間諜最後の日

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

 第1次世界大戦最中のスパイ暗躍を題材にしたサスペンス・ムービー。エドガーはドイツ諜報員の正体を突き止めるため、アシェンデンと名を変えスイスへやってくる。そこには“妻”を名乗るエルサが待ち構えていた。他の仲間と共に、敵の諜報員らしき男を追いつめ死に追いやることに成功するが……。ラスト、アシェンデンとエルサの決断は見物。主演女優はヒッチコックの前作「三十九夜」に続いてマデリーン・キャロルが務めている。

1936年製作/86分/イギリス
原題:The Secret Agent

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0007の原型は戦前にヒッチコックが作っていた

あき240さん
2019年3月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

イアン・フレミングの小説が007シリーズの原作であるが、それは戦後のこと
本作は戦前にほぼ同じ構造の娯楽映画を撮っていることに驚く

死んだことになっている二枚目の秘密情報部員
彼に指令を出す英文字一文字の部長
彼に協力する美女は敵の誘惑を受ける
外国を舞台に豪華ホテルの華やかなカジノにタキシードで繰り出す主人公
観光地のスイスアルプスのシーンやクライマックスはコンスタンチノーブル行きの国際列車のシーンが展開される

ヒッチコック流のユーモアとウイットは主人公の相棒の将軍が受け持っている
しかしヒッチコックは一捻りを加えている
軽口を叩きながら女と見れば誰でも盛んに口説く
つまり主人公とこの将軍を一人に合体させた人物がジェームス・ボンドなのだ

その将軍、実は右側の耳にだけピアスをしている
つまり彼はゲイという設定なのだ
口説いていてもそれはスパイの仕事で本気ではないということ
ヒッチコックらしい捻りを加えている

そして騒音の中で台詞が聞こえずともお話が成立して行くシーンを何度も使う試みは、ヒッチコックの後年の作品でも使われる手法だ

スリルとサスペンスの切れ味は今一つ
ヒロインとのメロドラマでまとめてあるのは勿体ない
とはいえヒッチコックらしさは十分に感じられる作品だ
しかし本作のポイントは何と言ってもピーター・ローレの怪演だ
ラング監督の名作Mでの殺人鬼とはうって変わった陽気な様子は記憶にいつまでも残るものだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.0感服しました

2014年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

幸せ

これは、なかなか好きな作品でしたね。やっぱり一番特筆すべきは、ピーター・ローレですかね。独特の存在感があって、スッとナイフを忍ばせるところとか、異常さをやっぱり感じてしまいますね。ラングの『M』の彼を思い起こさせます。
また、群衆の撮り方がやっぱりヒッチコックはうまいですよ。群衆の押し寄せる混乱、今回は工場でしたね。劇場だったり色々ですが、工場という設定もなかなか良かったです。
いやぁ、この作品は、ヒッチコックの中でも結構、好きかもです、私。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「間諜最後の日」以外にこんな作品をCheck-inしています。