劇場公開日 2018年3月10日

  • 予告編を見る

去年の冬、きみと別れのレビュー・感想・評価

3.7226
21%
55%
18%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全226件中、1~20件目を表示

4.0脚本もキャスティングもよく練られている

2018年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

あまり予備知識なく観に行ったのだが、大変面白かった。鮮やかなストーリー展開で映像も美しいし、芝居も洗練されている。

構成も非常に巧みで脚本の上手さを感じる。見事に騙されたし、結末を知った時の納得感もある。見事な愛憎ミステリーだ。

キャスティングもなかなかに巧妙というか、安定感ありそうに見える人物ほど、脆かったり、素朴にみえる人物が一番策を弄していたりと非常によく練られたキャスティングをしていると思う。怪しげな斎藤工、骨太そうな北村一輝、純真そうな山本美月・・・etc

ミステリーとしての展開と人間ドラマの配合も絶妙で、観ていて飽きさせない作品だった。こういう邦画がもっと増えると嬉しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
杉本穂高

4.5原作からの改変の鮮やかさよ

2018年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

知的

売れたミステリー小説の映画化で、原作を読んだ観客を驚かせるのが難しいのは当然だ。はなから諦めて原作のトリックを忠実に再現する場合もあるし、策を弄した揚げ句に小説の魅力を失ってしまう不幸な例もある。

そんな中、「去年の冬、きみと別れ」の改変は実に鮮やかだ。書き連ねたいのはやまやまだが、原作のトリックの核心部分を残しつつ、「映像化不可能」と言われた要素を巧みに組み換えて別の仕掛けを創造した、と評する程度に留めておこう。原作ファンでも「そこをそう変えてきたか!」と驚嘆すること請け合いだし、未読の人ももちろん楽しめるはず。

「イニシエーション・ラブ」のトリックの改変は(当たり外れのある堤幸彦監督の映画であることを考慮しても)相当うまくいった稀有な例だと思うが、本作もそれに匹敵するか、超えるぐらいの成功例に数えられるだろう。脚本・大石哲也&瀧本智行監督のコンビにお礼を申し上げたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
高森 郁哉

3.5罠にハマれ。ハマって欲しい。

2021年6月15日
iPhoneアプリから投稿

ちゃんと物語になってました。
「さんかく窓の外の外側は夜」を見てたら思い出しました。
全然、接点がないのに何故だろう?
起承転結があり評価できる作品です。
この映画見るまで知らなかったのですがガンちゃん良いね。
好青年の感じも出てるし家の婿に入れても良いです。
その前に娘、作らなければいけないけど.....
んーーん。ガンちゃんが犯罪者だったらショックかな。
この映画、見た人で調子こいてる人は「すぐわかった」と言います。じゃこれ以上の物語、考えれるのか?と聞きたくなります。素直に見た方が良いと思いむす。
キャッチコピーの「すべての人が、この罠にはまる」を認めてたくないのでしょ。
私は素直に罠にハマりましたが.......
面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yellowbaku

4.0タイトルの意味を知れば号泣

ちーさん
2021年3月23日
iPhoneアプリから投稿

正直あまり期待しないで見たのですが、
かなり見応えのある映画でした!
まんまと、騙されました。笑

岩ちゃん、、こんな表情ができるんですね!
びっくりしました。。

挿入歌の洋楽が、余計切ない気分にさせてよかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちー

2.0異常者はそんなに普通の人と見分けがつかないものなのか

ぽったさん
2021年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぽった

3.0かなりもったいない

MAMIさん
2020年11月4日
スマートフォンから投稿

作品自体普通に面白かったのに、キャッチコピー?の「全ての人がこの罠にはまる」が期待値上げすぎた。

本気でこういうキャッチコピーは損するからやめてほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MAMI

5.0大傑作!

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

若いころ、千冊以上も推理小説ばかりを読んでいた時代が、私には、あります。

その私が言うのですが、これほど素晴らしくも凄みのある推理小説に出会ったことが、いまだかつてないと思える、そんな作品が原作です。

ただ、おそらくはこの圧倒的な小説に直面して、映画人たちは途方に暮れたことでしょう。
文字だからこそ成立する話。無理なものは無理だ……と。

しかし、文学の世界からの挑戦状だと感じたであろう映画人たちが、おそらく何年も頭を捻り、悩み抜き、完成させた本物の映画こそがこの映画なのだと思います。

映像があるからこそ、一瞬で成立しうる「説明抜き」の納得・得心。
美しくも凄惨な映像群によって観客に示し、哀感はあくまでも清く哀しく、言葉に尽くせない作品に仕上がっていると感じました。

