きっと、いい日が待っている
ホーム > 作品情報 > 映画「きっと、いい日が待っている」
メニュー

きっと、いい日が待っている

劇場公開日

解説

コペンハーゲンの養護施設で起きた実話をもとに、自分たちの手で未来を切りひらこうとする幼い兄弟の絆を描き、デンマーク・アカデミー賞で作品賞をはじめ6部門に輝いたヒューマンドラマ。1967年。労働者階級の家庭に生まれた13歳の兄エリックと10歳の弟エルマーは、病気の母親から引き離されて養護施設に預けられる。そこでは、しつけとは名ばかりの体罰が横行していた。さらにエリックたちは新しい環境になじめず、上級生たちによるイジメの標的になってしまう。そんな過酷な日常から抜け出すべく、兄弟は施設からの逃亡を図る。ラース・フォン・トリアー率いる製作会社ツェントローパの俊英イェスパ・W・ネルスンが監督をつとめ、デンマークで史上最高視聴率を記録したテレビドラマ「THE KILLING キリング」のスタッフやキャストが集結。ソフィー・グロベルが子どもたちを見守る教師役、ラース・ミケルセンが厳格な校長役を演じた。

作品データ

原題 Der kommer en dag
製作年 2016年
製作国 デンマーク
配給 彩プロ
上映時間 119分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

虐待の横行する施設で、「宇宙」への夢を支えに闘った兄弟の実話ドラマ
きっと、いい日が待っているの映画評論・批評

目を背けたくなるような現実を容赦なくえぐり、過酷な運命にあえぎながら必死で生きようとする人たちの姿を刻みつける。これはいわば、デンマーク映画のお家芸だ。1960年代後半にコペンハーゲンの児童養護施設で起こった虐待をベースにした本作もま...きっと、いい日が待っているの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全20件)
  • 善悪 色んな立場の人間が登場。 状況によって誰でも善人、悪人になるんだろうな、と考えさせられた。 虚栄心や立場、生い立ちが人を変える。 誰しもみんな子供だったのにね。 ポーランド語なのかな?英語でない... ...続きを読む

    カルカソンヌ カルカソンヌさん  2018年6月27日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 今でもどこかであるのでは 非常に考えさせられる内容の映画。実話。現在も世界のどこかでこのようなことがあるのでは?!ぜひ多くの人に見てほしい作品。 非常に良かった。 ...続きを読む

    saki222 saki222さん  2018年4月16日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 過去の話にしてしまって良いか 閉ざされた環境というのはどの世界にも今なおあるわけで、この話を彼の国のひと昔前の話にしてしまう危うさを戒める必要がある。管理する側を悪人に断定することも危ういことでもある。社会が隔離して蓋を閉じ... ...続きを読む

    Kj Kjさん  2018年2月18日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「きっと、いい日が待っている」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi