劇場公開日 2017年12月16日

  • 予告編を見る

オレの獲物はビンラディンのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全15件を表示

3.5ウソとかホントとかホントとかウソとか

2017年12月31日
PCから投稿

笑える

知的

『ボラット』のラリー・チャールズ監督だけに、どこまで攻めた社会派コメディになるのかと思っていたら、社会派の要素は確かにあるのだが、ニコラス・ケイジの役者力がテーマすらも凌駕してしまった感がある。

善良とはいえば善良だけれど、他人にとっては迷惑な変わり者で、自分を狂気の淵に追い込む主人公をここまで愛嬌たっぷりに演じられるのはニコケイを置いて他になし。ビンラディンを捕獲しようとパキスタンに乗り込んだ無名のアメリカ人が日本刀を持った状態で逮捕されたというウソみたいなホントの事件がもとになっているが、もうホントでもウソでも構わないという気になってくる。

その上で受け止めたいのが、この変わり者が確かに世界に一石を投じたこと。世界中が混迷している中で、この男は確かに小さな風穴を開けた。まったく賛成も共感もできないけれど、例えバカげていて愚かであっても、自分を信じて世界に斬り込んだこの主人公はやはりカッコいいのである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
バッハ。

4.0変人オーラと哀愁漂わすニコケイ、意外にいい!

AuVisさん
2017年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

アクション系を中心にドラマからコメディまで幅広い作品に出演してきたニコラス・ケイジ。しかし意外に実録物へのキャスティングは少ない。顔が特徴的で、どんな役を演じてもニコラス・ケイジにしか見えないからだろうか? とにかく、そんな彼が珍しく実在の人物ゲイリーに扮するのだが、これがまた過去に演じてきた数々の突飛なキャラクターもかすむほどの超変人。さすがは広大な自由の国アメリカ、まだまだ破格のイカレた人間が実在しているのだなと感心する。

近年のケイジのB級アクションはどれも似た感じであまり印象に残らなかったが、今作では熱演が活きている。敬虔な信者か精神障害者か、そのあたりを映画はあえてあいまいに描いており、彼の心の内側を想像することを促す。社会から脱落した中年が、愛する国の役に立ちたい思いで“神から与えられたミッション”に邁進する姿に、「寂しいのはお前だけじゃない」と声をかけたくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AuVis

3.5すべてが自由に思える

SHさん
2019年7月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

ゲイリーも、この映画も、アメリカも、ホント自由なんなーと実感した。
あまりに自由すぎて、この作品を見出したときはテキトー過ぎるなぁなんて感じたけれど、こういった作品生き方を受け入れる土壌がアメリカにはあるんだということが映画の中で滲み出てくると、なんとも味わい深くて愛おしい作品に思えてきた。
正直、チープ感満載で、酷評されるところも納得するけれど、結構笑えてちょっと感動してしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

3.5ニコラス・ケイジが光る快作

2018年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

怖い

「神の啓示」を受けて、ビン・ラディンを捕まえに行った実在のオッサンをニコラス・ケイジが怪演するコメディー映画。

映画のどこまでが実話か分からないけど、マシンガンのように喋りまくるニコラス・ケイジに圧倒される。
主人公は明らかにちょっとおかしいオッサンなんだけど、なんか憎めないのは、ドンキ・ホーテを意識したストーリーてリングとニコラス・ケイジの演技力によるところが大きいんじゃないかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす

3.5あはは!最高やろ!!

masamichiさん
2018年10月10日
iPhoneアプリから投稿

どこまでが本当かどうか、でも事実を元にしたのは本当!
パキスタンの街並みを見れたのも良かった!(セットかもしらんけど)

ニコラス・ケイジは赤ちゃん泥棒が1番やと思ってたけど、これもなかなかいい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
masamichi

2.0変わった人

2018年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

人工透析中の主人公(ニコラス・ケイジ)は米軍がオサマ・ビンラディンを捕まえられないことに腹を立てていた。
透析中に神からの啓示を受けた主人公は、自らパキスタンに行ってビンラディンを捕まえようとする。
こんな人物が映画化されるんだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0元気でます

2018年10月2日
iPhoneアプリから投稿

実在の人物を題材に、強く使命を感じた本人の行動した部分を描いた作品!?
ニコラスケージが演じて良かったとは思います。
(実際の本人はしりませんが…)
強く使命感感じても行動する人としない、できない人もいるよなぁ〜とか、思いつつ観てました。
この人は実際に行動した人ですが、行動する方向や段取りとか要領の悪さ?(笑)
みたいな部分も多少の脚色もまぁあるんでしょうけど…
日本にもたまに『我が道を行く』的なパワフルな人いますが、アメリカは自由の国なので、こんな発想の人がいるのはそう珍しくはない!?(笑)
あんまり深く考えずに行動する部分は少し元気もらえました(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こしあん

4.0Full time American Patriot.絶妙! ちゃんと演じてるニコケイ!!