小説を凌駕した映像。
その一例が、たとえば執筆家の秘密の書斎に踏み込んだ時に編集者が見た風景だったりするわけです。

映像だからこそ、一瞬で事件のすべてが理解できる。
観客の心にモヤモヤしていたものを解消させてしまえる映像力。

こういうのを観ると、映画ってのも捨てたものじゃないな、と感じるのでした。

ネタバレになることを恐れて、歯に物が挟まったような書き方しかできませんが、この映画は昼飯夕飯を抜いてでも観なくてはと思える大傑作だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お水汲み当番

4.0なんと言う展開

KMKさん
2020年6月27日
Androidアプリから投稿

異常性、復讐、愛と哀しみなどが絡み、物語の展開が凄かったですね。俳優さんの演技も良かった。見応えがありました。良い映画をありがとうございました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KMK

3.5脚本が素晴らしい

2020年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

原作未読だが脚本が伏線も上手に張られ仕掛けも含め素晴らしいです。ある程度ストーリーを書いてネタバレ表示にしておけばいいかなと思ったが、この作品には騙されてください。
山本美月とガンちゃんは頑張ったけど、もっと上手なキャストなら大傑作になったかも。でも全然合格です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

3.0すべての人がこの罠にハマる。

としさん
2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年5月6日

映画 #去年の冬きみと別れ (2018年)鑑賞

原作は、語り手を曖昧にすることでいろんな勘違いというか誤解をさせる巧みな手法を使ってましたが、一方で、僕みたいに理解力が足りない人間には???ということもありましたが、映画はとても分かりやすくそれでいて驚きの結末は残ってました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

4.0絶対原作面白そう。

tackさん
2020年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

斎藤工さんが出演していて気になっていたので、あまり期待していなかったが観てみた。

しかし、予想だにしない展開でなかなか楽しめる映画だった。

あとあと調べたら原作が中村文則。私はあまり小説を多く読むタイプではないが、
絶対原作面白そう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tack

4.5本当に騙された。

なぎさん
2020年4月7日
iPhoneアプリから投稿

ストーリー構成、キャスティング全てがしっかりしている。
後半の方では驚かされてばかりだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なぎ

4.0面白かった。 朱里はなんであんな簡単に着いて行ったの?とかDNA鑑...

2020年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
あかね☪︎ *.

3.5タイトルが素晴らしい。

Yohiさん
2020年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

家内と。始まってすぐに家内は筋書き、犯人を当てた。お見事。僕はわからなかった。浅見れいなという女優が綺麗だと思った。設定に少し難はあるがまあサプライズもあるし、何よりタイトルが良くできている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yohi

4.5くぉぉぉー

2020年2月7日
iPhoneアプリから投稿

そうきたかーーーーー😳😳😳😳

面白かった!まんぞく❤️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぴゅるり

4.5山本美月お目当てで2倍速で軽く鑑賞。怪しすぎるワケアリ姉弟と彼らに...

2020年1月11日
PCから投稿

山本美月お目当てで2倍速で軽く鑑賞。怪しすぎるワケアリ姉弟と彼らに詰め寄るルポライタが、お約束ぎみの芝居がかった行動をして、Vシネマみたいだな~と高を括ってたら、後半一転、美月さんが出てこなくなってから目が離せなくなってしまった。終わってみれば、なぜわからなかったのかわからないくらいの王道ネタ。自称推理マニアがすっぱり騙されたとは、広い意味でのミスディレクションが二重三重に張られてた。こりゃ演技上手とは言いがたいEXILE君の主役抜てきも計算づくか。。原作未読だけど、練られた脚本とキレた編集によるスマートな映像化といっていい。歪んだ人間性のダーク描写も多いけど、「純愛サスペンス」を標榜しても許せる意外な良作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かんりにん

5.0何も知らず、岩ちゃんで出るから見たのだけど、すごく良かった。驚きと...

Satomiさん
2019年12月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何も知らず、岩ちゃんで出るから見たのだけど、すごく良かった。驚きと切なさ。今年見た映画の中で3本指に入る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Satomi

4.5【邦画のミステリー・サスペンス映画としては出色の作品。哀しくも切ない。】

NOBUさん
2019年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

 岩田さんが、爽やかな笑顔を封印し野心溢れる記者耶雲を演じ(まさに演じ・・)、斎藤工が謎を秘めた天才カメラマン木原を演じる。

 二転三転するストーリー。炎に包まれた屋敷の中での虚構と真実。

 実に面白い。近年の邦画のミステリー・サスペンス映画としては出色の作品ではないか。

 哀しくも切ない結末まで、一気に魅せられる作品。

<2018年3月29日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

3.5ネタバレせずにレビューは難しい系

散歩男さん
2019年10月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
散歩男

3.0きれいなミステリー

2019年9月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

原作は読んでないけど原作を壊さずに
表現した感じが伝わる!

騙されないぞ。って見たけど騙された。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
llHappy Worldll
「去年の冬、きみと別れ」の作品トップへ