三十九夜

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
14%
65%
21%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

 1915年に発表されたスパイ小説「39階段」を脚色したロマンチック・スリラー。無実の罪を着せられた男が、逃走の末に真実と人間の隠された本性に気づくという、ヒッチコックお決まりのテーマが初めて用いられた。リチャードは偶然居合わせた事件がもとで、謎の女性を部屋へ泊めることになる。翌朝、何者かに刺殺される彼女。リチャードはダイイングメッセージを残され……。逃亡中に知り合う人々の嘘が、物語に起伏をもたらしている。

1935年製作/88分/イギリス
原題:The 39 Steps

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
  • 世にも怪奇な物語
  • 血の祝祭日
  • 2000人の狂人
  • カラー・ミー・ブラッド・レッド
  • 血の魔術師
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅰ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅱ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅲ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0戦前のヒッチコックの名声を確立した傑作

Gustavさん
2020年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

殺人犯容疑を掛けられたカナダ人が国家機密を死守しようとスコットランドまで危険を冒しながら活躍するスパイアクション映画。特にスコットランドのロケーションの素晴らしさ。ストーリーの流れも澱みなく、ラストの劇場シーンまで緊迫感が持続する見応え充分のサスペンス。この作品でヒッチコック監督の名声が確立されたといわれるのが納得の傑作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

4.5イギリス時代のヒッチコック逃走劇の真骨頂‼️

D.oneさん
2020年3月31日
iPhoneアプリから投稿

 ヒッチコック映画では定番の、巻き込まれ型の逃走劇。無実の男が大きな陰謀に巻き込まれ追跡を受けながらも、なんとかして逃げ抜いて無実を晴らすために奮闘するという、お馴染みのパターンです。
 この映画は1人の男が国家機密を背負うという、極めて壮大なスケールで描かれるのに、その展開は綿密かつ丁寧に進んでいきます。例えば、ハネイがスコットランドへ逃げようと汽車に乗ったシーン。ハネイを追う警官たちは汽車に乗り込んだハネイを見つけますが、丁度その瞬間に汽車が発車しだし、追いかけても間に合わず、、、という描写を、走り出す列車の影と警官たちの足元だけを映し出す演出や、物語展開における重要なキーとなりうるあらゆるものを目線にフォーカスして暗示的に明示する演出、人影を背後に写し出すアングルなどなど、もうお見事としか言いようがありません。
 このように非常に綿密な演出が織り込まれている一方で、場面の切り替わりにおいては無駄に説明する描写をなくし、観客によるイマジネーションで物語を繋げる手法もまさに映画の教科書。映画史上最高峰の緩急のリズムで構成されたこの映画には思わず舌を巻きます。
 ハネイのキャラクターも底知れない魅力があります。突然にして窮地に追いやられた身のはずなのに、なぜか妙に振る舞いが落ち着いているように見えて、嫌な緊張感を感じさせない。なんだかふわっとしているようで、そうでもない。この絶妙なスタンスが観客を引き込み、心を捉えて離さないのです。
 そして、冒頭のショーと最後のショーで物語を繋ぎ合わせる構成。完璧です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
D.one

4.5ヒッチコックとは知らなかった。

miharyiさん
2019年9月23日
PCから投稿

言われなければヒッチコック監督作品とはわからないかもしれない。
ユーモアチックなミステリー。
しかし、入り口と出口が同じという構図はお見事!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

4.0ヒッチコックの映画を形づくる要素はほとんど揃っており、かつ確立している

あき240さん
2019年2月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ヒッチコック英国時代の初期の代表作
ファンならば観ていないわけにはいかない作品
テンポよくお話が進む

ヒッチコックの映画を形づくる要素はほとんど揃っており、かつスタイルとして確立している
物語の発端と鉄道を交えた展開、そこにユーモアと皮肉、微かなエロ、もちろん美女
それらが程好くブレンドされて切れ味良い演出で展開される

逃げ込んだ宿屋の軽妙なやり取りとほのかに漂わせるエロいシーンや、演説会の演者に間違われて適当な口からでまかせのきれいごとで誤魔化して演説をしていると聴衆から熱狂的に拍手喝采を受けてしまう皮肉と風刺のシーンなどは特に素晴らしい

ラストシーンでミスターメモリーを尋問する人物は後ろ姿しか撮されず、エンドマーク直前にに片手だけの手錠にスポットライトを当て、それが誰かと同時にお話が全て解決したと観客に納得させるこの演出は本当に見事

題名の三十九夜とはスパイ組織の名前
The 39 Stepsを単に39階段とかと訳さず
三十九夜とした戦前の日本の宣伝マンのセンスに脱帽
39階段とは捕まれば死刑になるスパイの宿命、13階段の3つ分の悪い奴等くらいのことからつけたものだろう
それを終盤のパラディウム劇場の演目であった狂った月から着想を得てなんとも色気のある題名にしている

現代多用される英語のままの題名の味気なさとは大違いだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る