修道士は沈黙する
ホーム > 作品情報 > 映画「修道士は沈黙する」
メニュー

修道士は沈黙する

劇場公開日

解説

「ローマに消えた男」のイタリア人監督ロベルト・アンドが、世界経済を牛耳る大物政治家たちの集まりに招かれた清貧な修道士が思わぬ事件に巻き込まれていく様子を描いた社会派ミステリー。バルト海に面したドイツのリゾート地ハイリゲンダムでG8財務相会議が開かれる前夜。国際通貨基金の専務理事ロシェは、各国の財務相およびロックスター、絵本作家、修道士という3人の異色ゲストを招いて自身の誕生日祝いを開催する。会食後、イタリア人修道士サルスはロシェから告解を受けるが、その翌朝、ビニール袋を被ったロシェの死体が発見される。警察の極秘捜査が進められる中、戒律に従ってロシェの告解内容について沈黙を続けるサルスは、各国財務相の政治的駆け引きに翻弄されていく。修道士サルス役を「グレート・ビューティー 追憶のローマ」のトニ・セルビッロ、ロシェ役を「八日目」のダニエル・オートゥイユ、絵本作家役を「ワンダーウーマン」のコニー・ニールセンがそれぞれ演じた。「イタリア映画祭2017」(2017年4月29日~5月6日=東京・有楽町朝日ホール)では「告解」のタイトルで上映。

作品データ

原題 Le confessioni
製作年 2016年
製作国 イタリア・フランス合作
配給 ミモザフィルムズ
上映時間 108分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

その修道士は神か、危ない男か。セルヴィッロという俳優の興味深さが匂い立つ
修道士は沈黙するの映画評論・批評

バルト海を望む高級ホテルに集ったG8の財務相たち。世界市場を左右する会議を前に、彼らを招いて誕生日を祝った国際通貨基金の専務理事が翌朝、死体となって発見される。自殺か他殺か。騒然とする中、容疑者として浮かんだのは宴の後、告解のため理事...修道士は沈黙するの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全14件)
  • ヨーロッパテイストが強いということか、エンターテインメントより芸術... ヨーロッパテイストが強いということか、エンターテインメントより芸術なのか、当方の宗教への理解不足か、題材は面白いのに、もっと面白くできたんじゃないかな、と思った。 日本の描き方は、あれでいいの⁈ ...続きを読む

    ミーノ ミーノさん  2018年5月5日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最後の詰めが・・ ネタバレ! ロベルト・サルスを演じるトニ・セルビッロの抑えた演技は良かった。まさに「沈黙」しなければならない神父の表情が、心の深奥を描き出していた。 Le confessioni、そう題名は告解である。どう... ...続きを読む

    critique_0102 critique_0102さん  2018年4月30日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 沈黙? なぜ自殺する専務理事は、修道士、絵本作家、ミュージシャンを呼んだのか? 迷子になる謎の老人? プール、庭、テラスからの海の景色が美しい。 表情で語るタイプの演技も良かった。 理屈の部分は字幕の日... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2018年4月27日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi