劇場公開日 2018年1月13日

  • 予告編を見る

はじめてのおもてなしのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全31件中、1~20件目を表示

4.5素晴らしい作品

2019年9月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

楽しい

ドイツの難民問題をハートフルな作品に仕上げた素晴らしい映画です。登場人物が全員魅力的でドイツの移民政策問題から人種差別、家族問題、老いの問題まで幅広く網羅した笑えて泣ける素晴らしい作品です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナカネム

4.0ドイツの山田洋次作品といった感じ

kossyさん
2019年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

知的

幸せ

 難民問題、人種差別問題に加えてイスラム国、テロリスト、ナチなど様々な問題を取り上げているハートフルコメディで、どれもこれも自身と照らし合わせてしまい、いろいろと考えさせられた。

 ハートマン一家は父リヒャルトが医師、母アンゲリカが校長も務めた元教師、息子フィリップが上海で活躍する企業弁護士、娘ゾフィーがずっと学生を続けている。そして12歳の孫バスティーは12歳でありながらヒップホップのミュージックビデオを作成していたりする、ちょっと問題児。そこへナイジェリア出身の悲しい過去を持つ青年ディアロがやってくる。

 人と人の繋がりも面白く、リヒャルトの下で働く研修医の存在が家族関係を見事に橋渡ししている。宗教の違い、文化の違い、そして夫婦に対する考え方もヨーロッパとアフリカでは違う。日本の家父長制なんてのはむしろアフリカに近かったりするのが驚きだった。

 裕福で頭の良い家系だけに、問題が起こってもすぐに解決できる才能があるので、ちょっと警察沙汰になったくらいじゃビクともしない。物語はディアロの亡命が認められるかどうかをテーマにしているのだけど、警察がずっとマークしているとかの伏線はちょっと邪魔だったかもしれません。いまだナチみたいなのがいっぱいいることにも驚きは隠せない・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5こじらせ家族に風がそよぐ

fukui42さん
2019年6月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ハートマン家の家長から孫まで、みんなこじらせすぎ?!。
家族の絆って何ですか状態。こんな家族いやだー。
そこに妻の知人への対抗意識から、難民青年を家族に受け入れるって。
もうひっちゃかめちゃかです。

だけど難民青年ディアロが一番まともで。
ハートマン家にそよ風の様に入り込んでいく様。
とても自然で、時にウイットにとんでます。
娘に「子供はいないの?どうして結婚しないの?」ってストレートすぎるわ(笑)。

「難民受け入れ」「一家離散寸前」っていうと、一歩間違うと暗い展開になりがちだけど。
家長が老いを気にしてプチ整形したり、随所で笑えるところがあるし。
警察もディアロを「テロ要注意人物」でマークするなど珍騒動続出。

セリフにはないけど全編通じて、ディアロは「みんな生きてるんだ、家族仲良くしなきゃ」な行動があちこちでありました。

2016年度ドイツ国内の興収No.1ヒットを記録したヒューマンコメディだそうで。
ま、そこまで面白くない気はするけど。ドイツ内の国内情勢や、観客がそれぞれ、当てはまる登場人物に自分を投影したからかもしれませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
fukui42

4.0難民受け入れ

2019年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

怖い

知的

夫は大病院の医長、妻(センタ・バーガー、懐かしい)は教師を退職して暇を持て余している。
離婚している長男は仕事人間で子供は実家に預けっぱなし、長女は自分探しとの言い訳で三十過ぎても学生のまま。
妻が難民を一人受け入れると宣言、アルジェリア人の青年を引き取る。
難民問題から逃げずに、ドイツ社会の問題点をコメディとして描く佳作。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0

ミカさん
2019年4月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

文化も価値観も違う他者を受け入れるなんて、きっと日本人が思っているよりずっと難しい。だから欧州の右傾化は難民問題とセットなんだと思う。すぐに許容はできないけど許容する努力をするところ、見習いたい。人を受け入れるって自分が変わる事が前提だけど、人間何かがないと変われないままだからな。私だったらできるのかな?懐の深い作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

4.0楽しい

cpegさん
2018年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

難民受入問題と夫婦、家族の絆のドラマ。主要登場人物の個性が皆しっかりしている。本作が正解かどうかではなく、笑った後で考えましょうに受け取れて好感。終始楽しいコメディ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cpeg

