劇場公開日 2018年2月16日

  • 予告編を見る

リバーズ・エッジのレビュー・感想・評価

3.3113
17%
42%
30%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全113件中、1~20件目を表示

3.5これも青春

セツさん
2020年7月24日
iPhoneアプリから投稿

原作ファンですが、キャストがとても良かった。
ストーリーも原作に忠実でした。
でも描写が漫画だと絵がリアルじゃないこともあってそんなにキツく感じないんですが、実写だと相当過激。
岡崎ワールドをナメたらあかん。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
セツ

1.5ど真ん中世代です

ミカさん
2020年7月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミカ

3.5欲望と焦燥の中で生きる、衝撃の青春ストーリー! 短い永遠の中で、何を見つけるのだろう

2020年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2019年12月29日

#リバーズ・エッジ 鑑賞

#岡崎京子 原作
R 15+指定映画
#二階堂ふみ の演技はもちろんいいが、この映画で #吉沢亮 は一皮むけた感じがするね。
ヒリヒリする!
#二階堂ふみ#吉沢亮

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくはるあかね

2.0救いのない映画。

Yohiさん
2020年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

救いのない、観ているのが苦痛になる映画。クズのような人間しか出てこない。原作は名作と言われている漫画らしいが、漫画だと違うのだろうか?後から知ったのだが、設定になっている高校は定時制ではなくゆとり教育を採用した至福の高校だったらしい。てっきり定時制かと思っていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yohi

3.5難しいけど嫌いじゃない

もっちさん
2020年2月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

色んな心の闇が渦巻いていて、ずっしりと重くて、理解するのは難しいけど、この心がざわざわする感じ、全然嫌いじゃない。

前にも感じた感覚だと思ってたら、パレードと同じ監督さん。納得納得。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もっち

3.5若者達の生き辛さ

2020年1月20日
PCから投稿

今みたい多様性がまだ認められてない時代の若者達の息苦しさ、生き辛さなどがひしひしと伝わってきた。吉沢亮と二階堂ふみが身体をはった素晴らしい演技をしている。焼死体が誰なのか解った瞬間の吉沢亮の表情には鳥肌がたった。ただのイケメン俳優枠と思っていたけどキングダムの一人二役の演じ分けを観てから彼を見る目が変わった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー

3.593年からの手紙

2019年12月3日
iPhoneアプリから投稿

映画終了後、ぼんやりと考える。93年は生きているのも死ぬのも同じだよという北野武の「ソナチネ」があって、それでもそこであなたたちは生きていく術を掴めるという岡崎京子の「リバーズ・エッジ」があったんだなとか、小沢の「アルペジオ」はあの季節を過ごした人たちへの私信でもあるのかなとか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
flipperpinball

3.5二階堂ふみの身体を張った演技と、小沢健二の歌をもってしても、岡崎ワールドを映像化するのは難しい。

NOBUさん
2019年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 河原に放置された、”宝物の死体”の存在を共有することで、若草ハルナ(二階堂ふみ)と山田(吉沢亮)とこずえ(SUMIRE)は不思議な絆で結ばれていく。

 山田の自らの性癖に悩む姿を始め、荒涼とした若者達の心がヒリヒリとした映像で伝えられる。

 それを彩る、岡崎京子の長年の友人小沢健二の”アルペジオ(きっと魔法のトンネル)”

 それでも、魔法は起きなかった作品。

<2018年2月16日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

5.0日本映画の最高峰のひとつ

2019年10月30日
PCから投稿

原作最高、シナリオ最高、映像最高、演技最高。
特に、吉沢亮の演技は凄いです、日本最高の俳優でしょう。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシンⅡ

2.5原作のファンだけど

2019年10月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

良くも悪くも原作に忠実であろうとした映画。監督の演出が古臭く、少々鼻につく。
原作の漫画のファンだけど残念かな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
IbukiYasaburo

1.5闘ってるのは伝わりました

向日葵さん
2019年10月4日
Androidアプリから投稿

未成年のタバコ、ドラッグ、暴力、いじめ、摂食障害、家庭不和、性行為、同性愛、嫉妬心…。未成年が興味を惹かれそうな影を詰め込んだような作品でした。
皆苦しい環境の中で闘ってるのは伝わったし、分かる部分もあるけど、観賞後は救われない気持ちが残りました。ドキュメンタリー調の撮影はいらなかったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
向日葵

3.0二階堂ふみ、、彼女の出演作品は必ず観ます。

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

二階堂ふみ、、彼女の出演作品は必ず観ます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

5.0大人になるまでの通過儀礼を”こころ”で感じた作品でした!

2019年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、試写会、映画館、TV地上波、VOD

言葉で文章化してしまうと、心が泣いてしまうので、あまり申し上げることができませんが、この映画は現代社会の中で(今生きている世界の中で)可視化することが難しい若者たちの闇を宇津井出しているのではないかと”こころ”で感じました!

