秋の理由

劇場公開日

  • 予告編を見る
秋の理由
20%
0%
20%
40%
20%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

詩人としても活躍し、「わたしたちの夏」「あるいは佐々木ユキ」などの映画も発表している福間健二の監督第5作。経営していた小さな出版社をたたむことになった編集者の宮本守。友人で作家の村岡正夫は、代表作「秋の理由」以降、何年も新作を執筆しておらず、精神的な不調から声が出なくなっていた。宮本は村岡の才能を信じていたが、同時に村岡の妻である美咲に好意を寄せていた。そんなある日、「秋の理由」を何度も読んだという少女ミクが現れ、ミクと過ごす時間の中で、宮本は美咲への思いを改めて自覚するようになるが……。出演は「百円の恋」の伊藤洋三郎、咽頭ガンで声帯を失うも「バット・オンリー・ラヴ」で映画界に復帰した佐野和宏、「おとぎ話みたい」「とと姉ちゃん」の趣里、「ヴァイブレータ」の寺島しのぶ。

2016年製作/88分/G/日本
配給:渋谷プロダクション

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2016「秋の理由」製作委員会

映画レビュー

5.0今年最高の1本

たら印さん
2016年11月19日
Androidアプリから投稿

今年も何百と映画を観ましたが間違いなくベストの一本。

映像、詩、音、さまざまな要素が頭の中で組み合わさって色彩鮮やかな『秋の理由』という映像詩ができあがります。
2度目以降はそれぞれが精密な部品のように繋がる事に感動をおぼえます。

難解と思われる人もいるようですが、ストーリーはむしろシンプルです。
難しく感じるのは映画的文法に縛られて観ているからでしょう。
従来の映画的文法を取り払って観れば、映画という表現手法にはまだまだ奥深さがあるのだと気づかされます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たら印

1.0「しまった!」という気分。

栗太郎さん
2016年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

不細工な強盗に襲われるシーンで、「しまった!」と思った。
寺島しのぶに釣られ、だめでも伊藤洋三郎が良けりゃと観に行ったのだが、劇場に居合わせたことを後悔した。
他の役者の台詞が下手で、間が悪く、恐ろしいほどにつまらない。
枯葉が綺麗だった、それだけ。
外見で入った食堂で、注文を聞きに来たばあさんのドン臭さに不安を感じ、食べ出してみて想像通りのマズい味に「やっちまった!」とついつぶやく、そんな気分だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

2.0佐藤泰志への哀悼の意を表したい。

2016年11月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

 舞台挨拶の日に見に行ったことが「仇」となってしまいました。
不覚にも、途中でウトウト。かなり私には、評価すべき作品だったのだろうが難しい内容の映画であった。
『オーバーフェンス』の原作者、佐藤泰志への哀悼の意を表したい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
突貫小僧
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「秋の理由」以外にこんな作品をCheck-inしています。