プリズン・エクスペリメント

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
プリズン・エクスペリメント
プリズン・エクスペリメント
5%
36%
32%
16%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「es エス」「エクスペリメント」でも描かれた悪名高きスタンフォード監獄実験を、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエズラ・ミラー、「スカイ・ハイ」のマイケル・アンガラノ、「X-MEN:アポカリプス」のタイ・シェリダンら注目の若手俳優共演で映画化した心理スリラー。1971年8月。スタンフォード大学心理学部のジンバルドー教授は、夏休み中の校舎を利用してある実験を開始する。その内容は、被験者として集めた18人の男子学生たちをそれぞれ9人ずつ看守役と囚人役に分けて刑務所生活を再現し、「立場」や「役割」が人に与える影響を調べるというもの。被験者たちの行動は次第にエスカレートしはじめ暴力が横行するようになるが、教授はスタッフの制止もきかず実験続行を命じる。教授役に「ウォッチメン」のビリー・クラダップ。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」(17年7月15日~8月18日)上映作品。

2015年製作/122分/アメリカ
原題:The Stanford Prison Experiment
配給:AMGエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ジェーン・ドウの解剖
  • エンド・オブ・トンネル
  • ブリムストーン
  • アルカディア
  • トレジャーハンター・クミコ
  • ジュピターズ・ムーン
  • オッズ
  • ブルー・マインド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2015, Stanford Prison, LLC All Rights Reserved.

映画レビュー

2.0スタンフォード監獄実験三度目の映画化(多分) 俺の大好きな「es」...

ぜっとさん
2019年2月11日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぜっと

4.0まばたきの瞬間

2018年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

2015年サンダンス映画祭脚本賞を受賞したカイル・パトリック・アルバレス監督、ティムタルボット脚本の作品です。

世界で物議を醸したスタンフォード大学監獄実験を題材にした映画です。この映画もまたサンダンス映画出品作品ということで、かなり新人の監督が手がけた作品。

しかし、全くそんなことを感じさせない、まるでベテランの風格まで感じさせるような作りでした。脚本が素晴らしいということは文句ないのですが、監督の技が光っていたように見えました。

デヴィッド・フィンチャーを思わせるような、ライティングにステイショナリーなカメラ配置。そしてゆっくりのプッシュイン。これはもう定番のようになっていますが、どのタイミングでプッシュインをスタートするのか、どれぐらいのスピードなのか、何をセンターにフレーミングをするのかなどがかなり重要になってくるショットです。

レンズの使い方も絶妙で、キャラクターを主役としたショットはワイドでかなり奥行きのあるショットが効果的に働いていました。

後半のエクストリームクロースアップの連続はかなり見もので、まじでまばたきするのを拒むほどスクリーンにかじりついていました。

このまばたきをするのを拒むというのが、この映画で最も大きな発見でした。

まばたきというのは、生理的に目が乾いたときや、何か物がぶつかりそうな時にするものですが、人間の通常の行動として、脳とリンクしており、集中が切れた時、目線をそらす時などにするのが普通です。

ウォルター・マーチ先生の本に”In the Blink of an Eye”という本があるのですが、題名の通り、まばたきをする瞬間というのは映画の中でとても大事なことなのです。それは先ほど述べた集中力だったり目線の話になるのですが、映画はいかに観客の集中を制作側が意図したように動かすかというのが重要になってきます。それは、集中を操ることができれば、それはいわば観客が映画の世界に入り、映画体験をしているということになるからです。

まばたきをする瞬間に映像をカットすることができれば、映像が変わったということに人は意識を及ぼしません。それは、人が目線を動かす時にまばたきをすることと同じ現象だからです。

この映画では、その逆を感じました。エクストリームクロースアップの強力さというのを目の当たりにしたのです。エクストリームクロースアップの連続でシークエンスが作られるというこの体験はあまりしたことがなかったのですが、私の感想としては、一つの情報も逃したくないという意識からまばたきを無意識のうちに減らしていたようです。それほど、エクストリームクロースアップは観客に与える感情の強さというのが感じられます。

しかもそれが映画のクライマックスにくるし、その映画がスリラーなんだからそれはもう見逃せないのは当たり前ってぐらい。

映画が終わってエンドクレジットの前に画面が真っ暗になる瞬間に移る残像から、「あ、俺まばたきしてなかったんだ。」って気付いた時の驚きというか、感動というか、さらにスリラーだから心臓をえぐられるような感覚がさらに深くなったような感覚でした。

ストーリー自体が濃い味のするもので、さらにはキャラクターも豊富で、自分を疑いたくなるような内容で、サイコスリラー好きにはたまらない作品でした。

椅子から動けない感覚は最高ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Editing Tell Us

2.0胸糞悪い。 実際にあった実験だからそういうもんなんだろうけど、 教...

ハムさん
2018年11月12日
iPhoneアプリから投稿

胸糞悪い。

実際にあった実験だからそういうもんなんだろうけど、
教授の狂気をもっと描いて欲しかった。
誰も悪者にしたくないからこんな感じになったのかな。。
途中で教授の恋人が出てくる。実際の教授がその人と結婚したかもしれんが、ちょいっと出てきて嫌悪感出したのに、またすぐラストで微笑んでる。そんな中途半端なチョイ役を脚本に入れることで、なにを描きたかったのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハム

2.5この題材まだやるか?

2018年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この題材まだやるか?
この映画はほぼ事実に則った内容で、タイトルは忘れたが他作のはシチュエーションスリラーぽく手をくわえていたと思う。どっちが面白いかというと、後者かな。(もっと最後むちゃくちゃだった気はするが)
なぜか、この映画に関しては、囚人側に苛々した。やっちゃえよ、みたいな苛々。ボクシング見ていて「いけー」と思っているのに行かない、あの感じ。
でも、なんでわざわざこれ撮ったんでしょう。もうやってるのに価値ある?て、自分もなんで見たんだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る