一度は見るべき作品であるし、ここでの映画が作られた意味を考えながら、映画とともに生きていきたいと思いました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AYAKA NIIKURA

4.0ただただ重い、けど面白い

きむさん
2019年9月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

普通に面白かったです。吉沢亮好きとしては闇吉沢亮が最高でした。湊かなえの映画が好きな人は好きかも?
濡れ場がもろに出てくるし、しかも何回も出てくるので家族と一緒に見ないほうがいいと思います笑

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
きむ

4.0二階堂他1名があっさりぬぐ、やる

2019年5月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

4:3ラスト1カットだけフルサイズ
ゲロ吐く
漫画実写化、漫画未見
物凄いことが淡々と起きる高校生、そら呪われてると考えても当然
円光、ドラッグセックス、ゲイ、ゲイ売春、シックスナイン、学校でフェラ、セックス、あおかん、白骨死体、首締めセックス、放火、猫が3匹とも洋猫アメショ柄、ミートボール描写しないけど不快
川崎をイメージした
浜松
足利市
桐生市
大田区
ほんわか小沢健二のエンディングテーマのセンスがわからない、劇中に言及あるとはいえ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.5善し悪しが分かれてますね

2019年4月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

個人的には好きな作品でした。
ドラッグ、父親が分からなくなるようなSEX、過食症、というような若者達の葛藤を描いた作品がそもそも好きですが
変わり者すぎる吉沢亮とこれまた変わり者の過食症の女の子、好きでもない男と付き合っているまたまた変わり者の二階堂ふみ。
キャラクターそれぞれに個性があり1人1人興味深いキャラでした。

原作未読ですがさすがCUTiEに連載されていただけありそれぞれのファッションの個性も楽しめた。

にしても、二階堂ふみの演技大好きすぎる

吉沢亮はお顔が美しい。
遺体が森川葵だと分かった時のあのなんとも言えない顔が印象的でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cocoまる

3.5この世にはびこる全ての歪み

いつこさん
2019年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

が、終結した感じ。いじめ、同性愛、ネグレクト、ドラッグ、過食症、引きこもり、セックス、買春、それをさばくのが純粋な主人公だったのが救い。町の雰囲気がそうさせるのか。歪みはどこにでもあって、これはただその一部を切り取っただけなのか。90年代前半の設定だけど、深刻に現代と結びつくものがある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

5.0全員、声がいい。(特に二階堂ふみ)

2019年3月28日
iPhoneアプリから投稿

Go、ピンクとグレー、ナラタージュ
行定勲監督の作品は、表情の抜き出しと、シーンカット、台詞回しがとても上手くて、
万引き家族の是枝監督の様に、ワンカットも台詞も長いために、なかなか意図を読み取るのが簡単ではない作品とは違い、
リアルな感情が伝わってくる。

行定勲監督の作品は、人間の本質、裏側、日常に溢れてる残酷さ、それでも世界は美しい 的な
是枝監督の作品は、身近にありすぎて気づかない大切なもの、愛のある嘘、平凡な毎日に見えてそうじゃない 的な

どの作品を見ても、行定勲監督には日本のトップレベルの技術があると思うし、着目点というか視点が、別の世界の問題に思えて、実はどんな人にでも当てはまる様なものであったりして、確実に観た人の心を掴んでいることと思うが、
どうしても美しい映像になりきらない
今回の映画、フィルムのサイズや、フィルター、服装も90年代風で、この世界観好きかも、、、と思う人もいると思うが、夜の工業団地、川、橋、のシーンが多い中で、あまりその良さを上手く引き出している映像とは言えないと思う。

スワロウテイル、undo、花とアリス等、涙が出るほど美しい映像を作れる、岩井俊二監督がこの映画を作ったら、きっと全く違った空気感の映画ができるのではないかと、想像するのが楽しくてたまらない。

第2回目鑑賞の感想

最後の吉沢亮のセリフ「若草さん、もう一度UFO呼んでみようよ。」
この一言、とてつももなく優しさに溢れていると、そう感じた。
いろんなものを失ったふたり。
これから大人になっていくにつれ、失うものわどんどん増えていく。
でも、そんな事も知らない彼は、欲しいものを念じる。
念じれば手に入るよ、と二階堂ふみに言う。

とても個人的な感想。
いじめられて、ゲイで、病んでる吉沢亮、どツボ。
何回でも巻き戻せるあのオッさんとヤるシーン。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
19歳®︎

3.0生きる

2019年3月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

なかなか考えさせられるが答えが出ない作品。"生きる=感じる"が印象的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.5もう一度見たくなる

Ayakaさん
2019年3月16日
iPhoneアプリから投稿

ストーリーはすごく良かった。
狂気染みた人間性、純粋さ、依存。
若い時に、どれかは絶対経験していること。

役者も良かったが、高校生らしさは感じなかった
若さが感じられず、やはり違和感があった
森川葵は、身体の筋や、声のトーン一番、近づけていたのではないかな?

もっと長く見ていたかったな。
短いからもったいない、と思える作品。
もう一度、見たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ayaka
「リバーズ・エッジ」の作品トップへ