リベリアの白い血

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
リベリアの白い血

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨークを拠点に活動し、本作が長編デビュー作となる福永壮志監督が、ニューヨークとアフリカを舞台に描く移民の物語。シスコはリベリア共和国のゴム農園で働きながら、家族を養っていた。過酷な労働環境改善のため、仲間たちとともに立ち上がるが、状況は一向に変わる気配がなかった。そんな折、シスコはいとこのマービンからニューヨークの話を聞き、より良い生活のために愛する家族をリベリアに残し、単身アメリカへ渡ることを決意する。ニューヨークのリベリア人コミュニティに身を置き、タクシードライバーとして働き出したシスコは、移民の現実に直面しながらも、多種多様な人が住み、騒がしい都会での生活に少しずつ順応していく。しかし、予期せぬタイミングで元兵士のジェイコブと再会したシスコに、リベリアでの忌々しい過去がよみがえってくる。

2015年製作/88分/アメリカ・リベリア合作
原題:Out of My Hand
配給:ニコニコフィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

映画レビュー

4.0異郷人の目で見たニューヨークの孤独。

MPさん
2017年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

難しい

主人公のシスコは母国リベリアに家族を残し、単身渡ったニューヨークでタクシードライバーをしながら日銭を稼いでいる。しかし、大都会は彼に優しくはなく、さらに、消し去りたい過去が異郷の地に渡っても尚、疫病神のように纏わり続ける。いったい、ニューヨークにはどれだけのシスコがいるのだろうと思わずにはいられない。当地を訪れた時、運転席でハンドルを握る顔が見えないタクシードライバーたちのぶっきらぼうな声がふと脳裏をかすめた。日本人監督の福永壮志も、恐らく同じ思いをしたはずだ。そして、彼らにも彼らなりのドラマがあるはずだと。同じ異郷人の目で見たニューヨークの孤独が程よく体に染み渡るのは、そんな監督の視点と、シスコを演じるリベリア人、ビショップ・ブレイが観客のシンパシーを呼び込むに足るルックスの持ち主だからだと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MP

5.0世界を知らなければ!知ることは楽しい!

2019年6月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

貧しくても、純朴で豊かな生活を送っている、アフリカにそんなイメージはないでしょうか。内戦や飢餓、疫病、移民の事実は報道されても、バラエティー番組の「刷り込み」でしょうか、明るい陽射し、あざやかな色合い、笑顔の人々。
おろかな私でした。

ゴム農園のプランテーション、ブリジストンの子会社ファイアストン、ストライキ、移民、イエローキャブ。遥かかなたのボンヤリとしたアフリカは、私の中で具体的にくっきりと像を結びました。
普通の人々が、普通に生活し会話し、普通に豊かさを求め、普通に幸せを願う。
私とつながった感覚を覚えます。

アフリカからアメリカに居を移しても、最底辺の生活。
特別なエンディングがある訳ではなく、何の救いもなく生活は続いていく。安易な意味づけを拒む、監督の意志を感じます。
いい映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マツドン

4.5静かな映画

2017年9月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ビルカバンバン

3.5淡々と

2017年9月16日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うどん人
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る