一礼して、キス

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
一礼して、キス
6%
17%
34%
14%
29%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

加賀やっこの同名人気コミックを、それぞれこれが映画初主演となる池田エライザと中尾暢樹の共演で実写映画化。中学からの6年間、弓道に青春を捧げてきた弓道部部長・岸本杏は、高校3年生で挑んだ夏の大会も満足のいく結果が出せないまま終わってしまう。一方、次期部長候補である後輩の三神曜太は、入部時から天才ぶりを発揮。普段からほとんど練習もせずに大会でも優勝した三神に複雑な思いを抱く杏は引退し、部長を三神へ引き継ぐことを決める。しかし、そんな三神は、杏への一途な思いを募らせていた。先輩女子の杏役を、人気モデルで「オオカミ少女と黒王子」「トリガール!」などで女優としても活躍する池田、後輩男子の三神役を「動物戦隊ジュウオウジャー」の中尾がそれぞれ演じ、松尾太陽、鈴木勝大らが脇を固める。監督は「クローバー」「今日、恋をはじめます」の古澤健。

2017年製作/99分/G/日本
配給:東急レクリエーション

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2017 加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」制作委員会

映画レビュー

2.5池田さんを堪能した

CBさん
2020年3月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

弓道が大好きな主人公女子が、弓道が好きでもないけど上手な後輩男子と恋愛する話。

…って、それじゃあんまりか。監督も言っていたが、少女マンガの一つのパターンとして、支配的な男の子が、どちらかといえば冴えない女の子を好きになり、それが最後には逆転し女の子が教育する話があるとのこと。
たしかに、そんな話だった。

自分も、冒頭で、少女マンガにはなかなか入り込めないなあ、と思った瞬間は何度かあったが、今日は純粋に池田さんを堪能しに来ているので、それに惑わせられることなく、楽しめました。現在のよう洗練された池田さんになる前の彼女にピッタリな役柄だったように思う。

弓道場にいる彼と、公園にいる彼女が、離れていながら、シンクロして弓を引くシーンは、好きなシーンだった。(「スイングキッズ」でも同じようなことを書いたな。俺、男女が離れた場所でシンクロする絵柄が好きなのかな)

個人的に満足です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CB

2.5あれ?

2019年9月9日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キクさん

0.5最後まで観れませんでした

A子さん
2019年7月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
A子

1.0高校生は肉体接触しないほうが良いと思う

Takehiroさん
2019年7月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

意図してなかったので偶然というのだろうか、前回観た『恋と嘘』と同じ監督で同じ年の放映映画だったが、両映画の共通点というと、男性のほうがちょっとドライなようで抜けているような変わった人物で、女性は観音様か地蔵様のような受け入れてあげるタイプの女性だった。男性にとっては今回の映画の高校3年女子と高校2年の男子の話というように金のわらじな話だった。しかし、高校生で交際するなら、キスも私自身は良くはないと思うので、前映画同様に評価はかなり低くするが、男性のほうが、両親が仕事で外国に長期滞在し、そこらへんのずれが正確に乗っかってしまっているような精神分析的な面は挿入されていたりしていた。高校生で出会ったとしても、ぜひ一緒になり、不倫せず、離婚せず、生涯を共に過ごすなら、婚前のディープな接触もやや罪は減じられるのだろうかどうか。アメリカの真似に過ぎない日本の性教育の破綻のせいでこうした映画ばかりの現状だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Takehiro
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る