羊の木のレビュー・感想・評価

メニュー

羊の木

劇場公開日 2018年2月3日
197件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

松田龍平の浮遊感が活きている

松田龍平、独特の雰囲気を醸し出す稀有な俳優。そこにいるのに存在していないかのような、じっと佇んでいるのに地面から浮いているような。表情なのか、口ぶりなのか、オーラなのか。父・優作のぎらつくような強烈な存在感とはまた違う、どこか自分を持て余しているかのような味わいが、今回の元殺人犯でありながら人懐こさも感じさせるキャラクターにぴたりとはまった。

地方の過疎化対策と刑務所維持費の負担減という極めて現実的な題材を扱いつつ、神話的な要素を無理なく溶け込ませた。吉田大八監督、前作の「美しい星」はいまひとつ乗り切れない感じもあったが、今回は文句なしに楽しめた。元受刑者たちがみんな問題を起こさず、町に馴染んでささやかな幸せをつかめることを願ったが、それだと物語としては盛り上がらないので仕方ないか。

AuVis
AuVisさん / 2018年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 12 件)

一括りには出来ない

政府の施策により田舎の漁村に越してきた6人の男女。彼らは全員、殺人罪で刑務所に服役していた人間だった…。
危険な人間や自分の罪に真摯に向き合う人間、殺人犯と言っても一括りにはできない難しさが上手く描かれている。やや人数が多すぎて薄れているエピソードがあるのが残念。

shotgun
shotgunさん / 2018年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公が、何もかも受け入れ過ぎて、違和感がすごかった。

主人公が、何もかも受け入れ過ぎて、違和感がすごかった。

ぽこにゃん
ぽこにゃんさん / 2018年8月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

のろろの町 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『祈りの幕が下りる時』『不能犯』『去年の冬、きみと別れ』など今年の1月~3月にかけて面白そうな邦画サスペンス/ミステリーが続けて公開され、中でも特に興味惹かれたのが、本作。
将来本当に実現し得そうな話、監督が鬼才・吉田大八なのも食指が動く。
同名コミックを基に、大胆脚色され、結構賛否分かれてるが、個人的にはなかなか良かった。

いい所で、人もいいし、魚も旨いとある港町に、国家の極秘プロジェクトが導入される。
それは、刑務所のコスト削減と地方の過疎化対策を兼ね、元受刑者の定住と雇用を受け入れるというもの。
平凡な市役所職員がその担当となり、かくして男女6人の元受刑者がやって来た事から…。

ある日、変死体が発見される。
事故か、それとも殺人か…?
殺人ならば、6人の中の誰かがやったのか…?
6人の元受刑者は全員、殺人犯でもあった…。
…と、ここで評価が分かれる。
犯人は誰か?…の本格的なサスペンス・ミステリーを期待すると、肩透かし。
そもそも“事件”ではないし、作品自体も犯人探しのサスペンス・ミステリーではない。
人間模様こそ、本作の見所だ。

受刑者と共生出来るか。
罪を償い、更正しようとしているのだから、もう過去などとやかく言うべきではない。
…と、言葉では簡単に言える。頭では分かっている。
でも…。
いいエピソードもあった。理髪店で働く元受刑者の一人、クリーニング店で働く老受刑者も。
友達となって、歩み寄る。
でも、どうしても…。
先入観や偏見はいけない事だと分かってても、どうしても頭を過ってしまう。
彼らは、元受刑者。殺人犯…。
疑心暗鬼、猜疑心、狂気、不条理…。
それらが孕み、人の暗部が浮き彫りにされていく…。

吉田大八の演出は、何処か不穏で異様。
そこに、ブラック・ユーモアやシュールさを加味。
独特のムードを醸し出す。
この作風も好き嫌い分かれそうだが、それがより狂気や恐ろしさを滲ませるのに充分。

作品自体や作風は好み分かれても、キャストのアンサンブル演技について難を示す人は少ない筈。
錦戸亮も抑えた受け身の好演見せるが、やはり個性派面子が揃った元受刑者役6人!
挙動不審な水澤紳吾。
色っぽい優香。
根暗な市川実日子。
威圧感バリバリの田中泯。
質が悪そうな北村一輝。
自然体の松田龍平。
各々印象残す場面が設けられ、甲乙付け難いが、中でも松田龍平がひと際存在感を放つ。
彼の役柄が本作のテーマを最も表してもいた。

