息の跡

劇場公開日

  • 予告編を見る
息の跡
33%
52%
10%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

東日本大震災の津波により流されてしまった岩手県陸前高田市の住宅兼店舗の種苗店を自力で立て直し、営業を再開した佐藤貞一さんを追ったドキュメンタリー。津波で住宅兼店舗を流されてしまった佐藤さんは自力でプレハブを建て、種苗店の営業を再開した。看板は手書き、仕事道具も手作りで、水は手掘りした井戸からポンプで汲みあげる。佐藤さんは、種苗店を営む一方で、自身の被災体験を独学で習得した英語でつづった本を自費出版し、中国語やスペイン語での執筆にも挑戦。さらに、地域の津波被害の歴史を調査し、過去の文献に書かれた内容が正しいものなのかを自力で検証していく。ボランティアとして東北を訪れたことをきっかけに東京から陸前高田に移り住み、本作が初の長編監督作品となった映像作家の小森はるかが佐藤さんにカメラを向け、不得手な外国語で自身の体験を書き続け、津波被害の歴史を調べ続ける佐藤さんの思いをひも解く。

2016年製作/93分/日本
配給:東風

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
長倉徳生
秦岳志
撮影
小森はるか
編集
小森はるか
秦岳志
整音
川上拓也
特別協力
瀬尾夏美
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5バイタリティあるたね屋の佐藤さん

りあのさん
2021年5月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

東日本大震災の津波で陸前高田に有った住宅兼店舗を流されてしまった佐藤貞一さんは自力でプレハブを建て、種苗店の営業を再開した。看板も手書き、仕事道具も手作りで、水は空き缶で手掘りした井戸から手押しポンプで汲みあげている。
また、自身の被災体験を英語でつづった本を自費出版し、続いて中国語やスペイン語での執筆にも挑戦。
さらに、地域の津波被害の歴史を調べ、過去の文献に書かれた内容が正しいものなのかを検証している。
すごいバイタリティの有る人だと思った。
小森はるか監督も良い人を見つけて映像に残したなと感心した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りあの

3.5頭が下がる

2019年12月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

陸前高田の種苗店の店主、佐藤貞一さんが東日本大震災の津波で流されたあと、自力で再建、営業を再開すると共に、英語でブログを発信する。
これだけのエネルギーを見せられると、人類の可能性を信じたくなる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0息の跡とは、生きた跡かなと。

2017年4月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

佐藤は東北の太平洋岸、被災地には多い名前です。陸前高田の佐藤貞一さん、タネ屋の佐藤さんの事はこの映画を見るまでは全く知りませんでした。
実は山口県光市も陸前高田と同じく白砂青松の松並木と砂浜海岸で有名で、今年の5月には陸前高田に松の植樹ボランティアツアーが行われます。
あれからもう、6年。被災日はまだ6年。この映画を見ると佐藤さんという方の、それは多分にして東北人気質の公約数的なイメージですが、朴訥で芯があり、宮沢賢治的に理想的で、雨にも津波にも決して負けず怒らず、その人柄が画面からよく伝わりました。
スペインにしか17世紀初頭の被害状況を書いた記録がない事、ご神木との関係から導かられ仮説、しかしご神木はご神木だという感覚。
およそ東京オリンピックに向けて動き出している首都圏とは違う時間の流れがある。
でも、やはり人なんです。人が人を惹きつけ、人を感動させる。
高台には新しくできた佐藤さんのタネ屋があるそうです。ぜひ行って見たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アッサミー

3.5東日本大震災で、陸前高田で被災しながらも、タネ屋を再開し、その体験...

2017年4月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

東日本大震災で、陸前高田で被災しながらも、タネ屋を再開し、その体験を英語や中国語で出版した人がいたとは驚きであった。津波や地震などの映像はなく、主人公の語りを中心に淡々と時間が流れていく。これまでも、津波の被害のたびに記録がなくなる。だから、外国語で記録を残すのだと言う。はたして、その試みは成功するか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
still_ontheroad
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る