リバーズ・エッジ

劇場公開日:

リバーズ・エッジ

解説

1993年に雑誌「CUTiE」で連載されていた岡崎京子の同名漫画を、行定勲監督のメガホン、二階堂ふみ、吉沢亮の出演で実写映画化。女子高生の若草ハルナは、元恋人の観音崎にいじめられている同級生・山田一郎を助けたことをきっかけに、一郎からある秘密を打ち明けられる。それは河原に放置された人間の死体の存在だった。ハルナの後輩で過食しては吐く行為を繰り返すモデルの吉川こずえも、この死体を愛していた。一方通行の好意を一郎に寄せる田島カンナ、父親の分からない子どもを妊娠する小山ルミら、それぞれの事情を抱えた少年少女たちの不器用でストレートな物語が進行していく。ハルナ役を二階堂、一郎役を吉沢がそれぞれ演じる。

2018年製作/118分/R15+/日本
配給:キノフィルムズ
劇場公開日:2018年2月16日

スタッフ・キャスト

監督
原作
岡崎京子
脚本
瀬戸山美咲
製作
斉藤剛
中山道彦
原田知明
木下直哉
佐野真之
瀬井哲也
倉田奏補
小川真司
古賀俊輔
エグゼクティブプロデューサー
金吉唯彦
遠藤日登思
プロデューサー
小川真司
吉澤貴洋
古賀俊輔
杉山剛
アソシエイトプロデューサー
小林亜理
行実良
音楽プロデューサー
北原京子
ラインプロデューサー
新野安行
キャスティングディレクター
杉野剛
撮影
槇憲治
照明
中村裕樹
録音
伊藤裕規
美術
相馬直樹
装飾
田口貴久
スタイリスト
高山エリ
衣装
杉本真寿美
ヘアメイク
倉田明美
特殊造形
宗理起也
特殊メイク
宗理起也
VFXスーパーバイザー
進威志
音響効果
岡瀬晶彦
編集
今井剛
音楽
世武裕子
主題歌
小沢健二
スクリプター
工藤みずほ
助監督
是安祐
制作担当
大田康一
企画協力
藤野良太
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

映画レビュー

5.0タイトルなし

2023年8月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

一度見たと思うけど、吉沢くん推しで見る。ということは、最初に見たときは、吉沢くんにそこまで惹かれなかったのだろう。
岡崎さんの世界は嫌いではない。本人と親しく話したこともあるし。でも、やっぱり彼女の世界はちょっと病んでてそんなに好きではない。苦しさが伝わってくる。
亮くんはいじめられキャラ。ゲイ役だったのか。ゲイのウリ役とか今みたいにスターになったらもうレアか。憑依してるというか、なりきってる。こんな亮くんが描けてるだけ、この映画はすごい。
役作りに格闘したとある。そうだったんだろう。彼のいろいろな面が引き出されている。
彼が好きな男の子が女の子とふざけてるところですれ違うシーンはサイコー。
ふみちゃんはいい。
亮くんはこういう役の人じゃないんじゃないかな。でも、彼にはこういう一面もあるのもそう。解離的というか。CMのメイキングとか見てると感じる。すごくいい子だと言う感じと両方あるのが不思議な子だ。
今から思うと新しくもないし、岡崎さんの世界。
過食のシーンも嫌い。自虐的。全体的に。
倒錯の世界は嫌いではないのだけど、これは暗すぎ。
死体は死の隠喩。岡崎さんは表象の手前で終わってる。そこに現実的リアリティはあるけど、だからこそ危うい。中2病を少し超えたくらいのところ。
亮くんとふみちゃんの友情感がこの映画の救い。その空気感の亮くんは素晴らしい。
どの子もすごく危うい。
猫のミートボールあたりから前回ついていけなくなったんだか。
姉を殺したり、嫉妬で火だるまになって死んだり、アクティングアウト。その時の亮くんの享楽の表情は、やらされ感というか、演技感でいまいち他と統合性がなし。
生きてて良かったかインタビューで火だるまになる女のコに聞いて追い詰めるのとかすごいけど、全体に世界が好きではない。
岡崎京子の位置はふみちゃんか。
アクティングアウト=死によって生を感じる。それは、亮君の享楽と通じてるのか。
最後の二人のシーンは昇華的でほっとする。
ふみちゃんの立ち位置にも救われる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
えみり

3.5公開当時は絶対に認めてやらないぞって気持ちでした。

2023年7月22日
スマートフォンから投稿

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
タヌキ

3.0もう二度と

2023年6月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

観たくない映画。

つら過ぎて、苦し過ぎて、
痛々しくて、生々しくて

それはもう交尾で
とても虚しい、、

でもきっと 忘れられない。

エンディングの小沢健二の
あまりにも明るく
うそみたいに軽いリズムに
やっと救われた。
だんだん広がり、深みを増すメロディー

「明かりが生みだす闇に隠れた
、、汚れた僕ら」
もう、出ておいで、
光の方だけみて、
闇は余りにも深いから、

「神は細部に宿る」
そう、自然に目を開いて

「ご飯が炊かれ、麺が茹でられる」
それはとてもしあわせなこと、

「汚れた川は 再生の海へと 届く」
やっと希望がみえた、!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
she'lly

2.5特定の世代には懐かしい

2023年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

原作が話題になっていたころに青春時代をすごしたもので、このアンニュイな、いわゆる当時のクラブ、サブカルチャー扱いだったドラッグ、セックス、バイオレンスのテイストを懐かしく眺めました。
もてあました何かを鬱屈させて、そういう形で吐き出していましたよという空気。
平成令和は違うんだろうなと。
楽しい内容ではないし、生々しいベッドシーンには正直うんざりもします。
でも鬱屈とするものの吐露を求める方には合うのかもしれません。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
こまめぞう
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る