この印象的なタイトルについて開幕してすぐ表記されるが、それ以上に作品をモチーフ的に表していると思ったのが、“のろろ”。
舞台の港町で祭行事にもなっている、代々伝えられている存在。
決してその姿を見てはいけない、祭りの風景もユニーク。
今は神として崇められているが、その昔は…。
誰しも、一皮剥けば…
嫉妬から受刑者の過去をバラす。
祭りの酒の席で豹変。
誘惑。
密かに何かを企む。
内に秘めた凶暴性が、再び誰かを…。

ラストこそは“事件”が起こる。
6人の行く末もそれぞれ。
定住出来そうな元受刑者も居れば…
のろろの生け贄になった者も…。

のろろ~ ろろの~
のろろ様は、この町と、善人の皮を被った心の暗部に棲み潜み、ずっと見ている。

近大
近大さん / 2018年8月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

松田龍平の狂気的な浮遊感

吉田大八監督の生々しい演出が、ちょっとした違和感をジワジワと与えていく。
松田龍平の浮遊感が特に活きてる作品。
錦戸亮の普通の人と優香の生々しい色っぽさがいい。

ki77
ki77さん / 2018年6月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

火サスか?

なんだか近い未来に実現してしまいそうな受け入れ制度だが、
担当の市職員にはある程度の呑気さというか明るさがないと
救われない感じの話だなぁ~というわけで配役は合っていた。
前半の何かしでかすんじゃないかの疑心暗鬼~友情を育む迄
は面白いのだが、後半は犯人が割れほぼ一人の俳優の独壇場。
すぐ崖(岬)に行くので火サスか?なんて思いながら観ていた。
原作未読なのでどこがどう削ぎ落とされたのか分からないが、
神話を扱う後半がやたら間延びしている気がして残念だった。

ハチコ
ハチコさん / 2018年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

原作はあくまでインスパイア

過疎化に悩んでいるようには見えないが、富山のロケーションはいい感じ。
光の当たり方がキレイ。
優香が一番エロくて際立つ。
関ジャニが邪魔にならないのも良かった。
あの原作を実写化するのは到底無理だろうとロードショーは回避したが、劇場で観て良かったと思える映像。
わざわざバンド演奏させたのは凄い余計(原作にも無いし)だと思ったが、音楽自体のノイジーな感じはピッタリ。
ラストの光差す海も何だかちょっと救われた感じで映画としては良かった。
でもやっぱり漫画原作の凄味が一番。
田中泯と北村一輝は原作似。一番漫画に近いのは水澤さんだけど。あんなちゃんとした人違うけど。富山だけに銀盤一気飲み!
役者は知らんが課長さん良かった。

e
eさん / 2018年6月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シアタス調布にて観賞 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

国による社会実験という設定は意欲的だが、主人公に為される説明にリアリティが乏しく今ひとつ乗れない。

奇祭を絡めるところも面白いが、ここも巨像が落ちる以外にもう少し展開出来なかったか。

錦戸亮は頑張っているが、松田龍平のサイコパスは少々見飽きた感じ。初めから胡散臭くサスペンスにならないのだ。

shallowwhite
shallowwhiteさん / 2018年5月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雰囲気も撮りかたも良い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

設定のワクワク感が強い
鑑賞後調べてみたら、原作と結構違う……のですかね?
脚本ほとんどオリジナルなのだとしたらとても良くできていると思います。序盤までは

7人の状況を描くところまでは、生々しさと切なさや危うさがうまく出ててよかったのですが、後半の主演二人の友情の段になるとちょっと…
ライヘンバッハ的オチなど、無理のある展開が目立ちました。序盤の気味の悪い雰囲気が良かったので、リアリティのない友情前面に押すのは残念
でも、彼女に伝えたことを電話で謝るシーンとかは、二人の友情が痛く伝わって来て良かったです

キネマガール
キネマガールさん / 2018年5月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新しい試みとして興味のある設定なのだが!

松田がメインなので彼一人の物語 6人いたことが生かされずもう少し均等に描いて欲しかったがラストの石像も漫画的で意味不明?

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2018年5月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良かった。

個人的に北村一輝と優香が特に良かった。
原作が漫画なので映画では心理描写が描ききれない部分があったのでは…⁈
ちなみに漫画は未読でこれから読みます、すみません汗

ヒダリキキ
ヒダリキキさん / 2018年4月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

【黑電影】羊之木。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

  就讓諾羅羅大神來決定吧!

