あさがくるまえに

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
あさがくるまえに
21%
53%
24%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

心臓移植をめぐって繰り広げられる喪失と再生の物語を、「預言者」のタハール・ラヒム、「毛皮のヴィーナス」のエマニュエル・セニエ、「Mommy マミー」のアンヌ・ドルバル共演で描いたフランス製ヒューマンドラマ。「聖少女アンナ」「スザンヌ」で注目された新鋭女性監督カテル・キレベレが、メイリス・ド・ケランガルのベストセラー小説をもとに映画化し、命のやりとりに直面した人々の葛藤を静謐なタッチで描き出す。夜明け前、青年シモンは恋人が眠るベッドをそっと抜け出し、友人たちと一緒にサーフィンに出かける。しかしその帰り道に自動車事故に巻き込まれ、病院で脳死と判定されてしまう。報せを受けて病院に駆けつけたシモンの両親は現実を受け入れられないまま、医者から臓器移植コーディネーターのトマを紹介される。一方、パリで暮らす音楽家の女性クレアは重い心臓疾患で臓器提供を待っていたが、若くない自分が他人の命と引き換えに延命することに疑問を感じていた。

2016年製作/104分/PG12/フランス・ベルギー合作
原題:Reparer les vivants
配給:リアリーライクフィルムズ、コピアポア・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)Les Films Pelleas, Les Films du Belier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

映画レビュー

4.0心臓移植をめぐるリアルな群像劇と詩的な映像の絶妙なバランス

AuVisさん
2017年9月16日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

知的

冒頭、未明にベッドから抜け出した青年が二階の窓からふわっと飛び降りる、そのショットでいきなり心をつかまれた。危険と自由の隣り合わせ。37歳のフランス人女性監督、カテル・キレヴェレの長編第3作にして日本初公開作品。スローを効果的に使った詩的な映像のセンスが抜群で、敬愛するというガス・ヴァン・サント作品に似た雰囲気も。

事故で脳死になった青年と心臓疾患の中年女性を2つの軸とする、それぞれの家族や恋人、医療従事者たちの群像劇。説明しすぎず、省略の加減が絶妙なストーリーテリング。登場人物の想像を実景にシームレスに現出させる手法もうまい。近親相姦を想起させるイメージも描かれるが、誕生と死の重ね合わせだろうか。

タハール・ラヒムが演じる臓器コーディネーターが印象的。はじめは配慮不足の無神経な男のように思えるが、手術のシーン(メイン画像の場面)でそんな予断がひっくり返される。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
AuVis

4.0映像表現は数少ないほど解り易くて良い

2018年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bloodtrail

3.0命に重さはないものの

Kumikoさん
2018年4月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kumiko

5.04.9

2018年3月22日
iPhoneアプリから投稿

個人的には2018年暫定1位
2017年に見ていればトップ3に食い込んでいたであろう本作
開始5分でその中にずるずると引き込まれていった
事故で脳死状態になった少年の人生と息子2人を抱えた心臓の弱い母の人生
二つの軸が交わるとき自分はすごいものを見ているという感覚に陥った
実体験や自分が置かれている現状によって好みが左右する話であることは百も承知だが、後半30分はハンカチ無しでは見ることができなかった
フランス映画ならではの映像で語りかけてくるそれは言葉が一定時間なかったことを気づかせてくれるほど強烈である
さまざまなシーンが脳裏に焼き付いて離れない
事故、家族の悲しみ、医師の心情、母の愛情、息子の不安、愛する人との別れ、譲れない約束、目覚め
愛する人がいる全ての方に見てほしい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じゃがりこ
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る