否定と肯定

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
否定と肯定
否定と肯定
8%
64%
24%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ナイロビの蜂」で第78回アカデミー賞の助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズがユダヤ人大量虐殺=ホロコーストをめぐる裁判を争う歴史学者を演じる法廷劇。1994年、イギリスの歴史家デビッド・アービングが主張する「ホロコースト否定論」を看過することができないユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタットは、自著の中でアービングの説を真っ向から否定。アービングは名誉毀損で彼女を提訴するという行動に出る。訴えられた側に立証責任があるイギリスの司法制度において、リップシュタットは「ホロコースト否定論」を崩す必要があった。そんな彼女のために組織されたイギリス人大弁護団によるアウシュビッツの現地調査など、歴史の真実の追求が始まり、2000年1月、多くのマスコミの注目が集まる中、王立裁判所で歴史的裁判が開廷した。主人公リップシュタットをワイズが演じ、トム・ウィルキンソン、ティモシー・スポールらが脇を固める。

2016年製作/110分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:Denial
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016

映画レビュー

3.5ユダヤ人迫害問題を現代的な文脈でとらえ直す姿勢は評価するが

2017年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

ナチスドイツによる戦争犯罪とユダヤ人迫害の歴史は、欧米の映画で手を替え品を替え、多様な切り口でコンスタントに描かれ続けている。本作もそうした「ユダヤ物映画」の一本だが、単なる歴史の振り返りではなく、ポスト・トゥルースとフェイクニュースの現代に通じる“今ここにある問題”として提示したのがミソ。「訴えられた側に立証責任がある」英国の司法制度もどうかと思うが、主人公にとっての困難がドラマ性を高める要素になったのも確か。

米大手スタジオの多くがユダヤ系米国人によって創設されるなど、ユダヤ勢力からの影響が強い映画業界が、ユダヤ人が差別されてきた歴史の啓発と地位向上の道具として映画を活用してきたことは理解できる。一方で、イスラエルでユダヤ人がパレスチナ人を迫害している事実については、このような大金をかけたドラマ作品などで描かれることはほとんどなく、バランスを欠いているようにも思える。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 13 件)
高森 郁哉

2.5だから?

2020年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

で?と思った。
ドラマとしては観れる内容だが、どう共感し感想を持ったら良いのかよくわからない作品。

ホロコーストそのものの否定を主張する原告。。その主張をディスって名誉毀損?で訴えられた被告。。原告の歴史認識の間違いを指摘していく裁判。。原告は信念においてその「間違い」を信じているのであり「嘘」を付いているわけではない、という裁判長の指摘を最大の争点に。。しかし勝訴。
だから?あたりまえだろ。。
なんか宇宙人とか超常現象を盲信する人を相手にしているようなもので、論争にゴールがなく埒があかない。違う世界の人なんだから何言ってもダメ。最後のテレビ出演の様子がまさにそう。大月教授とオカルトのだれかみたいな言い争い笑

世紀の茶番劇をもったいぶって描いている。その目の付け所はユニークである。
まじでタメにならないのに、タメになりそうなつくりにしてるのが草

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

4.0のぞき穴

asaさん
2020年9月9日
PCから投稿

なぜのぞき穴が必要なんでしょうかという場面がとても印象的でした

デボラの感情押せ押せには辟易するほどいい演技だったなと思います。
弁護団も敵もすごくキャラが立っていて見やすかったです

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

5.0他人事ではないテーマ

Orcaさん
2020年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

こういう「否定論者」のような主張をする人、日本にもいるよなと思いながら見た。「自称・被害者がそれをネタにして稼いでる」と主張するところまで一緒。日本だと、女性の近現代史研究者がネトウヨから訴えられる、みたいになるのだろうか。
「両論あると人々に思わせるのが否定論者の狙い」という主人公の言葉に「ほんと、それなー!」と思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Orca
すべての映画レビューを見る(全106件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る