  生物的不可預測性始終是人類還無法透視的領域,不只「東韃靼遊記」裡出現過韃靼植物羊(Vegetable Lamb of Tartary)的記載,早在西元四百三十六年,猶太法典裡就出現過關於植物羊的文字紀錄;當然,以現今觀點來看,這幾乎是不符合生物邏輯的記錄,但在煉金術盛行的時代,人們普遍相信生物與非生物之間可以透過術法提煉出嶄新的物質乃至物種,何況植物羊的構成基本上都是生物,動物與植物的繁衍比起金屬物質提煉來得簡單,植物羊這種生物概念自然也就沒有那麼難懂。

  確實不難懂吧?斯基泰羊(The Scythian lamb)、不,應該說「羊之木」(羊の木)這種生物。

  長出羊兒的植物本質上就已交融了太多歷史發展流過的思想與期盼,或許在生物學上那只是傳說,不可否認的是,那種記載確實傳達出人們對於生物本身的複雜有多恐慌。

  日本的未來就看魚深市了!

  月末聽到課長如此認真的交代,他也不得不相信這是政府採取的全新嘗試,為了拯救鄉下流失的人口、也為了降低監獄收容空間的擁擠,當然更希望能讓更生人有再次站起來的希望,魚深市決定開辦更生人長住計畫,只要這六位通過審核的更生人能在人情溫暖、魚也好吃的小鎮安安穩穩生活十年,他們能獲得大幅減刑、魚深市也將成為全國模範城鎮,這項計畫也將推行到全日本,日本將會成為人情濃厚的國家。

  只是,民眾到底是害怕的,對於待過監獄的人,說要沒有歧視與偏見當然是假的,人們理智上可以說服自己接納期待再次擁有希望的人,畢竟他們已經為自己犯下的錯贖罪了,但真要跟一個殺人犯處在同一座城鎮,甚至可能日常生活會常常擦肩而過,多少人知情後還能安然以對?

  哪怕他或她犯下重罪並非出於本身的殺意。

  何況是六個?

  真的不是發自內心想要殺人的嗎?月末有過質疑,殺人這種事情哪可能是不自願而為的?如果不是因為主管惡劣到讓人抓狂、不是另一半長期暴力相向、不是受情勢所逼的仇意、不是不小心的過當防衛,甚至,若不是單純的惡念,怎麼可能那麼容易就殺了人?

  窒息性愛?月末真的錯愕,這種國外新聞才會出現的事情居然就在自己眼前?

  他不是不相信這些殺人犯的言行,人本來就會有無法控制的自我防禦機制,他在不知情的狀況下接了這項任務,也在不知情的狀況下扛起聯繫人的職責,他壓根兒不希望這六個人互相認識,卻無法阻止整件事情的發展,月末或許希望用正向態度影響乃至改變他們,更深的內心世界卻無法對其他人講起。

  如果他只是害怕遇到不測而不得不好感以對,在更生人眼裡會是什麼惡劣傢伙?如果他並不想表現得那麼平易近人,卻因為工作關係不得不那麼做,殺人犯到底會將他如何?

  就像植物羊,這些人表面與內心是否如一,還是,只是個擁有人類外貌的冷血生物?

  「羊之木」改編自山上龍彥與五十嵐喜夫聯手創作的同名漫畫原著,雖說這樣的假釋制度不會在當今日本社會實施,執行度方面卻完全沒有不可能,要是政府真的讓表現良好的假釋犯出獄到指定城市住滿一定時間,政府還負責假釋犯的工作與住所,究竟會給社會與民眾帶來什麼樣的衝擊與變化?

  別說到那麼遠去,就拿你我的日常來說吧,在習慣的社區裡突然看見新面孔,你會用什麼樣的態度面對?縱使,對方可能一眼就讓人感覺絕非善類。

  莫非善良,會寫在臉上的嗎?惡人,不能重拾希望嗎?

  吉田大八導演挑戰人性最新作,雖然網路宣傳無法讓飾演月末一的男主角錦戶亮現身,可我以為,這部電影之所以引起討論除了題材本身就有話題性,更因為幾位配角搶眼非常的演出,無論是看了只會覺得他應該本來就是這種可怕傢伙的松田龍平、還是拽到不行的壞傢伙北村一輝,就連水澤紳吾飾演的福元和市川實日子詮釋的栗本即使篇幅不多也都有無法忘懷的震撼力,更別說美到不行的優香和畫龍點睛的田中泯。

  當然,還有巧扮成魚深市的富山縣魚津市,真讓人好奇究竟人情有多溫暖、海產有多好吃?