アキ爺さん
2018年7月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

一人で勝手に「ニコケイ強化月間」第八回は「俺の獲物はビンラディン」です。この作品何が良いかって、いつもの単に眉間にシワを寄せてるだけのニコラス・ケイジと違って、今回はちゃんと演技してるニコラス・ケイジが観れる所でしょ!

最近観た作品ではいつも同じような演技だったのが本作では実在の人物のゲイリー・フォークナーになりきってます。こういう人実際に知り合いだったらウザいだろうなぁっと思わせてくれる見事な憑依演技です。そうそう、ニコケイっていつの間にやらB級俳優なイメージになってましたが、本来はアカデミー賞取っちゃう演技派なのですよ!この嫌な奴を演じてもなんとなく許せてしまう絶妙なキャラクター作り。ニコケイの上手さを存分に楽しめる作品でしたね。

もちろん点数はニコケイ補正かかってますが、久々に良くできたニコケイが観れた一作、昔ニコケイ好きだった方には是非観てもらいたいものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アキ爺

2.5実際いたの?

害虫さん
2018年2月13日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
害虫

2.5こんなおっさん居るだろうな〜

2018年2月11日
iPhoneアプリから投稿

ストーリー的にはぶっ飛んでて、感動のカケラも無いけど、ブッシュjrトランプを支持する熱烈な支持者は、もしかしたらこんな感じ?って思わせる演技で、良い悪いは別に、演技は凄かった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
underground0003

4.0とても元気が出る

2018年2月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
古泉智浩

3.0ニコラスケイジを観るだけ

2018年1月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ただそれだけ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
どれびん

1.5生存確認

2018年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

オファーを断らないニコラス ケイジ。ハズレも多いのでたまに観ます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
労働4号

2.0世間知らずのザ・アメリカ人を自嘲する映画

Naguyさん
2017年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

とんでもない実話である。2010年にパキスタンで身柄を拘束されたアメリカ人、ゲイリー・フォークナーの容疑は、"オサマ・ビンラディンの誘拐を企てた"、というもの。しかも単身で。これは事実であり、本人はいたってマジなのである。

その人物、ゲイリーはコロラド州に住む、愛国心あふれるアメリカ人と知って妙に納得する。偏見を承知でいうと、内地のアメリカ人ほど世間知らずはいない。"アメリカNo.1"、"国産の商品以外は買うな"、・・・あまりに愛国心が強すぎて、自分以外のこと、他国のことは見えない。国際社会を困惑させる某大統領とおんなじである。

愛国主義者のゲイリーは、9・11同時多発テロの首謀者とされるオサマ・ビンラディンを政府が捕らえられないことに苛立っていた。ある日、ゲイリーは神の啓示を受け、ビンラディンを捕まえるためにヨットでパキスタンに向かう(笑)。地球の大きさを分かっていないところが、さすが、"ザ・アメリカ人"である。失敗を繰り返しながらも、一度や二度で諦めない執念がすごい。

そんなゲイリーを演じるのは、ニコラス・ケイジ。この成りきりっぷりが見事。エンドロールで登場するゲイリー本人との髪型、ひげ、風貌がソックリ。マシンガンのようなしゃべり。最近のニコラス・ケイジはB級映画ばかりだが、そういう状況においても役作りに手を抜かない姿勢に好感がもてる。

自然体なのにコメディになってしまう、見も蓋もない主人公の言動に圧倒される。海外ロケなどもしているので安物ではない。

あくまでもアメリカ国内向けの完全ドメスティックなコメディで、アメリカ人がアメリカ人を笑う自嘲映画なのだろう。日本人が観ても、なんの共感も得られないし、むしろアメリカ人への偏見がますます加速されそうな映画である。

ニコラス・ケイジ主演でなければ、日本での配給はつかなかっただろうし、そういうところを、忖度(そんたく)して観れば、まぁとりあえず納得できる。

(2017/12/18 /シネマート新宿/シネスコ/字幕:岩辺いずみ)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Naguy

3.0クレイジー

ひでさん
2017年12月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

172本目。
夜勤残業でかなり眠い。
で取り敢えず時間が合ったからチョイス。
最初、ニコラス・ケイジオモシレーってと思うのと同時に面倒臭い奴だなと。
進んで行くと、やっぱあのキャラに飽きてきてね、本当面倒臭いと。
実話ってのかスゴイけど、最後のテロップが一番受けた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひで
「オレの獲物はビンラディン」の作品トップへ