間諜最後の日

劇場公開日:

解説

 第1次世界大戦最中のスパイ暗躍を題材にしたサスペンス・ムービー。エドガーはドイツ諜報員の正体を突き止めるため、アシェンデンと名を変えスイスへやってくる。そこには“妻”を名乗るエルサが待ち構えていた。他の仲間と共に、敵の諜報員らしき男を追いつめ死に追いやることに成功するが……。ラスト、アシェンデンとエルサの決断は見物。主演女優はヒッチコックの前作「三十九夜」に続いてマデリーン・キャロルが務めている。

1936年製作/86分/イギリス
原題:The Secret Agent

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.5間諜とはスパイのことです。

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1936年、イギリス時代のヒッチコック監督作品です。
原作はサマセット・モームの短編。
驚いたことにサマセット・モームは第一次世界大中からイギリス軍の諜報機関に
所属する列記とした諜報部員だったそうです。
この映画の主人公は陸軍大尉のブロディ(ジョン・ギール・グッド)は、アシェンデンの別名を持つスパイ。
アシェンデンの妻を装う女スパイがエルザ(マデリーン・キャロル)
同僚の将軍と呼ばれるスパイがピーター・ローレ。
この3人が主な登場人物です。

スパイ映画なので、ドイツ人スパイの暗殺場面もあります。
しかしそれがなんと人違い・・・と言う傍迷惑な話し。
(作家でスパイのプロデイはサマセット・モーム自身がモデルと思われます。)
偽装妻のエルザがブロディに本気の恋をしたり、
人違い殺人に心を痛めて傷ついたり、と、とてもプロフェッショナルなスパイとは
思えないので、イギリス諜報機関もまだまだ緩かったのかなあ・・・と、ちょっと思いました。

そして語らなければならないのは、この映画の狂言回し役のようなスパイ。
将軍と言う役名のピーター・ローレ。
黒髪のメキシコ人役、しかもこの役の時32歳だそうで、生きの良い溌剌とした演技で、
とても印象的です。
冗談ばかり飛ばして女を口説きまくる姿と、冷酷に暗殺する二面性をいとも容易く演じていて
流石に性格俳優でいつも印象深い脇役の名手ですね。

王道のサスペンス映画というより、恋に落ちた女スパイ・エルザの、揺れ動く心理と、
悪気はないのですが、男から男へ心変わりする姿が、よく言えば人間的、
悪く言えば「男をたぶらかす罪な女」
でも、だからこそ、この映画が面白い恋の駆け引き=ロマンティック・コメディ的なのですね。

爆撃シーンもあり、ラストの落ちにも驚かされますが、
サスペンス映画というより、
人間ドラマ寄りの異色のヒッチコック作品でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
琥珀糖

4.0舞台は第一次大戦時も、大戦前夜に思える英独の暗闘

2021年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Kazu Ann

3.0ヒッチコック監督の玉石混交のイギリス映画

2020年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Gustav

2.5若き日のジョン・ギールグッドがヒーロー役やってた、という記憶しかな...

2019年12月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

若き日のジョン・ギールグッドがヒーロー役やってた、という記憶しかないので…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
もーさん
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「間諜最後の日」以外にこんな作品をCheck-inしています。