ベイビー・ドライバー : 映画評論・批評

ベイビー・ドライバー

劇場公開日 2017年8月19日
2017年8月8日更新 2017年8月19日より新宿バルト9ほかにてロードショー

まさに神業。溢れる音楽愛とアクションが同期した、前人未到の新感覚

まずもってこの面白さ、今年1、2位を争うレベルと言って差し支えないだろう。冒頭から車が縦横無尽に疾走する爽快感は折り紙つき。いざ、お気に入りのナンバーが流れ出すと、イントロ部分から完コピした主人公“ベイビー”(アンセル・エルゴート)が一挙手一投足を同期させ、華麗なるステップでアクセルを踏み、神が舞い降りたかのような手さばきでハンドルを切る。こうして、すがりつくように追いかけてくるパトカーの群れを音楽に合わせ優雅にかわし、今しがた銀行強盗を終えたばかりの仲間たちを見事に逃がすのだ。

衝撃を受けっぱなしのこのオープニング。台詞はほとんど無い。なのに、この一連の映像からは、各々の役割や性格、特徴、現在置かれている状況、力関係などが全て細やかに伝わってくるではないか。まさに神業。一瞬、ウォルター・ヒル監督の「ザ・ドライバー」やニコラス・ウィンディング・レフン監督の「ドライヴ」などが頭をよぎるが、いや、奇才エドガー・ライトが放つこの号砲には、それらの作品とは異なる何とも言えない遊び心と華やかさ、可愛らしさが同居している。

画像1

基本軸となるのは、DOC(ケビン・スペイシー)を首領とする犯罪チームとそのお抱えドライバーの物語。とはいえ、本作は決してアクションに固執することなく、人や車の動きを使ってリズムを刻むミュージカルであり、みずみずしいボーイ・ミーツ・ガールのラブストーリーであり、哀しみの過去を持つ青年が“音楽”を媒介に社会とのつながりを保とうとする物語でもある。その全てを呆気にとられるような手法で脚本に落とし込んだ傑作。かくも音楽の力を借りてあらゆるジャンルを横断していくライト監督の手腕は、まさに“ベイビー”の卓越した運転テクニックそのものと言える。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」や「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」など台詞の面白さと奇想天外な発想で快進撃を遂げてきたライト監督。彼に以前、冗談半分で「あなたは映画界に革命を起こそうとしているのか?」と尋ねた事がある。彼は笑いながら「そんな大それたこと考えてないよ」と答えていたが、その実、彼は今後の映画界を少なからず変えるかもしれない本作を、密かに20年以上も前から計画してきたようだ。これまでとガラリと違う。一つ向こうの世界へ行ってしまった感すらある今回の仕上がり。その強力な影響力は何よりも終映後の観客の足元、その軽やかなステップにこそ、最も端的に表れると思うのだ。

牛津厚信

関連コンテンツ

特集

「マッドマックス」「キングスマン」──《映画好き絶対支持》今年は本作 全米も、映画のプロも、耳の早いヤツラも、みんながベイビーに夢中!
特集

「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」の天才監督エドガー・ライト監督が、疾走するカー・チェイスとセンスあふれる楽曲の数々を完全シンクロさせた異色アクション「ベイビー・ドライバー」を完成させた(8月...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ベイビー・ドライバー【初回生産限定】[Blu-ray/ブルーレイ] ベイビー・ドライバー 4K ULTRA HD & ブルーレ...[Ultra HD Blu-ray] ベイビー・ドライバー[Blu-ray/ブルーレイ] ベイビー・ドライバー[DVD]
ベイビー・ドライバー【初回生産限定】[Blu-ray/ブルーレイ] ベイビー・ドライバー 4K ULTRA HD & ブルーレ...[Ultra HD Blu-ray] ベイビー・ドライバー[Blu-ray/ブルーレイ] ベイビー・ドライバー[DVD]
発売日:2018年1月24日 最安価格: ¥4,303 発売日:2018年1月24日 最安価格: ¥4,406 発売日:2018年1月24日 最安価格: ¥2,539 発売日:2018年1月24日 最安価格: ¥1,855
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全337件)
  • 音楽と映像を楽しむ映画です ネタバレ! ...続きを読む

    スノークの息子 スノークの息子さん  2018年5月22日 16:36  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 軽い 軽いのを観たい気分の時にはいい。 オーシャンズ11を思い出した。 ディパーテッドと2本立てで観たら、同じギャングものだけど、明らかに見劣りしてしまった。リアルを求めてたら受け入れづらいかも。 ... ...続きを読む

    カルカソンヌ カルカソンヌさん  2018年5月21日 22:02  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 結局は犯罪者を正当化している映画。 昨年見落とした作品を機内鑑賞。 何故防犯カメラ映像で捕まらないのか? 義父孝行?純愛?でも犯罪者。 音楽も良いとヒットしたらしいが、それは音楽を知らないからだと思う。 セクハラ問題で消えたケビン... ...続きを読む

    やなちゃん やなちゃんさん  2018年5月1日 18:18  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • レディ・バード レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆ける 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi