変魚路

劇場公開日:

  • 予告編を見る
変魚路

解説

「パラダイスビュー」「ウンタマギルー」など、沖縄を舞台にした数々の作品を発表してきた高嶺剛監督が、「夢幻琉球つるヘンリー」以来18年ぶりに手がけた劇映画作品。死に損ないばかりが暮らすバタイ村に暮らすタルガニは、親友のパパジョーともに、この世に絶望した自殺願望者たちの「生き直し」事業を営みながら静かに生きていた。そんなタルガニとパパジョーは、ご禁制の媚薬を盗んだ嫌疑をかけられた村を脱出するハメになってしまう。タルガニ、パパジョー、彼らを追う謎の女たち、生きているのか死んでいるのかもわからない男たち……追う者、追われる者の境目はいつしか消え、時間軸はおかしくなり、島の歴史の神話的領域にまで入り込んでいく。主人公のタルガニ、パパジョー役を平良進、北村三郎という沖縄を代表する2人の俳優が演じる。

2016年製作/82分/日本
配給:シネマトリックス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)「変魚路」製作委員会

映画レビュー

4.5「遂に映画はここまで来た」の謳い文句に間違いはない。新しい映画世界。傑作

2017年2月17日
iPhoneアプリから投稿

「遂に映画はここまで来た」の謳い文句に間違いはない。新しい映画世界。傑作

コメントする (0件)
共感した! 0件)
koyamarr

5.0降参

2017年1月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

すうっと呼ばれ誘われ、
沖縄の音楽と言葉に浸り、
掴もうとすると消えてしまう。

いつしか感覚が開き、
身体はあたたまって、
湿った空気に抱かれる。

もう一度観たい感じたい映画。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
waka0128

4.5古くて新しい沖縄映画

2017年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

今池シネマテーク 今月4本目となる映画は、高嶺剛監督の「変魚路」。
平日の昨日、ふと時間が空いたすきにレイトショーを観れた。
整理券1番も初ゲット。
実はこの映画、劇場公開前の昨年に、あいちトリエンナーレで観ている。
そのときの感想が、以下。

“内容はますます高嶺ワールドが発酵熟成された夢のような世界。
パラダイスビューを当時高校生だったときにリアルタイムで観てきた世代として、監督とともに時代も年齢を重ね、いいとか悪いとかの価値観抜きにした今現在の最高傑作に仕上がってて感動しました。
デジタルなご時世にアナログな8ミリの手作り感は新鮮だし、アート作品でありながら音楽もばっちりはまる。
島唄や字幕のウチナーグチのただただ心地よい響きに耳を傾け、ウチナー芝居役者の自然体な演技ではないドキュメンタリーのような、まったくわけがわからないその世界を無理に理解しようとせず、夢を見ているときのようにどっぷりその世界に入り込んで、力んだり、和んだり、笑ったりしながら、これって高嶺監督の自称カラっぽな頭ん中そのものの宇宙なんだなぁと。
超個人の監督が、超沖縄にこだわり、水平軸は有限だけど垂直軸には無限という、こだわりとゆるさの共存。
天上があいてるその世界観を共有しながら、普遍的で根源的な部分の琴線に触れることができる映画だと思います。”

そのとき、また映画館で観たいと思ってた。
なぜなら、それくらい灰汁が強く、個性的で、アートで、アバンギャルドで、ぶっ飛んでて、難解な内容にみえて、実は映画はこうであるべきの「べき」をすべてとっぱらったら残るものを大切に記録していった映像だから、観る度に受け取る側の解釈も変わる、奥の深い映画だとわかったから。
英国映画でモンティパイソンを起用してあの世界観を築き上げた未来世紀ブラジルのテリーギリアムと、パラダイスビューやウンタマギルーの自称「頭の中が空っぽ」という高嶺監督がどこか重なる。
タルガニもパパジョーもミサイラーも。
ビビジューも淫虫も、この映画になくてはならないキャラクター。
高嶺映画の根底にいつも流れてる、沖縄芝居の世界。
そして大城美佐子さんの島唄。
映画はこうあるべきと思ってる人からしたら、監督の独特な世界観を観客に押しつけてると思われるかもしれないが。
まったく真逆で、こうあるべきの押しつけがまったくない、監督と役者と制作スタッフが共同で築き上げた、過去でも未来でもない今ここの、真の沖縄の姿を自由に描きあげた、古くて新しい沖縄映画なのだ。
4日前に観たドキュメンタリー「標的の島」とは対照的だけど、どちらも沖縄の豊かで平和な底力に満ちている。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
fuhgetsu
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る