馬を放つ
ホーム > 作品情報 > 映画「馬を放つ」
メニュー

馬を放つ

劇場公開日

解説

「あの娘と自転車に乗って」「明りを灯す人」などで国際的に高く評価されるキルギスの名匠アクタン・アリム・クバト監督がメガホンをとって自ら主演を務め、熱い信念を秘めた純粋な男の姿を通し、文化的アイデンティティーが失われつつある現代社会に静かな問いを投げかけたドラマ。中央アジアに位置する美しい国キルギス。村人たちから「ケンタウロス」と呼ばれる寡黙な男は、妻と息子と3人で慎ましい生活を送っている。騎馬遊牧民を先祖に持つキルギスに古くから伝わる伝説を信じる彼は、人々を結びつけてきた信仰が薄れつつあることを感じ、夜な夜な馬を盗んでは野に解き放っていた。ある日、馬を盗まれた権力者が、犯人を捕まえるべく罠を仕掛けるが……。

作品データ

原題 Centaur
製作年 2017年
製作国 キルギス・フランス・ドイツ・オランダ・日本合作
配給 ビターズ・エンド
上映時間 89分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全11件)
  • ゆったりしてるようで油断がならない。 キルギスの田舎の景色が印象的な作品だが、決して牧歌的な映画ではなかった。随所随所に、キルギスという国の変貌や、それぞれの人間の限界、過去の歴史や文化的背景などを暗示する表現が散りばめられていて、... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2018年3月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 遊牧民族の伝統文化と資本主義 キルギスは、日本で暮らしているとあまり馴染みのない国で、こういう知らないものを見せてくれる作品はそれだけで貴重だ。 本作は、伝統的なキルギス文化と民主化以降の資本主義的な価値観の台頭と対立を軸に... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年3月29日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • なんだか、たまらない気持ちに包まれてやまないキルギス映画 このところグローバル化と共に小さな声や小さな物語はかき消され、世界の様々な国の映画に触れる機会はむしろ遠のいたように思える。だが、そこに来て本作のようなユニークなキルギス映画に触れると、心の中の... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2018年3月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi