オレの獲物はビンラディン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
オレの獲物はビンラディン
0%
32%
40%
20%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニコラス・ケイジが「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」のラリー・チャールズ監督とタッグを組み、2010年にビンラディン誘拐を企てた容疑でパキスタン当局に拘束されたアメリカ人の実話を映画化。コロラド州の田舎町で暮らす愛国主義の中年男ゲイリーは、同時多発テロの首謀者とされるオサマ・ビンラディンの居場所を政府がいまだに見つけられないことに怒りを募らせていた。そんなある日、彼は日課の人工透析中に神からの啓示を受け、自らの手でビンラディンを捕まえることを決意。パキスタンへの入国手段となるヨットを探し出して武器の日本刀を調達し、様々な波乱を乗り越えてついにパキスタンにたどり着くが……。共演に「ロック・オブ・エイジズ」のラッセル・ブランド、「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のウェンディ・マクレンドン=コービ、「スーパー!」のレイン・ウィルソン。

2016年製作/92分/PG12/アメリカ
原題:Army of One
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved

映画レビュー

3.5ウソとかホントとかホントとかウソとか

2017年12月31日
PCから投稿

笑える

知的

『ボラット』のラリー・チャールズ監督だけに、どこまで攻めた社会派コメディになるのかと思っていたら、社会派の要素は確かにあるのだが、ニコラス・ケイジの役者力がテーマすらも凌駕してしまった感がある。

善良とはいえば善良だけれど、他人にとっては迷惑な変わり者で、自分を狂気の淵に追い込む主人公をここまで愛嬌たっぷりに演じられるのはニコケイを置いて他になし。ビンラディンを捕獲しようとパキスタンに乗り込んだ無名のアメリカ人が日本刀を持った状態で逮捕されたというウソみたいなホントの事件がもとになっているが、もうホントでもウソでも構わないという気になってくる。

その上で受け止めたいのが、この変わり者が確かに世界に一石を投じたこと。世界中が混迷している中で、この男は確かに小さな風穴を開けた。まったく賛成も共感もできないけれど、例えバカげていて愚かであっても、自分を信じて世界に斬り込んだこの主人公はやはりカッコいいのである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
バッハ。

4.0変人オーラと哀愁漂わすニコケイ、意外にいい!

AuVisさん
2017年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

アクション系を中心にドラマからコメディまで幅広い作品に出演してきたニコラス・ケイジ。しかし意外に実録物へのキャスティングは少ない。顔が特徴的で、どんな役を演じてもニコラス・ケイジにしか見えないからだろうか? とにかく、そんな彼が珍しく実在の人物ゲイリーに扮するのだが、これがまた過去に演じてきた数々の突飛なキャラクターもかすむほどの超変人。さすがは広大な自由の国アメリカ、まだまだ破格のイカレた人間が実在しているのだなと感心する。

近年のケイジのB級アクションはどれも似た感じであまり印象に残らなかったが、今作では熱演が活きている。敬虔な信者か精神障害者か、そのあたりを映画はあえてあいまいに描いており、彼の心の内側を想像することを促す。社会から脱落した中年が、愛する国の役に立ちたい思いで“神から与えられたミッション”に邁進する姿に、「寂しいのはお前だけじゃない」と声をかけたくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AuVis

3.5すべてが自由に思える

SHさん
2019年7月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

ゲイリーも、この映画も、アメリカも、ホント自由なんだなー…。あまりに自由すぎて、この作品を見出したときはテキトー過ぎるなぁなんて感じたけれど、こういった作品・生き方を受け入れる土壌がアメリカにはあるんだということが映画の中で滲み出てくると、なんとも味わい深くて愛おしい作品に思えてきた。
正直、チープ感満載で、酷評されるところも納得するけれど、結構笑えてちょっと感動してしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

3.5ニコラス・ケイジが光る快作

2018年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

怖い

「神の啓示」を受けて、ビン・ラディンを捕まえに行った実在のオッサンをニコラス・ケイジが怪演するコメディー映画。

映画のどこまでが実話か分からないけど、マシンガンのように喋りまくるニコラス・ケイジに圧倒される。
主人公は明らかにちょっとおかしいオッサンなんだけど、なんか憎めないのは、ドンキ・ホーテを意識したストーリーてリングとニコラス・ケイジの演技力によるところが大きいんじゃないかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る