否定と肯定
ホーム > 作品情報 > 映画「否定と肯定」
メニュー

否定と肯定

劇場公開日

解説

「ナイロビの蜂」で第78回アカデミー賞の助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズがユダヤ人大量虐殺=ホロコーストをめぐる裁判を争う歴史学者を演じる法廷劇。1994年、イギリスの歴史家デビッド・アービングが主張する「ホロコースト否定論」を看過することができないユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタットは、自著の中でアービングの説を真っ向から否定。アービングは名誉毀損で彼女を提訴するという行動に出る。訴えられた側に立証責任があるイギリスの司法制度において、リップシュタットは「ホロコースト否定論」を崩す必要があった。そんな彼女のために組織されたイギリス人大弁護団によるアウシュビッツの現地調査など、歴史の真実の追求が始まり、2000年1月、多くのマスコミの注目が集まる中、王立裁判所で歴史的裁判が開廷した。主人公リップシュタットをワイズが演じ、トム・ウィルキンソン、ティモシー・スポールらが脇を固める。

作品データ

原題 Denial
製作年 2016年
製作国 イギリス・アメリカ合作
配給 ツイン
上映時間 110分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

“事実”を巡る法廷闘争の中で浮かび上がる、人を信じることの難しさと素晴らしさ
否定と肯定の映画評論・批評

フェイク・ニュースやオルタナティブ・ファクトが流行語になった今年は、「報じられた出来事が事実なのか虚偽なのか」という問題をしばしば考えさせられた。その意味で「否定と肯定」は旬の映画だ。主人公は、アメリカの大学教授デボラ・E・リップシュ...否定と肯定の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全78件)
  • ユダヤ人迫害問題を現代的な文脈でとらえ直す姿勢は評価するが ナチスドイツによる戦争犯罪とユダヤ人迫害の歴史は、欧米の映画で手を替え品を替え、多様な切り口でコンスタントに描かれ続けている。本作もそうした「ユダヤ物映画」の一本だが、単なる歴史の振り返りではな... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年12月29日  評価:3.5
    このレビューに共感した/9
  • 主人公が情熱的 情熱的なのは良いのですが、少し冷静さを失いがちなところが欠点です。 映画自体は結構普通でした。 しかし直接的でなく、間接的にアウシュビッツを描くことで、より醜さや、愚かさといったものか浮き上がっ... ...続きを読む

    Rewind That Rewind Thatさん  2018年3月29日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最終日に鑑賞 シネマヴィレッジ・イオン柏で鑑賞 重々しい法廷シーンでは役者陣の迫真の演技に魅せられ、最後まで飽きることなく鑑賞できました。 歴史を勝手に都合よく変えるのは言語道断なのですが、善悪ですべてを判断... ...続きを読む

    ケー ケーさん  2018年3月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

DVD・ブルーレイ

否定と肯定[Blu-ray/ブルーレイ] 否定と肯定[DVD] スターリングラード[Blu-ray/ブルーレイ] ボーン・レガシー[Blu-ray/ブルーレイ]
否定と肯定[Blu-ray/ブルーレイ] 否定と肯定[DVD] スターリングラード[Blu-ray/ブルーレイ] ボーン・レガシー[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2018年6月20日 最安価格: ¥3,807 発売日:2018年6月20日 最安価格: ¥3,194 発売日:2013年6月4日 最安価格: ¥1,998 発売日:2013年9月4日 最安価格: ¥1,490
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi