はじめてのおもてなし

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
はじめてのおもてなし
16%
63%
19%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

難民の青年を家に受け入れたことをきっかけに変化していく家族の絆を描いたドイツ発のコメディドラマ。ミュンヘンの閑静な住宅街に暮らすハートマン夫妻。現在は教師を定年退職し、暇を持て余す妻のアンゲリカ、大病院の医長を務める夫のリヒャルトの2人暮らしだ。ある日曜日、子どもたちが顔を見せ、久しぶりに家族全員が集まったディナーの席でアンゲリカが「難民を1人受け入れる」と唐突に宣言。夫や子どもたちが猛反対する中、アンゲリカに押し切られる形でハートマン家にナイジェリアから来た亡命申請中の青年ディアロが住むことになる。そのことによりストレスが急上昇したリヒャルトは部下にあたりちらし、職場で孤立。一方のアンゲリカは、ディアロにドイツ語を教え、庭仕事を指導するなど、かつての輝きを取り戻していく。そんな中、歓迎パーティでディアロをもてなすはずが、アンゲリカの友達のせいで警察沙汰の大騒動へと発展してしまう。

2016年製作/116分/ドイツ
原題:Willkommen bei den Hartmanns
配給:セテラ・インターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2016 WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG / SENTANA FILMPRODUKTION GMBH / SEVENPICTURES

映画レビュー

4.0難民の青年ディアロを受け入れることになったドイツ人のハートマン家。...

こもえさん
2020年6月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難民の青年ディアロを受け入れることになったドイツ人のハートマン家。
みんなそれぞれに抱えてる問題があり、ちょっとドタバタ感があるこの作品ですがメッセージはちゃんと伝わってきてなかなかよかったです。

人種、国が違えば考え方や文化が違うのは当たり前なんだけど時に忘れがちになっったり、それが自分の身近に迫ってくると差別や偏見が頭をもたげることもある。
ディアロが小学校の授業でナイジェリアの実情を話すシーン、こういう生の声を聞く体験は大事だと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
こもえ

4.5【ナイジェリア難民が”ドイツの裕福だが破綻しかけた家族”にもたらしたモノ。コメディタッチで描いているからこそ、心に響くモノがある作品でもある。】

NOBUさん
2020年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

幸せ

 ー裕福なハートマン家にある日ナイジェリア難民、ディアロがやって来た。ー

 ・理由は、夫リヒャルトとの会話も少なくなりがちな、定年退職した妻アンゲリカが申し出たため・・。あんな、大騒動になるとは思わずに・・。

 ■ナイジェリア難民、ディアロが”普通に感じて、口にした言葉”の幾つか。

 ・”老人を敬って・・。” アンチエイジングにやっきになっているリヒャルトの姿・・。

 ・”良い家族ですね・・” 破綻しかけているハートマン家だが、彼にとっては、一緒に過ごせるだけでも幸せな事なのだ・・。

 ・ISとの関係を疑われ・・”だから、僕は逃げて来た・・”

 ■沁みたシーン
 ・ディアロが落第しかけていたバスティ(父、フィリップは気には掛けているが忙しくて・・)のために、”レポートの題材”として、自らがナイジェリアから逃げて来た理由を話すシーン。
ー本は罪、教育は罪・・ で、多くの子供が殺された・・。家族も・・。-

 ■ディアロの亡命申請が却下され、その再審査のため、フィリップを始め、ハートマン家が”愚かしきナチ、反ナチ、及びディアロを監視していた人々の姿”をコミカルに挿入しつつ”団結していく姿。

<難民受け入れ問題が、簡単に解決するとは思わない。
 けれども、(私を含め)一人一人がまずは”すぐ近くにいる大切な人”に対し、今以上に、”敬意と優しさ”を持って接する気持ちを持つことで、小さな一歩が始まるのかなあ、と感じた作品。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.0ドイツの難民問題をハートウォーミングに描いた作品

2020年5月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ドイツは第二次世界大戦の贖罪かと思えるくらい移民、難民の受け入れを行なっている。それによる社会問題もあるようです。ある家庭で定年退職後に暇を持て余している主婦が難民を受け入れることを思いつき実行。彼女は輝きを取り戻すがハプニングも続出なんてストーリー。好みが分かれるかな?自分はアフリカ難民の青年が飄々としすぎていてどうも愛情がわかなかったのが敗因かも。はまる人にははまります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

2.5邦題に違和感

2020年5月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

知的

タイトルからは全く想像も出来なかった。ドイツが抱える難民問題をコミカルに描いたものだったが、笑いあり、涙ありで良い映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おのもん
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る