修道士は沈黙する

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
修道士は沈黙する
修道士は沈黙する
7%
39%
38%
11%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ローマに消えた男」のイタリア人監督ロベルト・アンドーが、世界経済を牛耳る大物政治家たちの集まりに招かれた清貧な修道士が思わぬ事件に巻き込まれていく様子を描いた社会派ミステリー。バルト海に面したドイツのリゾート地ハイリゲンダムでG8財務相会議が開かれる前夜。国際通貨基金の専務理事ロシェは、各国の財務相およびロックスター、絵本作家、修道士という3人の異色ゲストを招いて自身の誕生日祝いを開催する。会食後、イタリア人修道士サルスはロシェから告解を受けるが、その翌朝、ビニール袋を被ったロシェの死体が発見される。警察の極秘捜査が進められる中、戒律に従ってロシェの告解内容について沈黙を続けるサルスは、各国財務相の政治的駆け引きに翻弄されていく。修道士サルス役を「グレート・ビューティー 追憶のローマ」のトニ・セルビッロ、ロシェ役を「八日目」のダニエル・オートゥイユ、絵本作家役を「ワンダーウーマン」のコニー・ニールセンがそれぞれ演じた。「イタリア映画祭2017」(2017年4月29日~5月6日=東京・有楽町朝日ホール)では「告解」のタイトルで上映。

2016年製作/108分/G/イタリア・フランス合作
原題:Le confessioni
配給:ミモザフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • プラネット・テラー in グラインドハウス
  • デス・プルーフ in グラインドハウス
  • 極道兵器
  • デッドボール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • 血を吸う粘土
  • ホーンズ 容疑者と告白の角
  • クラウン
  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2015 BiBi Film-Barbary Films

映画レビュー

2.0確かに喋りすぎw

2021年3月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

うーん、何度も寝てしまったしとても観ていて辛かった。

話の展開がかなりダルい、冒頭からゆるーりとした本当にイタリア感がある様な作品。

またG8も通貨の位置付けも理解できるが、登場人物がややこしく、陰謀がチラチラと見え隠れするのかと思いきやイマイチぱっとしない。

修道士もピンとこないし、告解もなんだかなーってな感じ。一応わかるけど、馴染みのある感じではないのでリアリティーが。

あっちの人が見ればまたちがうのかなー?と。

自分には合わない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ポップコーン男

4.0【清廉なカルトジオ修道士、IMF専務理事の告解に静に苦悩する】

NOBUさん
2019年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

 “物質主義vs精神主義”を題材に、ドイツの高級リゾートホテルでのG8 先進首脳会議に招かれたカルトジオ修道士 ロベルト・カルス(トニ・セルヴィッロ)が思わぬ事件に巻き込まれていく様子を描いた知的ミステリー。

 物語の設定も含め、大変面白い。(何で、G8にカルトジオ修道士が招かれたのかは観れば分かる)

 苦悩しながら、修道士が自らの信念を貫く姿勢に頭を垂れる。

 ラストは爽やかである。

<2018年5月2日 旅先のミニシアターにて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

4.0オリジナリティがエグい。

2019年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

これは見てもいいと思う。
この知的背景の幅広い取り込み方は、なかなかお目に掛かれないレベル。各ジャンルをさらっと拾う、にしてもそれぞれに繋がりを持たせるには相当の知識が必要。

宗教と経済(金融)というミックスがそもそも個では発想しづらい(作中あるように価値観が違いすぎる)が、さらに展開は風変わりなミステリー。
で、全体を見るとどうも静かなユーモアがあるよう。全然しゃべらない名探偵ポワロみたいな。数式で全部ひっくり返る展開はコメディ。

変な映画かもしれないがオリジナリティがエグい。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
okaoka0820

3.5存在感のある俳優陣

niaさん
2019年6月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

寝られる

映像に動きが少なく、登場人物を正面に捉えて語らせる単調なシーンが多くて寝落ちしそうな瞬間が何度かあった。
けれども、「七つの会議」に匹敵するほどの重厚感のある濃い俳優陣が勢揃いで気が引き締まった。
特に修道士の浮世離れした存在感。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
nia
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る