フジコ・ヘミングの時間

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
フジコ・ヘミングの時間
22%
51%
22%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

60代になってから世界に見いだされたピアニスト、フジコ・ヘミングのドキュメンタリー。日本人ピアニストの母とロシア系スウェーデン人のデザイナーである父との間に生まれ、母の手ほどきによって5歳からピアノを習いはじめたフジコ。やがて演奏家として高い評価を受けるようになるが、大事なリサイタルの前に聴力を失うという大きなアクシデントに見舞われるなど、数奇な人生を歩んできた。1999年にNHKで放送されたドキュメント番組によって日本でも広く知られるようになったフジコの、初のドキュメンタリー映画となる今作では、ワールドツアーで世界を巡って演奏する姿や、自宅で愛する猫に囲まれて過ごす時間など、公私にわたるフジコの素顔に密着。父との別離、厳しい母のレッスン、ハーフへの差別、貧しい留学生活や聴力喪失など、数々の苦難に見舞われても、夢をあきらめずに進んだフジコの人間性と音楽に迫る。

2018年製作/115分/G/日本
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
小松莊一良
エグゼクティブプロデューサー
新井重人
企画プロデュース
千葉広二
プロデューサー
小室直子
構成
小松莊一良
撮影監督
青木正
撮影
小松莊一良
編集
小松莊一良
サウンドトラックプロデューサー
西尾勇哉
ミキシングエンジニア
坂元達也
ラインプロデューサー
佐藤裕武
小松上花
ナレーション
三浦透子
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

映画レビュー

4.0美しい映画

ふうさん
2020年4月13日
PCから投稿

美しい映画でした

映像 音楽
そしてフジコさんご自身の生き方

本当に自分を生きた人
こんな風に生きたいけれど
私には敵わない

ピアノと音楽と美しいものを愛して信じた人の物語

すごいですね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ふう

3.0家持すぎやん?

2020年2月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

寝られる

世界で活躍するピアニスト、フジコ・ヘミングさんに密着したドキュメンタリー。
.
このフジコ・ヘミングさん、お父さんがスウェーデン人だったり、ベルリンに留学してたり、今はパリに住んでたり、とにかく色んなところにルーツを持ってる。
.
それで各国に別荘があるんだけど、ツアーのついでにその家の様子を見に行くフジコ・ヘミングさん。おそらく京都の家なんか全く行ってないだろうに。
.
そんなリッチな生活を送ってるけど、実は耳が聞こえなくなっちゃったりとめちゃくちゃ苦労人。しかも人気が出たのが60になってからって言う遅咲きなんすね。
.
この人見てると人生何があるかわかんないね。
.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

4.0【フジコ・ヘミングの数奇な半生を描いたドキュメンタリー 実に面白い】

NOBUさん
2019年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 60代になってから世界に見いだされたピアニスト、フジコ・ヘミングのドキュメンタリー。

 こんなに自由に生きている日系女性がいることに驚嘆した。

 本名:イングリット・フジコ・ゲオルギー・ヘミング
 出生地:ドイツ・ベルリン
 父:ロシア系スェーデン人で画家、建築家
 母:裕福な家庭に育ったピアニスト

 フジコ・ヘミングは60歳を超えても、ヨーロッパ、アメリカ、南米に赴きピアノを奏でる。訪れた国の数は2016年~2017年だけでも10か国を越える。劇中でも語られるが会場によっては満足なピアノが無いことも。

 それでも彼女は”仕方がないわね”と言って、与えられた条件の中ピアノを奏でる。

 多くの観衆(特に私は感じなかったが、女性の観客の感動度合いが高いとの事)を魅了する彼女のエネルギーはどこから来ているのか、の判断は観客に委ねられる。

 <一人の女性の見事な生き様を写し取ったドキュメンタリー作品>

<2018年8月11日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

4.0難聴だということが全く感じられないほど素晴らしい!

kossyさん
2019年7月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

 「音楽堂まで行ってください」「はい、フジコ・ヘミングウェイのコンサートですね?」「そうそう」と客と会話をしたことを今でも覚えている。後になって恥ずかしくなりながらも、ヘミングウェイじゃありませんから!と突っ込んでもらいたかった自分がいる。

 年齢は公表してないらしいが、約86歳くらいのフジコ。還暦を過ぎてから売れ出したピアニストだ。80を過ぎても年間60か所のコンサートをこなすくらい、歳はまったく感じられない。パリ、ベルリン、サンフランシスコ、東京、京都、と自宅を持っているが、猫や犬を飼っている事実。ベルリンの愛犬アンジンがとても可愛かった。また、ラフマニノフの住んでた家など、人が暮らした家に興味を持ってることも彼女らしいんだろうなぁ。

 彼女自身難聴のためだろうか、自宅のピアノはちょっと調律されてないようにも感じられたが、彼女の奏でるピアノは優しさに満ち溢れている。弟で俳優の大月ウルフが茶化したように「ピアノは男が弾くもの」だという言葉もあったが、まるでそれに抗っているかのように女性の繊細さを表現している気もした。

 ハーフだということで学校ではイジメにも遭い、戦争直後は国籍を失うという過酷な経験をしながらも飄々と語る過去がとても新鮮に聞こえる。14歳当時の絵日記を織り交ぜながら、フジコの人となりを感じられ、全ては天使から試されていると施しをしたり、動物愛護に満ちた優しさが伝わってきた。今度はどんなピアノに出会えるんだろう?他の楽器と違い、自分のピアノを運べないのもプラス思考で考える生き様が素敵でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全22件)