はじまりのボーイミーツガール

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
はじまりのボーイミーツガール
はじまりのボーイミーツガール
11%
62%
26%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

チェリストを夢見る優等生の少女と、少女に恋心を抱く少年が織り成す青春ストーリー。原作はフランスでベストセラーになった青春小説で、コメディ俳優としても活躍するミシェル・ブジュナーが自身3作目の監督作として手がけた。クラスで落ちこぼれの12歳の少年ヴィクトールは、遠くから見つめているだけだった優等生の少女マリーから声をかけられ、彼女との距離を縮めていく。ヴィクトールはやがて、マリーがチェロ奏者を目指しているものの、徐々に視力が低下する病気を抱えているという秘密を知ってしまう。そして、その秘密を守るために自分が利用されていたことに気づいたヴィクトールだったが、マリーのチェリストになりたいという情熱に動かされ、彼女を助けるために2人だけの作戦を開始する。

2016年製作/89分/G/フランス
原題:Le coeur en braille
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016 GAUMONT-AJOZ FILMS-NEXUS FACTORY

映画レビュー

3.5目は愛の物語の第一章

kossyさん
2020年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 中学生の頃、同級生の誰かが視力検査表の並び方について「0.2は2.0の逆、0.3は1.5の逆になってる」という法則を発見しました。これなら暗記せずとも大丈夫だ!これでみんな2.0を取れるぞ!などと無意味な計画を実施しようとしていました。当時の俺は0.7くらいでしたが、眼鏡をかけなくても大丈夫だ。などと、喜んだりしたものでした。

うきうき気分で視力を測る。先生が指したのは0.7!

えーっと、わかりません・・・中学生の時の苦い記憶です。

 さて、ヴィクトールはいつも0点。先生からは「このままだと整備工にしかなれないぞ」とおどされてもいた。一方、見つめているだけの優等生マリーから声をかけられ、そのうち勉強を教えてもらうヴィクトールだった。

 0点ばかりということで、ついのび太君をイメージしてしまいましたが、そうなるとマリーはしずかちゃん。ヴァイオリンではなくてチェロを弾くのですが、腕前は音楽院を受験するほどなので、しずかちゃんとは大違い。親友はジャイアン、恋敵は出木杉君といったところか(性格はスネ夫っぽい)。

 もちろん、ストーリーは『ドラえもん』じゃなくて『小さな恋のメロディ』に近い。マリーの両親は網膜色素変性症の彼女を入院させようとしていたのだが、マリーの想いを知ったヴィクトールが学校で彼女の病気を隠そうと必死に努力するところが微笑ましくてしょうがない。幼い少年がすることだから失敗もあるけど、相手を思いやる心が芽生えていく過程がとてもいいのです。友人たちもいいし、マリーの親にかみつく光景もよかった。

 友人の両親がイスラム教、ユダヤ教であることも面白いし、ヴィクトールも双子の兄弟とバンドを組んでいて音楽に理解があるところも素敵でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0青春のドキドキ感がいい♥

Aprilさん
2020年5月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

フランスの映画です。
ベストセラーとなった原題 Le coeur en braille の小説を映画化したものです。

優等生の女の子と落ちこぼれの男の子が少しずつ距離を縮めていく。
しかし、彼女は誰にも話していない、自分の病気を隠していた。
彼女の夢の為に女の子を守る男の子。
ただの恋愛映画ではない、青春を描いた感動作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
April

4.0【小さくても、男であれば惚れた女のためには、嘘をも許し、尽くす物語】

NOBUさん
2019年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

 可愛らしい少年少女の恋物語に上手く捻りを効かせて見せるフランスのほんわりコメディ。

 12才のヴィクトール(ジャン=スタン・デュ・パック君)は勉強が苦手な父と二人暮らしするちょっと柔らかな顔つきの少年。

 同じクラスの優等生マリー(アリックス・ヴァイヨさん)の事が気になっている。

 マリーはハンサムで秀才の男の子のアプローチをそっけなくかわし、何故かヴィクトールに近づき悪戯っぽい目つきで”勉強を手伝ってあげる”と言ってくる。

 ここでのヴィクトールのはにかみ、戸惑いながらも嬉しさを隠し切れない様子が良いのだなあ。

<女の人はどんなに小さくても、気になる男の人には嘘を付くんだよ。でもそれには色んな理由があるのだよ、少年。と親目線で二人の様子に見入ってしまった作品>

<2018年2月17日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.0小さな恋

2019年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

12歳の少年少女の恋のメロディ。
男の子は成績が悪いのだが、優等生の女の子に恋してしまう。
女の子もこの子が好きなのだが、大きな秘密があった。
みんないい人なので安心。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る