3.0安心して見られます

chibirockさん
2018年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

難しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chibirock

4.0ドイツ映画キターーーー♪

2018年3月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

観に行った映画の予告で見かけて気になったから鑑賞。

人種・宗教差別や欧州での難民など現代社会の問題に焦点を当てながらも笑い満載でお届けしてくれる作品。

ドイツ映画って初めて観た気がするけど、面白かった(≧▽≦)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
らま+たん

4.0音楽も良かった

Momokoさん
2018年3月23日
iPhoneアプリから投稿

ヒップホップが好きな男の子が良かった。
難民を受け入れる、他人が家庭に入る事で、家族が変化する話でした。
男の子のお父さんも中々の演技でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

4.5飽きなかった

mfmf__さん
2018年3月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

移民問題が中心にあり、移民を受け入れるドイツ家族とそこにやってくる移民の話。
ラブストーリー、親子の関係や夫婦関係などの家族ドラマもありつつ、コメディ要素もあって飽きなかった。

移民問題としてよりもいろんな形の愛があってその一つに他人を受け入れ助け合う愛があるのかななんて思った

以前フィンランドの移民問題の映画、希望のかなたも視聴した。この映画と共通して思ったのは移民の方々を受け入れる人というのは人間の器や懐が深いという感じでした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mfmf__

4.0これがドイツ映画ね!

のみかさん
2018年2月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

世間体を気にするオヤジ。
そんなオヤジが難民と同居する話です。
難民受け入れかーって思って見たら間違い!!
この難民がいい役割をするわけ。
オヤジに対してはなにが大切なのかを思いしらせ、
家族にはオヤジの大切を思いしらせる、
本当にいいやつ!
家族というもの、人としてを考えさせられる映画です^ ^
これは映画館でみなくてもいいかな。
内容はすごくよかったです^ ^

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のみか

3.0ドタバタしていたり、ディアロの家族の話で悲しくなったりで、飽きのな...

2018年2月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ドタバタしていたり、ディアロの家族の話で悲しくなったりで、飽きのないストーリーだった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
おぐりーな

2.0第三者視点

隣組さん
2018年2月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

問題解決策として第三者視点で見る大切さを改めて感じた。ただ内容は退屈で作品に入り込むことが出来ず時間が長く感じた。途中は睡魔に襲われてzzz…。
2018-45

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

4.0ホームコメディ

Takashiさん
2018年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Takashi

4.0難民の目で見ると

2018年2月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難民を受け入れる家族が、自らと闘い周囲との軋轢を乗り越え変わる様を描いている。何方かと言えば、難民の目を通して現代西欧文化(日本にも多く共通する)を見るという構成のように感じる。それによって、当たり前が本当に当たり前かを考えさせてくれ、とても新鮮。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん

5.0面白くいいね

tomさん
2018年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

知的

よくできた作品だ。細かい所まで笑わせてくれる。それでいて難民問題にも取り組んでいる。多分 ドイツに生活した経験がない人には分からないだろう。 映画なので誇張があるけど初めから夫婦間の関係が提示され、国民性 生活習慣 物事の対する取り組み 制度 システムなどなど生活してみなくては分からない。映画館で終始笑っていたのは自分だけ。これは仕方ない。それほど うまく表現できている。 ドイツらしく&娯楽映画でもある。原題「ようこそハートマン家に」です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tom

4.0笑えるが、考えちゃう難民問題

はなもさん
2018年2月19日
iPhoneアプリから投稿

バラバラだった家族が、一人の難民を受け入れた事によって、歩み寄って行く様を描いた映画。

細かなエピソードなどが笑えて、面白い、そして、ドイツが難民を、どのように受け入れているのかや、それに反対する人たちの姿など垣間見れる。

家族達の仕出かしに巻き込まれて難民申請が却下されるが、家族が一丸となって申請を勝ち取る。しかし、
最後は、かなり際どい、一人の、つまりディアロだけならいいが、それに付随してくる肉親なども⁉︎となると、それはどうよ?とブラックユーモア。

自分達が知った人だけならOKでも、イナゴの大群の様に
難民達が押し寄せて来たら⁈と、考えさせられてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はなも

4.5社会科の教材としてもどうぞ

2018年2月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難民問題を笑いながら考えられるコメディ映画です。
DVD化された場合は、多少卑猥な単語等はあるにせよ、是非地理の授業で使ってほしい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コモドドラゴン

5.02016年度ドイツ映画興行収入No.1‼️

2018年2月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chihiro_0rihihC

3.0面白かった

kyocoolさん
2018年2月10日
Androidアプリから投稿

ぐぐっとくるものはなかったけど嫌いじゃない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kyocool
「はじめてのおもてなし」の作品トップへ