否定と肯定

劇場公開日:

否定と肯定

解説

「ナイロビの蜂」で第78回アカデミー賞の助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズがユダヤ人大量虐殺=ホロコーストをめぐる裁判を争う歴史学者を演じる法廷劇。1994年、イギリスの歴史家デビッド・アービングが主張する「ホロコースト否定論」を看過することができないユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタットは、自著の中でアービングの説を真っ向から否定。アービングは名誉毀損で彼女を提訴するという行動に出る。訴えられた側に立証責任があるイギリスの司法制度において、リップシュタットは「ホロコースト否定論」を崩す必要があった。そんな彼女のために組織されたイギリス人大弁護団によるアウシュビッツの現地調査など、歴史の真実の追求が始まり、2000年1月、多くのマスコミの注目が集まる中、王立裁判所で歴史的裁判が開廷した。主人公リップシュタットをワイズが演じ、トム・ウィルキンソン、ティモシー・スポールらが脇を固める。

2016年製作/110分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:Denial
配給:ツイン
劇場公開日:2017年12月8日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016

映画レビュー

3.5ユダヤ人迫害問題を現代的な文脈でとらえ直す姿勢は評価するが

2017年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

ナチスドイツによる戦争犯罪とユダヤ人迫害の歴史は、欧米の映画で手を替え品を替え、多様な切り口でコンスタントに描かれ続けている。本作もそうした「ユダヤ物映画」の一本だが、単なる歴史の振り返りではなく、ポスト・トゥルースとフェイクニュースの現代に通じる“今ここにある問題”として提示したのがミソ。「訴えられた側に立証責任がある」英国の司法制度もどうかと思うが、主人公にとっての困難がドラマ性を高める要素になったのも確か。

米大手スタジオの多くがユダヤ系米国人によって創設されるなど、ユダヤ勢力からの影響が強い映画業界が、ユダヤ人が差別されてきた歴史の啓発と地位向上の道具として映画を活用してきたことは理解できる。一方で、イスラエルでユダヤ人がパレスチナ人を迫害している事実については、このような大金をかけたドラマ作品などで描かれることはほとんどなく、バランスを欠いているようにも思える。

コメントする 2件)
共感した! 13件)
高森 郁哉

4.0歴史修正主義者とどう向き合うか

2024年5月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

未来世界のイスラエルや米国の歴史否定論者たちは、「ガザにおける虐殺など存在しなかった。ハマスのでっちあげだ。」というのだろうか。
朝鮮併合や日中戦争下での非人道的行為が学校教育のなかで次々と「消され」っていくなか、他山の石と捨てておけない今の日本の現実がある。
今と未来に生きるために、歴史に向き合う姿勢がつねに問われている。歴史家や科学者の言葉に全面的に依存するのではなく、一人ひとりが自らの「正義」に従って生きるために。
人間でいることの恥を感じるとともに、怒りに震える作品。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
atsushi

3.0あからさまな裁判での人的資源の損失も、まだ健全な社会での出来事のように思えて…

2023年4月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 2件)
KENZO一級建築士事務所

3.5裁判は大変…

2022年4月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 6件)
KEI
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る