セールスマン
ホーム > 作品情報 > 映画「セールスマン」
メニュー

セールスマン

劇場公開日

解説

「別離」「ある過去の行方」などで知られるイランの名匠アスガー・ファルハディ監督が手がけ、2016年・第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で男優賞と脚本賞を受賞、第89回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したサスペンスドラマ。小さな劇団に所属し、作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演している役者の夫婦。ある日、引っ越したばかりの自宅で夫が不在中に、妻が何者かに襲われる。事件が表ざたになることを嫌がり、警察へ通報しようとしない妻に業を煮やした夫は、独自に犯人を探し始めるが……。劇中で描かれる演劇と夫による犯人探し、そして夫婦の感情のズレを絡めながら、思いがけない方向へと転がっていく物語を描く。

作品データ

原題 Forushande
製作年 2016年
製作国 イラン・フランス合作
配給 スターサンズ、ドマ
上映時間 124分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

受賞
外国語映画賞  

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート
最優秀外国語映画賞  

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞
コンペティション部門
脚本賞 アスガー・ファルハディ
男優賞 シャハブ・ホセイニ
出品
コンペティション部門
出品作品 アスガー・ファルハディ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

“正しさ”にまつわるいくつもの問へと観客を巻き込んでいく
セールスマンの映画評論・批評

トランプ政権による母国イランを含む特定7カ国からの入国制限令に抗議して、本年度米アカデミー賞授賞式をボイコットしたアスガー・ファルハディ監督。だが、その新たな快作「セールスマン」は「別離」に続きみごと二つめの外国語映画賞に輝き、困った...セールスマンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全61件)
  • イスラムの伝統と現代社会 『別離』の監督と同じで 家族の問題を提示している。夫婦にある事件を通して、亀裂が入った。それを警察に報告したくない妻、犯人を自力で捕まえる夫。犯人の哀れさに許そうとする妻が、仕返しをしようとする... ...続きを読む

    ku-chan ku-chanさん  2019年5月20日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 妻から見る罪と罰は 個人評価:3.7 序盤はやや間延びするストーリーだが、後半にかけ畳み掛けるように登場人物達が心に入ってくる。 犯した罪の贖罪と後悔、罪と罰など考えさせられるが、夫目線のそれらの描写が中心に描かれ... ...続きを読む

    カメ カメさん  2019年3月25日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ヒリヒリする感情の交錯劇 別離と同じ監督ということで納得のストーリーテリング 夫婦の心のすれ違いと世間との折衝が見ていてたまらなくいたたまれない… 襲われた後の男女のダメージ差というか気付かいのポイントが違うのは、そうい... ...続きを読む

    けつお けつおさん  2019年3月21日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

ある過去の行方 別離
ある過去の行方 (字幕版) 別離 (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「セールスマン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報