日
全96件中、10件目を表示
  •  
映画レビューを書く

笑えないコメディー、感動しない人情話

何がしたいのかまるでわからない話。
微妙に外れていて、苦笑い。
観ていて恥ずかしいくらいにデタラメ。
どうせ外すならギンタマかテルマエロマエぐらいにしてほしい。
実在の人物名出して外しまくるから、とてもシラけてしまうのである。
でも、アベカンとトヨエツだけは、並ぶとすごいですね。
ヘタクソでも、女は引く手あまたですか。
二人ともモデル上がりですから、背が高く、スタイルグンバツ。
二人とも天性の間が在りますから、良い味が出ています。
この映画は、それだけ。
寺島しのぶのババハダカ見せられても、どうかな。
それも何度も。
どうも、至近距離だとオヤジみたいな顔なので、ゲイのラブシーン見ているようで吐きそうにもなるのです。
前田敦子はなぜ顔にシミがあるのでしゅか、メイクですかなと。
桂三枝は何故かキョロキョロ目が動くので、何か出入りがあるのかと思いましたよ。
斎藤工にもラブシーンさせれば良いのに、一番旨そうだし。
とゆうことで、中身のない映画でぢたとさ。

アサシン
さん / 2018年12月8日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報