光(大森立嗣監督) : 映画評論・批評

光(大森立嗣監督)

劇場公開日 2017年11月25日
2017年11月21日更新 2017年11月25日より新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほかにてロードショー

この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する

大森立嗣監督が描く男たちの関係は奇妙にエロティックである。むしろはっきりと〈ホモソーシャル〉な、と形容すべきだろうか。過去に何度か映画化している作家・三浦しをんの「光」を今回、原作に選んだ理由の一つにはある無意識が作用しているに相違ない。

東京の離島・三浜島の中学生・信之は付き合っている同級生美花が森の中で男に犯される光景を見て、美花にうながされるように男を殺害する。目撃者は信之に懐いている輔(たすく)だけ。翌日、島を天災が襲い、津波で壊滅状態になったことから、三人は島を離れバラバラとなる。そして二十五年後、信之(井浦新)は妻子と平穏に暮らす勤め人となり、美花(長谷川京子)は一切の過去を封印し、華やかな芸能界で脚光を浴びている。そんな二人の前に過去の亡霊のように輔(瑛太)が現れ、二十五年前の秘密をばらすと脅かす――。

画像1

映画は冒頭からジェフ・ミルズのノイジーなテクノ・ミュージックが耳をつんざくように鳴り響き、そして時おり、島の象徴である巨大な老樹が、現在の無機質な都市景観のなかに、裂け目を突き破るような不協和なイメージとして立ち現れる。

輔は信之の妻(橋本マナミ)を安アパート(このアパートは後半、抽象的かつ神話的な空間に変貌する)に連れ込み、性愛に耽るのだが、執拗に女の足指を舐める行為が印象的だ。それは幼少時、輔が寺社の階段で見つめていた信之と美花の猥らな行為の模倣にほかならないからだ。さらに輔はかつて虐待を繰り返した父親(平田満)を殺害しようとするも、裸で寝入っている父親の露わになった臀部に思わず視線をはわしてしまうのである。

主人公たちはそれぞれが島の記憶、アニミズム信仰にも似た野生の思考の呪縛から逃れない宿命を背負っているかに見える。その意味で、この映画は中上健次原作・柳町光男監督の「火まつり」を否応なく想起させる。つまり、ここで起こる抜き差しならない悲劇は、犯罪物にありがちな因果関係という連鎖からもっとも遠く、それゆえにいっそう不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿することになるのだ。

高崎俊夫

関連コンテンツ

特集

“人間のふりをした”バケモノたちをお見せしよう──「絶対に島から出てはいけなかった、25年前の罪を抱えた“彼ら”は!」登場人物、監督、音楽……この映画、ドラマ以上、ホラー未満……
特集

「まほろ駅前」シリーズの大森立嗣監督が、同じ三浦しをんの小説から「最大の衝撃作」と称される「光」を脚本も手掛けて映画化(11月25日公開)。災害に飲み込まれた離島出身の3人の男女(井浦新、瑛太、長谷川京子)が25年ぶりに再会し、その内...特集

インタビュー

殺意すら真っ向から受け止める 井浦新&瑛太の終わりなき道程
インタビュー

井浦新と瑛太が初共演した「光」が11月25日、全国公開される。「舟を編む」などで知られる三浦しをん氏の同名小説を、「さよなら渓谷」や「まほろ駅前」シリーズの大森立嗣監督が映画化した。離島で起きた殺人事件の現場に当事者として立ち会った幼...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

アンナチュラル DVD-BOX[DVD] アンナチュラル Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 『健康で文化的な最低限度の生活』DVD-BOX[DVD] 止められるか、俺たちを[DVD]
アンナチュラル DVD-BOX[DVD] アンナチュラル Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 『健康で文化的な最低限度の生活』DVD-BOX[DVD] 止められるか、俺たちを[DVD]
発売日:2018年7月11日 最安価格: ¥12,277 発売日:2018年7月11日 最安価格: ¥17,257 発売日:2018年12月19日 最安価格: ¥18,058 発売日:2019年4月2日 最安価格: ¥3,124
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全60件)
  • 原作既読 本読んでない人は理解出来たのかな? テクノBGMに違和感。アパートの一階が初めて出たシーン以外は。テクノはでかいのに人の声は小さい。 橋本マナミが長谷川京子よりクレジット後ろで可哀想。 セックス... ...続きを読む

    個人的下書き 個人的下書きさん  2019年6月16日 16:10  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • オナニー映画 ネタバレ! ...続きを読む

    ハム ハムさん  2019年4月8日 17:04  評価:-
    このレビューに共感した/1
  • 言ってることがよくわかんない  聞き取りにくいということもあるけど、この台詞が作品全体を象徴していた気がする。25年前の殺人を信之、輔、美花の3人がそれぞれ胸の奥に閉じ込めていたはずなのに、輔の父親が現れたことによってそのバ... ...続きを読む

    kossykossy kossykossyさん  2019年4月5日 00:10  評価:3.0
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報