  人們都曉得種什麼因便得什麼果,就像種豆得豆、種棉花生棉花,可若種下的是肉質鮮美細緻宛如魚肉的植物羊呢?

柳時雨
柳時雨さん / 2018年4月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

衝撃的

衝撃な展開でした。怖〜。

ごっとん
ごっとんさん / 2018年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖かった!

もう松田龍平さんの演技が凄すぎて…若干トラウマです。
町に越してくるみんなの、個人個人のエピソード、嫌いじゃない!
優香がすごかった‼︎

めぐぴ
めぐぴさん / 2018年3月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エロい介護師

キャスト全員が好演。松田龍平はさすがの演技、錦戸もよかった。汚れ役の北村一輝が素晴らしかったが、役のために体重増やしたのかな。個人的には介護師役の優香に介護されたい。

hanataro2
hanataro2さん / 2018年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

先入観+パズル ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

対話式の映画とでもいうのだろうか?
スクリーンで繰り広げられる人間模様を「勘繰り」ながら観てくような印象。
小説の方が脳内世界が無限に広がって面白いのかもしれない。

仮釈放の新制度みたいな形で、地方自治体が身請け人として受刑者を引き受ける。
なるほど、画期的なような気もする。
更生の形や、性善説や色々と思う事はあるのだが…作品テーマとしては興味深いものの、映画としては少し残念な感じだ。
単調なBGMには違和感しか覚えず、別物のような気がしてならない。
比較的淡白な芝居は悪くはないんだが…終始それに尽き、感情の起伏までには思いがいかない。
主役のポジショニングが悪いのか、事件の影響をエンディングには感じなかった。
どおにも舌ったらずな口調に萎え気味でもある。

移住者たちは、皆、抜群の雰囲気で棲み分けが出来ていて良かった。
帰ってきた日常に希望も絶望もないのは意図的なのだろうが、溶けたような印象で歯切れは悪い。のろろ様は、あまり効果的とは思えなかったなあ…人の世界だけでまとめて欲しかった印象。

実験的なシステムを実験的な映画に仕立てたように感じたかな。
観客それぞれの先入観の是非をずっと問われる感じ。あなたはどんなタイプの人間でしたか?と。

U-3153
U-3153さん / 2018年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何故?

6人の夫々の動機が明らかになりながら釈放後見知らぬ土地で個々の生き方を描いた作品であった。
松田龍平の演じた役は、裏切りに対して殺人をし続けていくしかない人物像を描いたもの。
海でのラストシーンは、残念でした。

koki
kokiさん / 2018年3月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっとイメージと違う

この映画は信用とはと考えさせてくれた映画でした。
ある日知らいない街で暮らすこととなり、そして知り合い、友達になり本来なら信用出来るはずなのに…まさかの展開。。
人生をもう一度見つめ直そうと思いました。

リトルグリーンメン
リトルグリーンメンさん / 2018年3月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

市役所おもてなし課 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

5巻ある原作の漫画を2時間ほどの映画にするには、いろいろと削ぎ落とさなければならないのはわかる。重要人物の市長や三田村が登場しないし、元受刑者の数も激減。仏壇屋の中年男が若い市役所職員(しかもジャニーズ)に変わったのは、興行面を考えるとやむを得ないところか。
ただ、6人の元受刑者のうち途中からほぼ一人に物語が絞られていくのはどうなのか。原作のざわざわとした不穏な群像劇は、終わってみればありがちな異常心理サスペンスみたいで、およそ別物になってしまった。
ラストの岬の対決シーンに至る展開など不自然きわまりなく、げんなりした。あと、バンド練習のくだりも不要。

梨剥く侍
梨剥く侍さん / 2018年3月8日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんだこりゃ

これだけの俳優揃えてて、このオチwもっと他になかったかしら。この設定なら、もっともっとサイコに作って欲しかった...まさか、あんな終わり方だったなんて、急にファンタジーです。松田龍平さんの狂気がもったいない映画でした。

ちゃ♪
ちゃ♪さん / 2018年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

197件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi