1944 独ソ・エストニア戦線

2015年製作/99分/エストニア・フィンランド合作
原題:1944

スタッフ・キャスト

監督
ルモ・ヌガネン
脚本
レオ・クナス
  • クリスティアン・ウクスクラ

  • カスパール・フェルベルク

  • マイケン・シュミット

  • ヘンリク・カルメット

  • カール=アンドレアス・カルメット

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

3.0主人公が交代制なのが面白い試みですね。

2022年12月9日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ハーブ

4.0悲しく残酷な戦争映画の頂点

2022年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

(原作未読、ネタバレなしレビュー)

最近ミリタリー作品にハマっており鑑賞しました。

「タンネンベルク線の戦い」と「テフマルディの戦い」を映画化した作品。世界で最も残酷な戦争と言われた戦争です。同じ故郷、同じ人種、仲間であったはずのエストニアの若い兵士がナチスとソビエト赤軍に別れ自分たちの故郷で殺し合いをするという何とも残酷な戦争です。この作品はリアルな戦争のシーンだけでなく、戦争に巻き込まれた未来があるはずの若いエストニアの兵士のリアルな気持ちなどが表現されているシーンが多く、今もウクライナでこのような戦争が起きていると考えると胸が締め付けらる思いです。

この映画は上記したように大人の勝手な戦争に振り回される若者に焦点を当てた作品です。同じ若者で感情移入しやすくグロテスクなシーンも特になくとても見やすい作品です。しかし、あまり戦争に関しての説明がなく少しわかりにくいシーンがあるのでこの作品を見る前に前情報を入れておくとより見やすくなると思います。

戦争のリアルを知れるこの作品ぜひ皆さんにも見ていただきたいです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
SAMURAI JAPAN

3.5多分、こう言う事はあったと思う。しかし、エストニア人民軍なるナショ...

2022年8月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
マサシ

3.5戦争で無理やり引かれる、味方と敵のライン

2022年7月21日
iPhoneアプリから投稿

ドイツとソ連の争いに巻き込まれたエストニアという国。

突如として、両軍にエストニアが分断されて、同胞同士が敵となり殺し合いをする。

同じ国で育った、まだ大人になりかけていない青年たちに遭遇。敵国にただ連れていかれそうになったという彼らを殺せと命じる上官。

戦争はこういうもの。

戦争映画はよく見るが、同胞同士の争いがテーマのものは初めて見た。島国の日本ではあまり無いことだからだろう。ただ、世界のほとんどは隣国と陸で接している。

近くでは朝鮮がそうだが、世界の至る所で、同じ国で生まれた仲間同士で殺し合いをしないといけない状況があったのだろう。

コメントする 2件)
共感した! 2件)
hiro
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「1944 独ソ・エストニア戦線」以外にこんな作品をCheck-inしています。