おじいちゃんはデブゴン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
おじいちゃんはデブゴン
13%
37%
46%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

香港映画界の重鎮サモ・ハン(サモ・ハン・キンポー)が20年ぶりにメガホンを取り、主演も務めたアクション映画。故郷の村でひとり暮らす66歳の退役軍人ディン。初期の認知症と診断されたディンが唯一心を許していたのが隣に住む少女チュンファだった。ギャンブルで中国マフィアから借金を重ねていたチュンファの父レイは、マフィアのボスであるチョイから借金返済を待つ代わりに、ロシアのマフィアから宝石を奪うという危険な任務を与えられるが、奪った宝石を持ち逃げ。激怒したチョイは娘のチュンファ誘拐を画策するが、その計画をディンが老人とは思えぬカンフーで阻止する。記憶は薄らいでも拳法の腕前は落ちていなかったディンは、マフィアたちを掃討するため立ち上がる。ディン役のサモ・ハンはアクション監督も務め、レイ役で出演したアンディ・ラウは製作、主題歌も担当。サモ・ハンの監督復帰を祝し、ユン・ピョウ、ツイ・ハークら香港映画界のレジェンドが多数ゲスト出演している。

2015年製作/99分/R15+/中国・香港合作
原題:我的特工爺爺 The Bodyguard
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016 Irresistible Alpha Limited, Edko Films Limited, Focus Films Limited, Good Friends Entertainment Sdn Bhd. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0カンフーパンダではない(笑)

syu32さん
2020年2月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
syu32

2.5予想外

2019年3月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

デフゴンと言えば、コメディタッチのカンフー映画。
ところが...良い意味で期待は裏切られた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おのもん

3.0設定は面白いのに脚本が練られてない

佐ぶさん
2019年2月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

幸せ

設定周りは非常に惹かれるものがあり期待して観たが、脚本は相変わらずダメだった。
デブゴンが健忘症である事をもっと活かして欲しかったのと、女の子が長いこと行方知れずな理由が不自然過ぎるのが気になった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
佐ぶ

3.0誰でも認知症になる可能性がある

kossyさん
2019年1月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ついにサモ・ハンも認知症。犯人目撃証言をしようにも忘れてしまってるのだ。『燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘』(2010)ではブルース・リャンがじいちゃんに。かつてのカンフースターも皆いい年齢になってるんですね。

 前半は博打好きのレイ(アンディ・ラウ)のアクションが光る。ここまで出来るのなら、最初から強盗やってれば?などと思うくらい凄い。特にホテルのらせん階段を自在に飛び回るところがいい。

 チョイの手下が逃げたレイの家を狙う。そこにボディガードのディン(サモ・ハン)が立ちはだかるという展開だ。しかし、物忘れがひどいので、犯人の顔を思い出せない。誘拐に失敗したチョイたちはレイが帰ってくる自宅で彼を刺し殺し、火を放つ。怒れ!サモ・ハンと手に汗握るが、やっぱり物忘れがひどくてチュンファのことも忘れてしまいそう・・・彼女が描いた絵や天使の羽を見て思い出せよ・・・

 チュンファを探すため、チョイのアジトに乗り込んだディン。そこからは激しいアクションの連続。さらにロシアンマフィアまでもが宝石奪還のためにやってくる。ついでにこいつらもやっちまえ!てな感じで激闘は続く。やがて警察もやってきて、逃げるロシア人とのど派手なカーチェイスが繰り広げられる。そして生き残ったチョイを追いかけるが、、無理せずに、電気屋で買ったばかりのボイスレコーダーでチョイの犯行告白を録音するディン。しかし、結局は録音されてなかった・・・笑うべき?

 色んな記憶を忘れていく認知症。でもカンフーだけは体が覚えてるんですね。最後はちょっと盛り上がりに欠けているのが残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全34件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「おじいちゃんはデブゴン」以外にこんな作品をCheck-inしています。