悲しみに、こんにちは
ホーム > 作品情報 > 映画「悲しみに、こんにちは」
メニュー

悲しみに、こんにちは

劇場公開日

解説

本作が長編デビュー作となるスペインの新人女性監督カルラ・シモンが、自身の幼少期の体験をもとに、思春期前の少女の繊細な心の機微を、カタルーニャの風景を舞台に描いていく。2018年アカデミー外国語映画賞スペイン代表作品。両親をある病気で亡くしたフリダは、若い叔父夫婦のもとで暮らすこととなった。叔父と叔母、そしていとこのアナは、バルセロナからカタルーニャの田舎へと引っ越してきたフリダを家族の一員として温かく迎え入れてくれるが、フリダたちが新しい家族として生活するためには、お互い時間が必要だった。初めて生と死に触れた少女の特別なひと夏をみずみずしく描き、ベルリン国際映画祭やゴヤ賞で新人監督賞を受賞。第71回カンヌ国際映画祭では、映画界で活躍する女性をたたえる「ウーマン・イン・モーション・アワード」などを受賞。

作品データ

原題 Estiu 1993
製作年 2017年
製作国 スペイン
配給 太秦、gnome
上映時間 100分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

繊細に描かれる、母の死に向き合う少女と少女の母になる決意をした女性の葛藤
悲しみに、こんにちはの映画評論・批評

ジャック・ドワイヨン監督の「ポネット」と同様、母の死と向き合う少女の葛藤と成長を題材にした映画だ。主人公のフリダ(ライア・アルティガス)は6歳。4歳のポネットより死の意味を理解しているように見えるが、同じように復活の奇跡が起きることを...悲しみに、こんにちはの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全17件)
  • 子どもの瑞々しい感性を見事に映像化 監督自身の子ども時代の思い出を映画化した作品。瑞々しいという言葉がピッタリと当てはまる作品だ。 90年台前半のスペインが舞台となっている。エイズで母親を失った少女が、叔母の家に引き取られ、新しい... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年8月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 子供って無邪気で可愛くて小狡くて 両親を亡くした少女(小1と思われる)フリダが叔父夫婦のもとに引き取られる。叔父夫婦にはさらに幼い女の子アナがいて、4人での暮らしが始まった夏の始まりぐらいから新学期が始まる前までを描く。 フリダ... ...続きを読む

    しろくま しろくまさん  2018年12月9日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ラストのフリダの涙 フリダの内面の移ろいと揺らぎに沿う形で、不安からのラストに、温まる ...続きを読む

    WALLE WALLEさん  2018年12月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「悲しみに、こんにちは」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi